« 名神の下で | Main | 今頃のだめ »

Prague S.O.

プラハ交響楽団を聴きに行った。cond.:イルジー・コウト
「のだめ」のお正月Specialで出てたのは、プラハ放送交響楽団。(^^;)

モルダウとチャイコのPcon1番と新世界。
お家芸なんだろうな〜。慣れている感じだったもの。
ピアノは中村紘子。こないだチャイコのピアノ三重奏曲をテレビで見たところ。
今日のこの人のピアノは、パワーが凄かった。
すごく難しい曲を自信満々フルパワーで演奏。
小指でもフォルティッシモが弾けるのね。
前のイリーナ・メジューエワが繊細だったから、対照的かも。

プラハの音は、予想していたよりきりっとしていた。
さすがに熟練者だな〜と感心。(普段聴いているのが若い楽団なので)
整然と落ち着いていてそつがなく、聴かせるところはちゃんと鳴る。
もっといぶし銀ぽい渋いイメージがあったので、メリハリの利いたやや明るい感じだったのが意外。
って、初めて聞く楽団に失礼な・・・。
ちょっと印象に残りにくいオケだけど、37年生まれのコウトが振るのを見たという、旅での出会いと別れのように胸キュンなのだ。
あ、コントラバスもチェロも左にいて、第2バイオリンが右に。
なのでいつもと違う響きだったことも、付け加え。

|

« 名神の下で | Main | 今頃のだめ »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 名神の下で | Main | 今頃のだめ »