« 剪定 | Main | Prague S.O. »

名神の下で

名神高速道路の高架下に、人が住み着いている。
震災の前は、あんなにいたかな?
とにかく、今は賑やかだ。
共同スペースまであって、お茶飲みながら雑談したり、ゲームしたりしてる。
でもまあ、どんな人達だかわからないので不安だ。

半年前位からかな、人やバイクが通行できる場所にまで、自分の場所を確保しちゃった人が現れた。
賑やかなところを避けたい人が出てくると、そういう場所しかないのだろうか?
でもそこ、毎日自転車でジムに通う道なんだわ。
きちんと家財道具を整頓してくれているから、通れるんだけど。

ある日、そこにもう一人来ていて道路に大の字になって寝ていた。
轢きそうになりながらも、恐る恐る通らせてもらった。
先住人は申し訳なさそうだった。
他の人はそれ以来、来ていない。

寝床が厚くなった。それでも下からの冷気は凍みるのだろう。
昼間、寝ている方が楽なときもあるようだ。
安眠妨害にならないよう、静かに通らせてもらう。

去年の暮れくらいから、看板が出た。
”はさみ包丁研ぎます”
・・・商売まで始めた様子。
よく見ると”700円から” そこそこ取るのね。
後日記→商標は”研や梅” そうかーうめさんかー。

雨の日にも通らせてもらった。
(・・・もらった?何だか人の家の中、自転車で上がってるみたいな気分ね)
炊きたての白いご飯をよそっているところだった。
どうやって炊いたのかな?卓上ガスコンロかな?発電機と燃料があれば、電気釜も使えるのかな?
ともあれ、白いご飯からはほかほかと湯気が立っており、雨の中そこだけ暖かく見えた。
・・・幸せかも。
おっと。余計なお世話だね〜。

|

« 剪定 | Main | Prague S.O. »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 剪定 | Main | Prague S.O. »