« February 2005 | Main | April 2005 »

March 2005

風邪初日

朝起きたら喉が痛い。気管支あたりもイガイガする。寒いし。
風邪発症か? でジムを休んで家の掃除をした。
ミチノ液入り吸入器を使ったり、熱湯にユーカリオイルを垂らして吸ったりしてみる。
夜、症状は変わらないまま。
チャイにジンジャーパウダーをババッと入れて飲んだら、ちょっと楽か。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

風邪2日目

喉の痛みと胸のイガイガは続く。
寒気がする。自分にしては微熱あり。
足首が痛い。昼から頭痛。
咳に痰が混じりだす。
葛根湯に桔梗石膏湯を併用。
ミチノ液の吸入も。

しかしなぜに食欲があるの?風邪ひいたのに太るかも。(T^T)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3日目ずずー

自然発汗が無いので葛根湯を飲んでみてたけど、夜に喉の痛みで目が覚め、桔梗石膏じゃなくカイゲンを飲んで寝直した。
で、か、朝の体温は平熱。
喉が痛い、節々が痛い、いわゆる runny nose. お腹もごろごろ言い出した。
けど、食欲あるんで、例のノロウィルスじゃないよね。
クリーム煮を作ろうと、カキを買ってきたりして。(^^ゞ
ところでこの風邪、この辺がピーク?
喉に来るタイプの風邪は長引くって、ジムでおばちゃん達が言ってたので、油断は出来ない。

と。
チーズが来た。
早速エティヴァアルパージュを味見。
風邪の所為で匂いがよくわからない。(T_T)
なんとなく、漬け物クサイ。味は後に引くコクがおいしい。
ウチノネコは「いらにゃい」らしい。ちなみにウチノネコはヤクルトの黒酢ドリンクは飲む。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

4日目

寝苦しいと思ったら、朝、熱が出ていた。
なので近くの開業医へ。
Fluの検査はなく、感冒と鎮咳と解熱鎮痛の薬をもらっただけ。
胃腸薬も入れてもらう。
帰ってすぐに飲んで、一日うつらうつらして過ごす。

今日はダンナも別の病院で検査してたらしい。
結果は陰性。

薬は効いて症状は治まってるけど、治ってる訳じゃない。

と。
チーズ、イズニーのカマンベールD3
「力強い風味で定評のイジニー社のカマンベール。
 この 『D3』はフランスでも限られたレストランとFromagerie(チーズ専門店)のみで販売されているものです。
 カマンベール・ド・ノルマンディーは通常16日間産地での熟成が義務付けられて いますが、『D3』は専用のカーヴで3週間の熟成を経てから出荷されます。
 切り口は絹のように細やかで光沢があります。
 香りは芳醇。貝汁を思わせる旨みのヴォリウムを充分楽しめる絶品カマンベールです。」
という高級品。が悲しいかな、鼻が利かない。(T^T)
美味しいのはわかるけど、もったいないったら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

5日目

薬、効いてるんだか?熱が38℃になった。こんなに上がったのは何年かぶり。
お昼にピークのしんどさ。悪寒と嘔吐。
ふーらふら、一日夢見心地で過ごす。
熱でウィルスも菌も弱るってのを期待して。
年を取ると熱が出ない人もいるらしいから、出るだけマシ。
夜にはダンナさんが買ってきてくれた夕食を食べられたし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6日目ふー

昨日より熱は下がったが、まだ微熱が残る。
風邪薬を飲むと、猫になった感じ。とにかく寝てばかり。
もう薬は止めよう。

ナショジオで関空と明石海峡大橋の番組。

震災の翌年、父が入院した。
同じ病室に一人のおじいさんがいて、明石大橋が出来るのを楽しみにしていたらしい。
歩いて渡るはずだったらしい。
意識が戻らないまま亡くなった。
父は退院し、橋が開通した。
橋を通るたびに、おじいさんのいた病室を思い出す。
また淡路島に行きたくなってきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7日目

熱が37℃以下に下がった。
でも一日、眠かった。
いつになったら普通になるんだ〜?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

どよーん

杉の花粉が飛んでるらしいが、私はまだ風邪を引きずっている。
昨日も今日も、熱はないのにひどく頭が痛い。吐き気までする。
喉は痛くないけど、咳が切れない。
東洋医学科の日なので、漢方の頭痛薬と咳の薬を処方してもらった。
薬局で「風邪で体力が弱ったところ、インフルエンザにならないように」とかおどかされる。
ひえ〜;;;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

酷い風邪と雪

うちの梅は咲き終わろうとしている。
剪定したバラから、新芽がにょきにょき出つつある。
でも今日は寒かった。北部は大雪。
こっちでもちらついた。

風邪の野郎、木曜日に意識がなくなりそうなくらいの頭痛と吐き気で最悪。
脳みそが腐ったかくらい眠る。頭痛と吐き気で起きていられない。
金曜日はヨガを休んだ。2週連続なのでがっかり。
朝に砂糖入りヨーグルト。2回のうたた寝。その後ようやく回復のきざし。
あくびが出なくなり、頭がクリアになって、食欲も出てきた。
低血糖だったのか?(^_^;)
昨日と今日で、ほぼ普通の生活。
それでも食べ物を受け付けにくい。すぐに気持ち悪くなる。
病気になると眠る場所の充実が欲しくなり、ガーゼの寝具一式注文したりして。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スーリャナマスカレーチョコ

ホワイトデーだからじゃないけど、GODIVAのチョコを買ってみた。
今日のはles quatre elements。
「火・水・土・風」の自然の4要素からインスピレーションを得たという、スパイス混じりの変わったチョコ。

ショウガとカイエンペッパーの火(体を温め食欲を促進、気力を充実させたい時に)
ディルとホワイトチョコの水(スカンジナビア語で鎮める、香りは穏やか)
ローズマリーの土(血液循環を良くし、爽快感、記憶力を高める)
カレーの風(数種のスパイスミックスが精神を高揚、五感を刺激)
それぞれサイケな模様付き。

食べたらタントラをバックに、ヨガしたくなり。
オームシャンティシャンティシャンティ〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スイカズラのお茶

メモ:スイカズラのお茶。抗酸化作用あり、茶がゆも美味しい。らしい。
と。関西の奥さん連中が熱狂する「いかなごのくぎ煮」だけど。猫おじさんにお裾分けを頂戴したのがこれまでで一番美味しいくぎ煮〜!

風邪が治った感覚。
ふ〜やっと。
痰が切れなかったので、2日程麦門冬湯を頓服で飲んでみた。
その後、いつもの水毒を取り除く漢方に変え。
ジムでは無理なく軽い運動。
そしたら昨日から咳が出なくなり痰が切れた。
今日になって、鼻水の親玉が出た。副鼻腔にしつこく引っ付いてた色の濃いヤツ。
まだもうちょっと鼻の奥に異物感があるけど、頭のもやもやは殆ど無い。
吐き気もほぼ消えた。これが怖くて暴飲暴食ができないのは良いのでわ♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チーズと紅茶メモ

今日のチーズ:モルビエ・レ・クリュ A.O.C.(FRセミハード牛)
ハードなので油断してた。開けてみたら「ねちょー」と汗をかいてた。
あわてて食べる。
汗をかいてるので見た目まるでウォッシュだし、真ん中に黒い線が〜;;;ってこれはカビじゃなくて食用の炭らしい。
香りはハードお約束な、お漬け物香。全く平気なのは風邪を引きずっている所為?
気合いを入れて口に入れてみたら、むちむちしててあまーい。
酸味も苦みもピリピリ感もなく、ミルクの甘み旨味が立つ。
ワインはオーストラリアのカベルネ、一緒に口に入れると日本酒みたく変化。
後引きは思いがけずあっさり。
ダージリン2005・1st.フラッシュで、簡単にお口をリセット。
他のいろんな食べ物と喧嘩しないと思う。

ちなみに。
1st.フラッシュはSteinthal SP1 シルバーポットの名前付き。
セカンドのような芳しい香り付きの、マイルドな味のダージリン。うまうま!
こんな1st.だったら、もっと欲しいかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ya mama ....

今日の英会話。
一昨日も来て、Homonymとか発音とかの勉強。
今日は、地震のこと少し話したくらい。
トピックを持ってこないなんて、ダメじゃん。<自分
とある先生がもうすぐ辞めるので、会いに来たのが目的みたいな。
と、義弟が甥を連れて体験レッスンらしく、ばったり出会う。
甥は小学生時分からNHKの番組で英会話を勉強していたらしい。
なのでレベルは私が始めた頃と同じくらいらしい。頭が下がる。(-_-;)

で、Ya mamaで始まるJokeを2つ、風邪と花粉症で死にそうな先生に教わる。
1.ママはすごい貧乏で。ある日お客が訪ねてきてドアをトントン。ママは窓から「リンリン」。ちゃんちゃん。
2.ママはすごい太ってて。ある日ジャンプしたら、空に挟まった。ちゃんちゃん。

気の毒に、そんなジョークでも言ってないと、気力が保てないみたい。
ひどく辛そうで、崩れ落ちそうなほど。
どうも、その先生も、聞けば他の生徒も、私と同じような症状。
死にそうに眠かったのは私。他の生徒は船酔いみたいと言ってた。
ダンナによると、そんな風邪を持ってきたのは、タイで津波に遭った先生っぽい。
タイ発のウイルスか〜?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

違和感

もともと冬のソナタとか見たことなく、韓国に異様に嫌われようが寂しくはないが。
北の人みたいな首相の反日発言とか、あの指切るぞ〜っていう極端な騒ぎ様とか。
やっぱりイヤなものはイヤ。
日本にある世界遺産、いろんな外からのストレスを、真っ正面からはね除けるんじゃなく、ショックを受けながら逃がすように作られていた、と知り、これって日本人の国民性にもあり?って思ったりした。
日本政府の態度ってば、ヤク切れの中毒者を眺めてる感じ、って勝谷氏。(^_^;)
あーあ。

と。
迷惑メールは決まって@livedoorだった頃があって、今でもフィルターかけてポイしてるな。(^_^;)
で、ニュースの話でホリエモンが「屑のニュース」って言ってるのをちらっと聞いてカチンと反応した。
屑はポイって選別主義?お互い様〜。
だけどニュースだよ?配信する側の人間性を自分に都合良く無視する、ってのもどうよ?
この頃の迷惑メールはYahoo!からも来るけど。(^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

餞別 a farewell gift

ジムで。
猫おじさんが、英会話の先生として来ているカナダ女性と友達になって早1年、いよいよ来週向こうに帰っちゃうっていうので、本当は美味しい寿司屋ででもSayonaraパーティをしたかったみたいなんだけど。
私も準通訳として誘われかけていたんだけど。
「彼女はきっと忙しいと思うので、どうかしら〜〜?」って、私が水を差してしまって;;;
あー、自分がイヤ。(-_-;)

猫おじさん、それでも何かしてあげたいと、「餞別」を渡したんだそうだ。
餞別って、お金?
ポチ袋に餞別 a farewell gift って書いて、ジムの封筒でそれとわからないようにして、渡したと。

うーん、すごいぞ、日本人!
だって、私らも英会話の先生が帰る時、何か「日本的な」お土産を渡したいんだけど、嵩張ったり重かったりする物はかえって迷惑なので、お守りをあげたりしてた。
けど、お金って。その手があったか〜〜「日本的」。
直接的で無骨だけど、もらってもイヤなはずないもんね。
きっと外国人にはそんな風習ないんじゃないかな?聞いてないけど。(明日聞いてみよう。)

なんて書きつつ、風呂敷とか印鑑入れを、お土産用にって注文してる私。(--;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リンゴとカバノキ

花粉症、今年は私よりダンナがひどい。
どうやらスギ花粉だけじゃないらしい。
「リンゴを食べたら口がイガイガする」って言うのでネットで調べてみたら、そういう口腔アレルギーのある人はカバノキ科の花粉(ヤシャブシだ!)にも反応するらしいことが判った。
で、血液検査したらやっぱり。
抗原、猫はOK(ホッ)だけどハウスダストって出たのは責任感じるかも;;;。

リンゴはバラ科だから、同じ科のイチゴやサクランボや桃もイガイガになる?
用心のため私が全部食べよう♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

紅茶とチーズ

ジムで。
おじさん達にフィンガーソックスをプレゼントしたら、その後イカナゴの釘煮やら絵画やらヨガのDVDやらお返ししてくれた。
絶対おじさん達の方がたくさん返してくれてる。
なのでこないだ美味しかったファーストフラッシュをプレゼントすることにした。

今日のチーズ:サレールA.O.C. Salers 仏オーヴェルニュ地方 牛ハード
オーヴェルニュで夏、山小屋で作られる、山の恵みいぱーいのチーズ。
日本では入手困難なのだとか。
開けたら皮の部分に白カビ。そこだけ落として保管。
香りにツンとしたところはないが、そこはかとなく田舎っぽい香。ミルクの漬け物臭い。(?)
ちょっと時間が経っちゃったからかな?ホントは麹のような香りがするらしいのに。
味は、ミルクの旨味がもわっときて、殆ど感じない苦みと酸味はバランス良いから?刺激は無し。
ブルゴーニュ(ポマール)と合わせたけど合わない。やっぱりカベルネの方がいいと思う。
食後のアッサムのミルクティーとよく合った。

紅茶とチーズ、よーく合う。コーヒーにもよく合う。
なのに身近なカフェにはチーズはない。チーズケーキじゃなくチーズ。
バールだったらチーズクラッカーくらいある?
チーズ屋ではグラスワイン1杯付きで好きなチーズが食べられたりするけど、ソフトドリンクはない。
誰か作って〜。チーズカフェ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Pulau Nias

今回の3/28スマトラ沖地震、震源がSimeulueとNiasの間だったので、あの辺の島々の被害がかなり大きい。
島々。Boxing Dayの地震では、メディアに取り上げられることはなかったが。それだけ甚大な被害。
Niasでは建物の80%が倒れているそうで、重機が足りなく救助が捗らないとか。
あの島で、生死に関わる質の悪いマラリアに罹った人を知っている。
無事だった人達だって、食料がなかったり体力が弱ったり、寝床に蚊帳のない人達が心配になる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »