« September 2007 | Main | November 2007 »

October 2007

予定が詰まる10月

耳閉感が取れず、耳鼻科に通いながら、東洋医学科にも行ってみる。
漢方を処方してもらい、様子を見てみる。
この次の予約は一週間後。この日の昼からはコンサート。耳、治ってるかな?

何だか予定が多いっぽいので、書きだしてみる。
明日は梅田阪急百貨店の英国フェア。
明後日は耳鼻科。
6日は仏教講演会。入場無料だから行く。
コンサートは7日にも。こないだチャイコフスキーコンテストで優勝したバイオリニストとHPACだ。
8日にみやこめっせで石ふしぎ大発見展。
13日は尼崎医療フォーラム。入場無料だから行く。
再来週17日は西国9番10番札所。18日は5番。
21日にキャットショー見学。
23日は四国7〜11番バスツアー。
24〜25日は芦原温泉と永平寺。

こういう、予定一杯入れちゃうのって、躁かと思われ。
ネットでの買い物も注意しないと。(--;)

| | Comments (0)

英国フェアと京都の行事

英国フェアでBenoistのスコーンとクロテッドCを買ってきた。
階段にまで列が伸びていてそこに並んでいたんだけど、横を一人のパティシエが "Claridge's better." って通って行った。(^^;)
本当は、そこでいただきたい。でも、ひとりだし。
並んでるし、一日限定500こだし。1365.-だし。(高)

と、京都の行事
****ここから****▼10月の京都での主な行事

−− 時代祭 10/22(月)
鼓笛を響かせ整然と行進する維新勤王隊列を先頭に、江戸、安土桃山、吉野、室町、鎌倉、藤原、延暦の各時代の人物が彩りを添えつつ華やかなパレードを繰り広げます。

「時代祭」は京都三大祭の一つです。

−− 祇園「温習会」 10/1(月)〜10/6(土)
祇園甲部歌舞練場にて上方唄や長唄を井上流の舞で披露。
“舞の一年”の総仕上げは、また熱い舞台となります。

−− 町角の芸能 10/19(金)〜10/21(日)
般若林(相国寺北)で開催。

南京玉すだれ、あほだら経、あやつり人形、けん玉など270年前の名人芸(大道芸)の数々で江戸時代にタイムスリップ。
芸商人がお話しして、唄って、楽しくドラマを作ります。

▼11月の京都での主な行事

恒例のライトアップが始まります。主な寺院の日程が発表されました。

清水寺 11/15(木)〜 12/9(日) 18:30〜21:00
高台寺 10/26(金)〜 12/9(日) 日没〜21:30
青蓮院 10/27(土)〜 12/2(日) 18:00〜21:30
永観堂 11/8 (木)〜 11/30(金)17:30〜21:00

秋の非公開文化財特別拝観は11/1(木)〜11/11(日)です。

−− 廬山寺、冷泉家、法然院、知恩院三門、東福寺三門など
 17箇所が公開されます。拝観料は1箇所に付き800円です。

▼12月の京都での主な行事

−− 京都・嵐山花灯路 2007  12/8(土)〜12/17(月)
日本情緒豊かな陰影のある「灯り」と「花」でつなぐ嵯峨・嵐山一帯の散策路は延長5キロ。
渡月橋周辺をはじめ、竹林の小径や周辺寺院などがライトアップされ、特別拝観・開館や数々のイベントが予定されています。

−− 吉例 顔見世興行 11/30(金)〜12/26(水)
歌舞伎発祥の地である南座にて、東西の人気歌舞伎役者が一堂に介する京の師走の一大興行。
その豪華さで毎年大変な評判を呼び、平日興行も人気を博しています。

−− 第102回 京料理展示大会 12/13(木)〜12/14(金)
みやこめっせにて有名料亭より出品された豪華な京料理の作品が一堂に集められ展示されます。
京都の伝統的な京料理、名物料理の数々が、鮮やかに並べられる見応えある展示大会で、100年もの歴史があります。

****ここまで****

| | Comments (0)

仏教講演会

尼崎市仏教会主催で、酒井雄哉師の講演会。「道はるか」
この方、比叡山の荒行「千日回峰行」を2回も達成した大阿闍梨だそう。
他にもこれでもか、と言うくらい修行をしたという。

でも、超人偉人どころか、気さくで謙虚なお坊様で。
81歳とは思えずお若い。きっと、とにかく歩き続けたからだろう。

びっくりするようなことを、淡々と、時にユーモアを交えて話される。
その人柄には惹き付けられる。

ふうん。
自分を大きく見せようとすることに努力するんじゃなくて、自然体の自分ができることを努力するというのが、行かな、と。

今日のテーマ。
日々歩いていて、一日は一生と同じじゃないかと思われたとのこと。
「目標を持って、前の日より今日、次の日、良く生きることを考えましょう。」

| | Comments (0)

HPACでJazz

ジムでバイク漕ぎしてたら、テレビにMBSで佐渡裕が写ってたので、なにげに聴いてた。
そしたら、ド演歌演奏するし。
の後に、Jazz。
これが非常に良かったので、メモ。
岡田治郎(ベース)、則竹裕之(ドラム)、原朋直(トランペット)

8月のYPC(Young People's Concert)
指揮:佐渡裕
演奏:SWO(シエナ・ウインド・オーケストラ)
ベース:岡田治郎 ドラム:則竹裕之 トランペット:原朋直
テレビでは、ド演歌はともかく、
ラヴェル:『ボレロ』
H・カーマイケル:『ジョージア・オン・マイ・マインド』
R・ブレッカー:『サム・スカンク・ファンク』
リー・リトナーのリオファンクとジャコ・パストリアスの(曲名知らない)もやってた。

| | Comments (0)

HPAC定期公演とホルン

こないだの日曜日は、定期演奏会。
その時のゲストホルン奏者が、小ホールで今日室内楽。

定期演奏会では、今年のチャイコフスキー・コンクール、バイオリン部門で優勝した神尾さんがソリストで、協奏曲。
ホルンの室内楽は、前のバスの時より良かった。
感想はmixiに書いちゃったから、ここには事実だけ。

| | Comments (0)

鉄道の日記念きっぷ?

今日までだけど。
「鉄道の日記念きっぷ」が使えるんだった。
・・・買ってない。(T^T)

17日と18日予定。
興福寺と三室戸寺、葛井寺。
格安チケットでちまちま、行く。

次の18きっぷは冬。。。

| | Comments (0)

興福寺南円堂と三室戸寺

年に一度の本尊開扉、で、西国9番札所興福寺南円堂へ。
早めに出かけたので、秋晴れにまだ朝のヒンヤリ感が残る絶好の気候。
そして、外からは御簾(というのかな?カーテンのようなもの)が風に煽られて見えるか見えないかいじいじの不空羂索観音、中に入ったら、大きくてホントに見応えがあった。
暫く腰掛けて見入る。見飽きないと思った。羂索に掬い上げられた?(^^;)
その後、奈良に来たからには、と、書道具店を覗く。
写経用の雀頭筆を一本入手。
大阪にある書遊の奈良店に行けば良かったかな。調査不足だった。

で、奈良に未練はなく、JRに乗って宇治へ。
ロータリーの中のバス停には三室戸寺経由黄檗行きのが見あたらず、観光案内所で尋ねた。
そしたら通りに面した場所にあるバス停に停まる言う。
1時間に一本だがすぐ来た。ラッキー。
(だけど乗ってみて、あの距離だったら歩けると思った。遠回りするし。)
お寺は花や紅葉の時期じゃなく、拝観客はぱらぱら。
月一の霊宝館(宝物館)開館日なんだけどなぁ。
お昼休み中に着いてしまったため、霊宝館は13時からしか開かない。
納経を済ませて1時間弱、お寺の中をプラプラ。
萩が少しだけ咲いていたのと、紅葉が少しだけ色づいていたのと、野鳥を観察。
後は板敷きの休憩所で、靴を脱いで寛ぐ。
時間が来たら、さすがに2人ほど館が開くのを待っていた。
本尊より、左の脇侍の勢至菩薩の方が良いお顔だった。
11月には右の脇侍は後ろ向きで、足の裏が見えるように置かれるらしい。

JRのスタンプラリーは、あと、紀伊勝浦を残すだけになったが。
今回、ほとんどの行程を正規運賃で。
格安チケットが使えたのは環状線・大阪-鶴橋と帰りの阪急全線分だけ。
早すぎて鶴橋のチケットショップが開くのを待ってられなかったし、奈良のお店にはJR奈良-JR宇治がなかった。
大阪のオバチャンとしては悔いが残る。

| | Comments (0)

英会話パーティー

どうなるの?NOVA・・・。
通ってるブランチが月末に閉校になる。
なので、今の中に行っておこうと思うのだけど、VOICEは20日からこっちずっとClose。
まさか最後まで先生にもNOVA友にも会えないの〜?

昨日はマイミクさんのお家で英語パーティーだった。
高級住宅地にある、素敵なマンションだ〜。(はあと)
できればこういう機会が増えると良いなぁ。
って。
自分の家では、狭すぎ汚すぎでパーティーなんてできない・・・。

| | Comments (0)

お遍路バスツアー第2回

バスツアーの四国88ヵ所、7番から11番の5ヶ寺。
333段の階段登りがあったけど、運動不足だわ。
歩き足りないなぁ。
歩き遍路通し打ちは無理にしても、ハイキングコースくらいは歩きたい。
11番から12番への遍路転がし入り口を、しっかり焼き付けてきた。

| | Comments (0)

あわら温泉

お得だったから、即決めた。あわら温泉での宿泊。
ダンナさん運転の車で行く。遠いなぁ。

お宿は安いって言っても、普段はもっとするところ、お得な値段で泊まれるというもの。
だから期待以上に満足感あり。

暦じゃなく月齢の十三夜のお月見もした。

| | Comments (0)

永平寺

ダンナさんの実家は、曹洞宗だったらしい。
だった、というのは、親戚が宗派替えを強いたらしい。→日蓮正宗
なので、大本山永平寺は行っておきたいお寺。
私も卒業旅行で能登に行ったとき、門前までで時間切れのため引き返したことがあり、そのリベンジ。

行ってみて、匂いを嗅いで、イメージより生活感があるお寺だと思った。
白味噌とシャンプーと気軽な香の香り。

帰りに生ごまどうふを買って、お蕎麦を食べた。

| | Comments (0)

X-day

遂にX-dayが来た。
NOVAは会社更生法適用を申請、受理された。
受講生を救う道はこれしかないということだが。
負債総額は500億とか。
そんなの背負ってくれるパートナーはいるの?
これで余っちゃったチケットは紙くずだろうなぁ。
それより路頭に迷う講師も心配。
家がもう少し広ければ、ホームステイしてもらいたいわ。

| | Comments (0)

昼からハイク

急に明日の予定が入った。
ハイキングのお供。
昼から、だって。

今まで昼から歩き出したことがないので、気が乗らないなぁ。
すぐに日が陰っちゃうもんね。

| | Comments (0)

大師道往復

で、お昼からハイク。
県庁前から大師道〜再度公園。同じ道を帰る。

行けるものだ。16時には県庁前に帰ってたと思う。
大師道の外灯が点いていたから、結構暗かったかも。
でも足下が見えないほどじゃなかった。
雨も降りかけて焦りはしたけど、体力は残っていたかな。
膝も痛くならなかった。ホッ。

講師の仕事のできないNOVAの先生と一緒だったんだけど、口数も少なく;;;
夕食でもご馳走しないと悪かったのでは〜?と反省。
でもこの先生は、どんな難しい状況でもおごってもらうのは嫌なんだって。

| | Comments (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »