« rssad | Main | おいしいチベット »

白衣(道中着)に押した朱印の定着

四国八十八ヵ所の札所の中、道中着に朱印を押してもらえるお寺が数カ所ある。

こないだ20番鶴林寺で「鶴」の朱印をもらったとき、他の白い部分に色が擦れて汚れてしまった。

バスツアーの添乗員さんを見てたら、笈鶴?(朱印用白衣)は広げて押印し、そのまますぐ新聞紙に挟む。そして擦れないように、他の笈鶴を重しにするみたく重ね合わせていた。
掛け軸や巻物になってる納経帳を持ってきてる人を見ると、拍子木のようなもの2つで、擦れないようにしていた。墨書き部分をドライヤーで乾かしていた。
朱肉には油が入っているので、ドライヤーで乾かすだけではダメで、家に帰ってからまだ暫く広げて置いておくべきだと教えてもらったな。

さて。
道中着は洗わなくてはいけない。
・・・押印してあるのも洗えるの?

私の先達さん(ジムのおばさん)に聞いてみた。
そしたら、お酢で定着させるのだと言う。

押印してもらった後は、着ずに静かに持って帰り、その間に少し乾かす。
その後、お酢を綿やウエスで押印した部分だけしとらせる。
それを乾かす。
乾いてからは洗っても大丈夫、とのこと。

ふーん、朱印て染め物みたい。

|

« rssad | Main | おいしいチベット »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

早速、やってみた。
そして洗濯。
擦れて汚れていたところが綺麗になった。

Posted by: ruddysomali | April 20, 2008 at 21:11

私の白衣は、南無弘法大師と墨で書かれたものなのですが(印刷ではなく)、これもそのままお洗濯して大丈夫?

Posted by: Miki | May 01, 2010 at 15:11

遅くなってすみません!
墨で書かれた文字は洗っても落ちにくいと思います。
全く落ちないとは言えませんが、薄くなっても消えはしないので、いつまでも黒々しているよりは味が出て良いのではないでしょうか。(^o^)

Posted by: ruddysomali | May 21, 2010 at 22:16

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« rssad | Main | おいしいチベット »