乳がん検診(3D)

乳がん検診の予約を入れ、事前に記入するべく問診表を送付してもらっていた。
新しく3D検査ができるようになったらしく、その希望の有無も聞かれた。
オプション料金、+1000円。

で、今朝3Dマンモグラフィー検査を受けてきた。(トモシンセシス)

機械が新しくなっていたらしいけど、前のを覚えてないので何とも言えない。
検査、乳房を板に、横&縦左右を挟むのはいつもと変わらない。
が、顔の前を機械が動く。

1枚撮り終えたところで、技師が「乳腺が多いので、3D受けといてよかったですね。」と言われた。
聞けば、もうこの歳になると乳腺がかなり脂肪に代わってくるらしい。(乳腺より脂肪が多くなる?)
ホルモン補充療法してるからかな、やっぱり。
乳腺が多いとそれだけ石灰化しやすいし、それが早期の癌のサインであったりするので、早く見つけられる検査のほうが良いとのこと。

外科で触診と画像を見ながらの診断。
触診は問題なし。
全体に白っぽく、乳腺が多いのがわかる。
ポチポチと石灰化しているが、以前に撮ったものと比べても同じような場所にあるので、それは問題なかろうということ。
細かいポチポチもいっぱいある。先生は「石灰化しやすい体質かもしれない」と。
ただ、右の上のほうに一か所、細かいポチポチが集中しているところがある。
それが先生には引っかかるところらしい。(壊死型石灰化?この先生は精密検査をしたほうが良いとのこと)
先生によって見方が違うので、別の先生にも見てもらって、最終結果が送られてくる。
精密検査は「エコー検査」らしい。その方が楽やん?

石灰化とかの説明

| | Comments (0)

«ジャスミン(1)が甦り