« シェネとF.B. | Main | Eveと浅鉢の替え »

ベト1,2and3

HPACの公演。
今週、来週、再来週とベートーヴェン尽くし。
指揮は井上道義氏。
今週は交響曲1番2番3番。

ベトベン1番2番なんて、次に聴く機会が何時あるか・・・。
なので、私には貴重な経験。

指揮者井上氏が曲の合間に少しずつ語ってくれて。
面白かったのが、3番について話したとき。
「ベトベンの父親は飲んだくれだったそうです。
 私(井上)の家も同じで親近感があります。うれしい顔
 ダメな父親のいる家庭は母親がしっかりしてる。(井上氏ん家?あっかんべー
 まあ、日本はそれでやって行けてるんですね。(会場・爆)
 きっとベトベンも母親のお陰で偉大な作曲家になったのでしょう。」
・・・みたいな感じ。

3番て、Eroica(英雄)。
後でベトベンは撤回したけど、元はナポレオンへの賞賛の曲。そういうイメージ。
でも今回は、曲を聴いている間ずっと「ベトベンの母親」を探してたわ。(^^;)
新しい経験だぁ。

んで。
今回も、クリストフ・キャトルメさんのパフォーマンスに萌え。
井上氏のすぐむこうに見えるし〜。(お得)

|

« シェネとF.B. | Main | Eveと浅鉢の替え »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« シェネとF.B. | Main | Eveと浅鉢の替え »