« HPACショパンPconとブラ1 | Main | SuperNOVA »

善峯寺

昼までジムで少し汗を流してから、善峯寺をピストン往復。
このお寺の御本尊は毎月第2日曜とお正月だけご開帳。
だからその日に行きたかったけど、ずるずると今頃の観光シーズンにずれ込み。とほほ。
東向日からJR向日町まで歩いてバスに乗る。
この時期でも、昼からだと少しは混雑も緩和。
お寺に着いたら、今回は山門から本堂を往復するだけ。
それでも500円いるけど。(^^;)
お参りに本堂に入らせてもらう。一人だけだった。
や、子供が一人走り回っていたけど、お参りは一人だけだった。
合掌。

と。2年前を思い出した。
まだウチノネコがいた、秋。もう、具合が悪かった。
でも、飼い主の気晴らしに、と、紅葉狩りに善峯寺へ上がった。
帰りは歩いて、光明寺を経由して帰った。
歩いている間中、ウチノネコが気掛かりだった。
今でも、その時を思うと心がしくしく痛む。

ウチノネコがいなくなってからの、思い出の場所。
携帯した一編は偶然「さまよう死生観」だった。
2年前に比べると色の悪い今年の紅葉を写真に撮りながら、日本の自然観死生観を思いめぐらす。
死は生の裏返しだけど、死んでゆくことは生のありようで一部だ。
神仏に祈ることには違和感を感じ続けるだろうけど、自分の周りの一切を諦観することには行き着けると思う。
周りの一切に向き合う時、一瞬たりとも留まらないという事実を思うと、関わるもの全てが大事でかけがえのないものに思えてくる。
西国巡礼に関わったことは、運命を受け入れる思いを導き出すきっかけになった。
仏教に近づけて良かったと思う。

|

« HPACショパンPconとブラ1 | Main | SuperNOVA »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« HPACショパンPconとブラ1 | Main | SuperNOVA »