« March 2008 | Main | May 2008 »

April 2008

昨日は騙された

勝谷氏から、騙しのML。
次の衆議院選、兵庫8区で立候補するって。
地元だけに、ドキドキした。
みんな、こうだったらいいのになぁと思っているだけに、嘘だなんて非常にもったいない。
上杉氏のは皮肉たっぷりの騙しblog。
しれっとした顔で、今風だわね。
でもあんまり嘘っぽすぎて即バレる所は、人が良すぎるから?

| | Comments (1)

車遍路1日目

本四道路が半額の4月5日〜6日、ダンナさんを運転手に、車で四国へ。
せっかくだから、お遍路の続きをしようと。
ダンナさんは運転手兼カメラマン・・・まったくお参りしない人。(^^;)

1日目 阪神高速で事故があり運悪く渋滞も、その後は順調。
7:30位に家を出て、徳島のなっとく市場に11時位だったかな?

鳴門ICから単純に南下。
なっとく市場で、柑橘類のはるみ、デコポン、八朔、柏餅、お昼用鯖鮨、スナップ豌豆、新玉葱を買う。柏餅以外はリーズナブル。
18番恩山寺へ。R55からの道標に導かれて到着。
四国の道は国道県道をはずれると、途端に狭く曲がりくねった道になる。
すれ違いが難しそうな箇所がいっぱい。
車遍路の逆打ちは罪作りだ、と実感。

満開の桜と歩き遍路さんの姿が、いい感じ。
残念ながら、奥の桜の道を散策できるはずの公園が整備中で入れず、お昼は車で食べた。

19番立江寺のPは有料。
道から簡単に入れるPは300円だったが、お寺に近いPは200円だ。
だけどどうやってそこまで行けばいいのか?

ここで切るつもりが、まだ時間があったので、20番鶴林寺を目指す。
予定外なのでMaple地図を印刷してきておらず、GPS(うちはナビじゃなくGPS)と「四国八十八ヶ所霊場へんろ地図」を頼りに行く。
へんろ地図のデフォルメされた道の表示が不安だったが、必要な道路番号とkmが載ってるのがかえって解りやすかった。

20番鶴林寺。
山門前のPが満杯で、下のPに戻る。
バス遍路の人は、こちらを利用するみたい。
少しは歩く方が良い。せっかく買った金剛杖が生きる、と。
ここでは納経帳の他、着用白衣の背中右側に朱印を押してもらう。
受け取るとき、色が他の場所に擦れてしまった。
朱印用白衣に押してもらう時みたいに、新聞紙を用意した方が良かったなぁ。
これに気が行って、もうひとつ、車遍路でP代300.-を払ったらもらえるステッカーをどこかに無くしてしまった。(--;)

くねくねの山道、これも逆打ちは罪だね。
今日はこれで打ち止め。
だって、20番お鶴さんから21番龍の寺には、ぜひとも歩き遍路したい。
登ってくる車に苦笑いを返しながら、徳島方面に戻る。

途中コーヒーブレイク。16時には着いた。BHに泊まり。
チェックインした後夕食前に、近くの城山をぶらっと散歩する。
下の公園は屋台やBBQで混雑していたが、自然林もある山の上はガラガラ。
18時位だったが日没前で、優雅に花見を楽しめた。

| | Comments (0)

車遍路2日目

2日目 13番大日寺〜17番井戸寺そしてうどん屋

BHを8時半位に出て、R192の徳島医大の先で県道21を左折、大日寺を目指す。
9時には着いたかな。
お寺では八朔のお接待が。帰ってから食べたけど、美味しかった。

予定ではここか17番に車を置いて、13〜17を歩こうと思ってた。
でも、ダンナさんの花粉症が爆発。私も風邪の症状が再発。
ので、車HOPすることに。悲しい。。。

14番常楽寺に行くのに、細道を入りそこねた。
それに、あららぎ大師を見損なった。
何だか縁遠いお寺?

15番国分寺まで私だけでも、と、山門からひとりでぽちぽち歩いていた。
ダンナさんの車が後から来て、結局拾われてしまった。(--;)
ダンナさん、国分寺で層になってる石を拾う。
阿波青石?後で調べ直さないと。

16番観音寺。ここの納経所で団体さんの後回しになる。
でも、西国の時より墨書きが早いわ。流石・・・。
Pが小さいので、ダンナさんが「早く替わってあげないと」と、やきもきしている。

17番井戸寺。大きな薬師如来仏が印象的な、大きなお寺だと思った。
お墓があるので、葬式仏教がうまく行ってる例?(^^;)

まだ昼前だけど、ダンナさんの花粉症がどんどん酷くなる。
これで打ち止め。12番焼山寺を残して1番から20番までが済んだ。

「くるまで回る四国八十八ヵ所」という地元タウン誌あわわが作ったガイドブックを頼りに、徳島のうどんを食べに行く。
石井町R192添いの店「山のせ」、たらいうどんが売りだけど、暖かいぶっかけ980.-にした。
くちくちして美味しい。乗ってる天ぷらがもっと食べたかったかも。

GPSを頼りに鳴門ICへ。
途中、淡路ハイウエイオアシスで浜田屋の「淡路島ソース」を探すも無くて。
オリーブドレッシングとたまねぎ天ぷらを買って、しぶしぶ帰宅。

| | Comments (0)

うちの御室桜

鉢植えのミニ御室桜、御室有明が咲いたのでメモ。
昨夏の暑さで死んだかと思ってたけど、持ち直してくれた。
でも、かなり弱ってる。今、花はたった3輪。。。

御室有明の花の香りは桜餅。これに関して。

桜、梅、杏、桃などサクラ属の花の香りには、ベンズアルデヒド、メチルアニセートなどのエステル類、2-フェニルエチルアルコールなどが含まれ・・・とある。
巷に出回っている「桜」グッズの香りはこっちのほうか?

でも、御室桜のいっぱい植わってる仁和寺に行ったとき、桜餅の匂い(クマリン)がした。
クマリンは、桜の葉っぱや花を塩漬けにしたときに、化学反応が起きてできる物質。
不思議。生の桜がクマリンの匂いって。

クマリン、で検索すると、殺鼠剤がいっぱいヒットする。
ラットに対するLD50は680mg/Kg、豚のLD50は202mg/Kgらしい。
豚と同じとして50kgの人で、10100mg=10g、一度にそんなに口にしないよね。
前に、肝臓に悪いから桜の葉っぱは除けた方が良い、と聞いたけど、桜の葉っぱ一枚に、どれほどのクマリンが入ってるの?

それから、軽油識別剤。
灯油、重油には軽油と識別するために、クマリンが添加されている。
灯油と重油からクマリンを抜いて、違法に軽油として売ってるのを「クマ抜き」というらしい。

| | Comments (0)

モンタナエリザベス

うちのクレマチス、モンタナエリザベスが咲いたのでメモ。
挿し木したのも蕾が付いてる。でもこれ、延びてきたらどこに誘引する?(場所がない)
すでに場所を奪われたセンニンソウがもじゃもじゃ困っている。(--;)

バラの今。
試行錯誤でバラの土を変えて2年目。
扱いが難しい。
ほどほどに生き生きしているのは、蕾が見えてきた。
一方、閉じてるヤツがいる。
他方、すでにちょっと徒長気味なバラがある。
個々にブレンドを変えなければダメかな?
・・・面倒だ。

| | Comments (0)

楽天ブログ〜Bloglines

Bloglinesで自分のBlogが読めるようにしてある。
さっき楽天のBlogに、軽くチベット解放関連商品の紹介をした。
そしたらBloglinesに、書いてもないどころか、全然別の人の知らないサイトがフィードされてた。
PRだとか、なんとか。
怪しげ。

リンクされてた知らないサイト、きっと何か罠があるに違いない〜。(--;)
見に行ってはいけないね〜〜?
でもなんで?
キーワード"|=ree ~|~ibet"とかで引っ掛かると、虐めに遭うようになってる?
楽天かBloglinesてそーゆー輩?ちうごくけい?

| | Comments (0)

おいたんのモバイル

今日、解約したのでメモ。

| | Comments (0)

PACフランスのエスプリ

HPACの定期公演。

フォーレ レクイエム
フランセ 木管楽器のための四重協奏曲(めずらしい)
ラヴェル ダフニスとクロエ組曲第2番

珍しくプレトークが。
マエストロ佐渡の指揮だと、演奏が良い。
合唱付きなのは初めてで、これにも感動。←「巧いはず」の合唱団らしい。
でも中学生のソプラノは、snsでは外交辞令が飛んでいるけど、正直物足りなかったなぁ。
もっと透明感があっても良いな。
最後、楽器が鳴ったときは圧巻だった。
全体にはうまく纏まって満足できる演奏会だった。

えと、途中からオケ中央、第2Vcの男性に目が行く。
ノリノリで弾いていて楽しげ。3階Lバルコニーから見るとどことなく宮崎哲弥似。(*^^*)
これまで気付かなかった〜。
体中で表現するのも、嬉しいパフォーマンス。
たぶんこのひと→Christophe Quatremer (名前からして、自分が頑張りたくなる演目だったかも?)
ファンになったよ。
・・・でもこの写真はてっちゃんに似てない。(^^ゞ

| | Comments (0)

久し振りの京都

天気予報では一日快晴、気温もそこそこ上がると。
そこで、急遽京都に行くことにした。
よく調べもせず「いい古都チケット」1600.-を購入する。
何も考えず、嵐山から嵐電に乗る。
御室仁和寺まで。そこで、いい古都チケットで嵐電に乗れないことが判る。
失敗!割高になった気がする。

200円の電車賃を払ったら、仁和寺の桜の庭を拝観する気が失せた。(^^;)

それで先に、線路の反対側にあるフラワーハウスおむろに、御室有明が弱ったのでこの後どうしたらよいか聞きに行く。
不思議なことに「水が切れたことで、花が付いたのではないか」と教えられた。
弱った木に水をあげすぎると、花は付かないことが多いそうだ。
花が付いても弱っていることには変わりない。
枯れ枝を切り戻して(切って中が茶色ければ枯れているので更に切り、緑の生きている部分が出ればOK)置き肥を置いて、夏には朝夕様子を見て水遣りをすること。

仁和寺の山門をくぐって、有料じゃないところを一回り。(^^;)
御室有明をくんくんして、すぐバスに乗る。
バスで座れたのは奇跡か?
と、竜安寺からフランス系の子供を連れた家族連れが乗り込んでくる。
かわいい女の子がすぐ横に。仕方ないから、椅子の端っこに詰めて座らせてあげた。
「はろぅきてぃ金閣寺」箱を持っている。どうやら限定もののミニステーショナリーセットらしい。

烏丸今出川で地下鉄に乗り、丸太町へ。
先に山田松香木店へ。
手前から香木の香りが漂う。古い事務所(?)が新築されていた。
お店で。甘い方の匂い袋を探すが、ない。
聞けば100g3150.-の匂い香として売られているらしい。
なので今日は気に入ったパターンの金襴袋を3つだけ、購入。
この匂いが弱くなった頃(来年か?)匂い香を買おう。
これは掛け香みたく、洋服を掛けているコーナーに一緒に吊すのだ。

次に松栄堂へ。
ここでは去年同様、お香の日を挟んで香木展を開催している。
香木を聞くワークショップがあるのだ。
時間が悪かったのか、先客が多かった。気長に待った。
待った甲斐があった。
客が多い分、いろんな香木をとっかえひっかえ聞かせてもらえたのだ。(^o^)
沈香2種、伽羅2種、そして香木を削っている人の所でも、伽羅、沈香、白檀と。
甘いの苦いの酸っぱいの辛いのバランスが取れているの・・・。
それぞれこんなに違うんだ〜というのが、よくわかった。
得した。交通費のロス分以上の香木だ〜。

ちなみに値段を聞いてみた。とても香る伽羅、5cm程で6万円だって・・・。
「切りますよ?」って言ってもらったけど、我が家には無理よね。
ネットでは在庫がないことになっている、練香のお試しセット「こころみ香」だけ購入して帰る。

今、何だか胸がはしかい。(大阪弁?くすぐったい+痒い)
くんくんしすぎたか。。。

| | Comments (0)

rssad

楽天のBlog、ダメやん・・・。
rssで読めるようにしてたら、adが入る。
こないだ、Free Tibet関連のせいで、ウエブのウイルスでも付いたかと思った。(^^;)
(おんなじか)

なので、rssの登録を解除。
楽天もアホやね。

| | Comments (0)

白衣(道中着)に押した朱印の定着

四国八十八ヵ所の札所の中、道中着に朱印を押してもらえるお寺が数カ所ある。

こないだ20番鶴林寺で「鶴」の朱印をもらったとき、他の白い部分に色が擦れて汚れてしまった。

バスツアーの添乗員さんを見てたら、笈鶴?(朱印用白衣)は広げて押印し、そのまますぐ新聞紙に挟む。そして擦れないように、他の笈鶴を重しにするみたく重ね合わせていた。
掛け軸や巻物になってる納経帳を持ってきてる人を見ると、拍子木のようなもの2つで、擦れないようにしていた。墨書き部分をドライヤーで乾かしていた。
朱肉には油が入っているので、ドライヤーで乾かすだけではダメで、家に帰ってからまだ暫く広げて置いておくべきだと教えてもらったな。

さて。
道中着は洗わなくてはいけない。
・・・押印してあるのも洗えるの?

私の先達さん(ジムのおばさん)に聞いてみた。
そしたら、お酢で定着させるのだと言う。

押印してもらった後は、着ずに静かに持って帰り、その間に少し乾かす。
その後、お酢を綿やウエスで押印した部分だけしとらせる。
それを乾かす。
乾いてからは洗っても大丈夫、とのこと。

ふーん、朱印て染め物みたい。

| | Comments (3)

おいしいチベット

昔読んだ文庫本で、ネパールのチベッタンの料理をテーマにしたのがあった。
ネパールだしシェルパかな?
でもタイトルを思い出せない。
筆者は女性。名前を思い出せない。(--;)

にんにく、唐辛子、ギー、ツァンパ・・・。
それに触発されて作ってみた料理は、にんにくとうがらしおかゆ。(^^;)
って、玄米粥にガーリックパウダーと一味を入れるだけなんだけど。
これが飽きずに美味しいんだわ。

Freetibet5

| | Comments (0)

文旦→ゲラン?

愛媛からみかんの詰め合わせを購入、いろんな柑橘を楽しんでいる。
八朔、黄清見、甘夏、宇和ゴールド、文旦。
でも文旦と宇和ゴールドの違いが、まだいまいちわからなかったりして。

その文旦。たぶん文旦。(^^;)
皮をゴミ箱に捨てていたら、ゴミ捨ての時、ものすごく良い香りになってた。
まるでゲランのシャリマーかナエマ、そんな感じ。
なんで?なんで?

検索してみたら、文旦てアロマなフルーツなのね。
オレンジのように果皮からエッセンシャルオイルが取れるらしい。
砂糖漬けやマーマレードも作れるらしい。

でも皮がいきなりゲランにはならんでしょう。
・・・うちのゴミ箱に秘密が〜?(^^ゞ (結論持ち越し)

ちなみに、文旦をラップにくるんで暖かいところにおいておくと、更に美味しくなるんだとか。
早速試してみよう。(^^)v

| | Comments (0)

赤の威圧感

        Freetibet7
今朝、善光寺の追悼法要に合わせて合掌。

"聖"火のイメージ壊れた。
あれが専用機で日本にやってきたときの違和感ったら。
赤い旗だらけで。
黒船が日本に来たときもこんな感じだったのかな。
や、色が赤いだけに、威圧感もストレートだ。
お国柄が違うってわかってるけど、受け入れがたい。

さて、リレー。
赤い旗に乗っ取られた長野。
どこに行ってもすごい数の赤旗。
走者の横を付いて走ってるやん。
日本の警備陣は赤旗を大目に見てて不快だ。
ダンナは「日本人は言うことを聞くが、中国人はどうよ? 却って混乱するから、目に余る行為以外はスルーだろう」って。

一方、チベット応援側、大きなスノーライオンは少なく手作り感満点という素朴さ。
ダンナ曰く「それが中国の下品さを強調するから、これで良い」と。
そう?こっちにも危なげな×翼?人達がいるけど。
けど、声が嗄れるまでFreeTibetと叫んでたし、理不尽な目に遭う人もいて心苦しい。
私は行きもしなかったのに。

相手は侵略に侵略を重ねてきて、価値観もそこにある国。
オリンピックを国威昂揚と思っている。
恥ずかしげも無く赤い旗を振る連中。
それに対峙したときの脱力感、惨敗感。
被支配者はいつもこんな気持ちで生きているのね。
こんな嫌な気分にさせられるのは、日本が中国に飲み込まれる予行演習なんてね。
あ、こんな国にしたのは、私ら有権者。

中継で「にやり」となったところ。
「紅は 控え目が良い 和の心」(だと思う)と書かれた垂れ幕が見えた。

非暴力は屈辱ではないと思えるようにならなくちゃ。

| | Comments (0)

石ふしぎ大発見展 大阪2008

何年ぶりかに行ってみた。
行ってみただけ。買ってない。
欲しいのもあったけど買えなかった。アウィン、まだ持ってないのに。ううう。

それで思った。←自分だけだろうが。
行くなら、1日目、朝一番。
欲しい石の種類を決めてネットで下調べした後、心変わりしない。←ここ大事。これで迷うから、どれも買えなくなっちゃう。(^^;)
ひととおり回りながら、その石があるブースをチェック。
頭にメモするよりは、お店のカードとかもらってメモしておかないと、忘れるぞ、と。
後、メモを参考に、お店を決めてじっくり見て決めたら、買う。
買わないと、後で寂しいぞ〜・・・。(;_;)

目の保養したから、いいか。

京都に、また行こう・・・。
そして講演会にも参加する余裕を持ちたい。(^^ゞ

| | Comments (0)

マルメゾンは昨日だった

4/27 スヴェニール・ド・ラ・マルメゾン 1番花が咲いたのでメモ。

プリティー・ジェシカがブラインド以外は、それぞれ蕾膨らむ。
ジェシカの鉢は、1号小さい。だからブラインドに?

プティット・リセット、ダンナの実家に直植えしたのが、元気に蕾を付けてる。
鉢では死にそうだった。

ジェシカと言い、やはり土は大事だということだね。

| | Comments (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »