« バラの管理ノート草案 | Main | 駅近くの仏壇店 »

シュトゥットガルト室内管弦楽団

室内管弦楽て言っても「管」て?
英語で言うChamber Orchestraには管は入らないのかな?
判らないのでメモ。って、ウィキペディア見ればいいのよね。(^^ゞ
室内管弦楽=弦楽中心のオケ。

演目:
アイネクライネ
G線上のアリア
管弦楽組曲第2番
チャイコの弦楽セレナード
アンコール:
管弦楽組曲第2番第7楽章
モ)カッサシオンK63
モ)ディベルティメント第2番K137第2楽章

今日の演奏はドイツ人らしい、ハキハキしたリズム、クリアな音色、媚びない柔らかさを備えた明るい演奏だった。

初心者向けなのね?
それが証拠に、アイネクライネの第1楽章第2楽章の終わりに、ぱらぱらと拍手が・・・;;;
私も釣られて一度鳴らしてしまった。
あんなに聴いているアイネクライネなのに。。。恥ずかしい。

|

« バラの管理ノート草案 | Main | 駅近くの仏壇店 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« バラの管理ノート草案 | Main | 駅近くの仏壇店 »