« 鉄道の日記念きっぷ? | Main | 英会話パーティー »

興福寺南円堂と三室戸寺

年に一度の本尊開扉、で、西国9番札所興福寺南円堂へ。
早めに出かけたので、秋晴れにまだ朝のヒンヤリ感が残る絶好の気候。
そして、外からは御簾(というのかな?カーテンのようなもの)が風に煽られて見えるか見えないかいじいじの不空羂索観音、中に入ったら、大きくてホントに見応えがあった。
暫く腰掛けて見入る。見飽きないと思った。羂索に掬い上げられた?(^^;)
その後、奈良に来たからには、と、書道具店を覗く。
写経用の雀頭筆を一本入手。
大阪にある書遊の奈良店に行けば良かったかな。調査不足だった。

で、奈良に未練はなく、JRに乗って宇治へ。
ロータリーの中のバス停には三室戸寺経由黄檗行きのが見あたらず、観光案内所で尋ねた。
そしたら通りに面した場所にあるバス停に停まる言う。
1時間に一本だがすぐ来た。ラッキー。
(だけど乗ってみて、あの距離だったら歩けると思った。遠回りするし。)
お寺は花や紅葉の時期じゃなく、拝観客はぱらぱら。
月一の霊宝館(宝物館)開館日なんだけどなぁ。
お昼休み中に着いてしまったため、霊宝館は13時からしか開かない。
納経を済ませて1時間弱、お寺の中をプラプラ。
萩が少しだけ咲いていたのと、紅葉が少しだけ色づいていたのと、野鳥を観察。
後は板敷きの休憩所で、靴を脱いで寛ぐ。
時間が来たら、さすがに2人ほど館が開くのを待っていた。
本尊より、左の脇侍の勢至菩薩の方が良いお顔だった。
11月には右の脇侍は後ろ向きで、足の裏が見えるように置かれるらしい。

JRのスタンプラリーは、あと、紀伊勝浦を残すだけになったが。
今回、ほとんどの行程を正規運賃で。
格安チケットが使えたのは環状線・大阪-鶴橋と帰りの阪急全線分だけ。
早すぎて鶴橋のチケットショップが開くのを待ってられなかったし、奈良のお店にはJR奈良-JR宇治がなかった。
大阪のオバチャンとしては悔いが残る。

|

« 鉄道の日記念きっぷ? | Main | 英会話パーティー »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 鉄道の日記念きっぷ? | Main | 英会話パーティー »