« 伽羅ストラップ | Main | 西国第15番〜19番札所 »

マーラー悲劇的

Hyogo PAC Oの定期演奏会。
ハンマーあり、カウベルあり、鉄板あり、でパーカッションが鳴り鳴りの迫力あるコンサートだった。
特にハンマーと銅鑼とシンバルが同時に鳴るのがうまい、凄い。佐渡の指揮だから?

マーラーは私にとってブルックナーと同じく解らないコンポーザーのひとりで、メロディーが追えない(予想が付かない、覚えられない、うきうきしない)。
生演奏を聴いたら変わるかな?と思ったものの。。。

R.シュトラウスの英雄の生涯と比べるとどうかな、と思うけど、あの時はウチノネコが死んだ後だったので、タイトルにも演奏にも泣けたけど、今回は悲劇的とは言え感情移入ができずじまい。

|

« 伽羅ストラップ | Main | 西国第15番〜19番札所 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 伽羅ストラップ | Main | 西国第15番〜19番札所 »