« April 2008 | Main | June 2008 »

May 2008

増税

ガソリン税の暫定税率復活の陰に隠れて「ふるさと納税」が可決されたとか。
知らんかった・・・。
ふるさと納税、住民税の一部を好きな自治体等に寄付し、寄付した分住民税から控除されるというシステムだとか。
でもこれって?
ややこしいシステム、それにかかる事務費がかかるよね?
居住地の収入が減る可能性も。
てことは、減った分上乗せしなくちゃいけなくて。
てことは、こっちも増税なんだろうな。

| | Comments (0)

3号浅鉢

強風が吹いた。
紅葉が棚から落ちて、鉢が2こ割れた。

今日はダンナさんがお休み。
急遽、HCに鉢を買いに車を出してもらう。
が。 ないんだわ。
3号浅鉢。楽天でもここだけ?
遊恵盆栽 楽天市場

なので、メモ。

| | Comments (0)

チベット応援者リスペクト京都ツアー

京都に行ってきた。
前に買いそびれた、山田松の匂香(甘口)を買いに。

・・・だけでは、もったいないので、観光も。

今、気になるチベット問題・・・京都の仏教寺院はどうよ?
ひとつ、妙心寺の塔頭でチベット旗を掲示しているとか。
そこへ行こう。

と。頭のどこかに「円通寺」が引っ掛かってた。
そこのご住職が、チベット弾圧抗議デモの実行委員だと・・・。
円通寺、全国にいくつもある。
名前が一緒なだけだけど、京都にもある。そこへ行こう。

あと、キリスト教関係で、チベット写真展をしてるというカフェ。
そこにも行こう。

まず、円通寺。
Entsuji
門にはチベット旗じゃなく、日の丸が。(^^;)
今は臨済宗の禅寺だけど、元は天皇の離宮だったところ。
比叡山の借景がダイナミックなんだけど、周りの開発で景観が破壊されかけている。
反対運動の大変な努力も実らず、残念なことだ。
工事の音が輪を掛けて興ざめなこと。
お庭とは反対側のお部屋で、お菓子とお抹茶。まったりさせてもらった。
お茶の部屋に、山田松香木店の掛け香があった。

次にカフェ。烏丸今出川近くのBazaar Cafe
壁にチベットの写真Bazaarcafeと、ダライ・ラマの言葉が掲示してあった。
ここのランチは、日替わりで各国料理が楽しめる。
今日はタイ・カレーだった。美味しかった。
チベット・サポート・キャンペーンとのことだったので、もっと、例えばFreeTibet缶バッジとかSnowLionシャツなんかが売られていたりするのかな?と思ったけど、それはなかった。
せっかくコミュニティーカフェなんだから、いろいろ売って、売り上げの一部をTSNJに寄付するといいのになぁ。難しいのかな?

妙心寺。
今日も、龍の法堂の拝観はすっとばし、特別拝観できる大法院もスルー。
春光院だけ目当てにずんずん行く。
一般拝観はないけど、外国人がZen体験できるようになっているのね。
英語の説明があった。
前は門の横の壁にチベット旗を止めてたけど、勝手に持って行く人が現れたので、今は入り口近くSyunkoin_2 に掲示しているという。

そして山田松。
お目当ての甘口の匂香と、円通寺にあった掛香の色違いを買った。

京都は今日、気温30℃を超えて、参った。
梅田まで帰ってきてから、再度お茶休憩してしまった。
京都より大阪のほうが、気温は低いが湿度がやや高く感じた。

| | Comments (0)

2番はW.Cそしてブリ フェルマン イレネ

マルメゾンが次々咲いている。
5/3 W.C.(ウインチェスター・キャシドラル)咲く。香りはF.B.(フェア・ビアンカ)に似てるが、FBはまだ蕾。
5/4 ファンブリアータ、フェルマン、イレネワッツ咲く。

ブラインドだったP.J.(プリティー・ジェシカ)に、蕾の気配。

| | Comments (0)

エグとシャン

ロサ・エグランタイン(エグ)が咲いた。
コント・ド・シャンボール(シャン)も咲いたと言えるかな。まだ開ききってないけど良い香りがしたから。

NewRose 勘右衛門さんのところに行ってきた。
近くの園芸店に3号浅鉢を探しに行ったついで。(探し物はなかった。)
セミプレナかな、白い大輪が見事だった。
ダマスクが咲いいて、イスパハンやカザンリクはやっぱり好き(香り)。

聞いたことのない名前のバラに目が行く。マダム・ロリオール・ドゥ・バーニーだったかな?どピンクの八重。
ブルボン。なので二期咲き。大きくなるけど棘が少なく扱いやすそう。切っても咲くとのこと。
香りはダマスクにベールがかかったような感じ。
「なんていうかくすんだ感じ。ダマスクの方が直接カーンと来る」と、奥さん。

どれも良い香りなんだけど、選ぶんだったら、やっぱりダマスク系かな。
うちは、無理だけど。
カザンリクの方が、やや扱いやすいとか。
切っても咲くから、鉢でも何とかOKでしょうと。
でも場所取るよね・・・。(150×120)
それに鉢で育ててたプティット・リセット、弱っちゃったからなぁ。(地植えにしたら元気回復して、自信喪失)

で、今日は何も買えず(鉢も買えず)帰ってきた。
賢明かも。(^_^;)

| | Comments (0)

インドの踊り

ジムで、今日から3ヶ月限定のスタジオメニューが始まった。
メニューは2つ。
・マサラストレッチ
・インドムービーダンス
名前を誰が考えたんだ?・・・(--;)
まあいい。
インストラクターは南インド古典舞踊家。
インドの雰囲気むんむんの美人先生。はあと。

ストレッチは、インド舞踊のポーズを取り入れたもので、まるでパワーヨガ。
身体が硬いから人一倍汗をかく。
おまけに目や眉という顔の筋肉まで使うので、本当の全身運動だー。(^^;)
顔をクイクイ左右に動かす独特の動作も習った。
あれは顔ではなく、背骨を動かすんだって。
目を同時に動かしサポートする。
何ヶ月かしたらできるようになるって。

ムービーダンスは、踊るマハラジャ;;;
気分はラジニカーント。
が、慣れない動きに人一倍付いていけない私。
まあ踊りは下手でも、ムドラー教えてもらえるので、3ヶ月、頑張ってみよう。
マサラムービー借りてホームワーク。(^^ゞ

| | Comments (0)

ジャック君とブランムスー

我が家で一番香りの良い(好きな)2つのバラが開花。
ジャック君ことジャック・カルチェと、ブランムスーことカトル・セゾン・ブラン・ムスー。

一昨年去年と、イングリッシュ・ローズを何本か買い足したけど、やはり香りはオールド・ローズに負けてる。
先日ERトップを切って咲いたW.C.の香りって、F.B.様どことなくセルロイド。
どう表現して良いか、子供の頃持っていたタミーちゃんとか人形の匂いを思い出すんだもの。
何だかね〜。あ、でも形が可愛いから許す。

それに比べて、ジャック君。
ポートランド系で、明るいダマスクの香り。しゅてきしゅてき。
ブランムスーも、白いのにモスだけあって芳香で、ダマスクぽい。癒される〜。
どちらも私好みの、芳純をモティーフにした「ばら園」に近いと思うんだけど如何でしょう?

勘右衛門さんの奥様は、もっと華やかなのが好きと仰ってたなぁ。
あーそれって、あの時(去年)は知らなかったけど「ロクシタン」ぽい香りってことかな・・・。

私はやっぱり古い「ばら園」の香り派。
あの香りを継承して欲しいけど、新しいラインの(RXだっけ)は何か変わってる気がして悲しい。

ちなみに白バラのシリーズも出てなかったかな?
あっちはあんまり魅力無かった。

| | Comments (0)

シェネとF.B.

シェネ(シェネビッチェン、アイス・バーグ)とF.B.(フェア・ビアンカ)が咲いた。

シェネ、よくウチノネコと絡んで写真に収まってた、思い出深い古株さん。
冬の剪定で短く切っても、春にはしゅるしゅる伸びてくれ、フロリバンダらしく次から次へと蕾が開く。微香だけど優秀です。
でも去年くらいから、蕾付近がウドンコに罹るようになった。
免疫力が弱ったのかな。そろそろお歳?

F.B.はセルロイド香。(^^;)
でもコロリンとした白い玉の天辺に、ピンクが乗る蕾がかわいい。
咲くとニュアンスピンク入りクリーム白。
沢山蕾が付いているけど、落ちるかも。去年もそうだった。

| | Comments (0)

ベト1,2and3

HPACの公演。
今週、来週、再来週とベートーヴェン尽くし。
指揮は井上道義氏。
今週は交響曲1番2番3番。

ベトベン1番2番なんて、次に聴く機会が何時あるか・・・。
なので、私には貴重な経験。

指揮者井上氏が曲の合間に少しずつ語ってくれて。
面白かったのが、3番について話したとき。
「ベトベンの父親は飲んだくれだったそうです。
 私(井上)の家も同じで親近感があります。うれしい顔
 ダメな父親のいる家庭は母親がしっかりしてる。(井上氏ん家?あっかんべー
 まあ、日本はそれでやって行けてるんですね。(会場・爆)
 きっとベトベンも母親のお陰で偉大な作曲家になったのでしょう。」
・・・みたいな感じ。

3番て、Eroica(英雄)。
後でベトベンは撤回したけど、元はナポレオンへの賞賛の曲。そういうイメージ。
でも今回は、曲を聴いている間ずっと「ベトベンの母親」を探してたわ。(^^;)
新しい経験だぁ。

んで。
今回も、クリストフ・キャトルメさんのパフォーマンスに萌え。
井上氏のすぐむこうに見えるし〜。(お得)

| | Comments (0)

Eveと浅鉢の替え

Eve(イヴリン)が咲いた・・のは昨日だった。(5/10)
あと残るは、PJだけ。

台風2号の風か?また、もみじ盆栽の鉢が落ちて割れた。
もう3号浅鉢(朱温鉢)の替えはない。
困って一番近い園芸店に見に行く。
やはり浅鉢(だ温鉢)は4号からしかなかった。
ミニ盆栽用の高級そうな鉢ならあるけど、値段は何倍も何十倍もする。
仕方がないので、4号浅鉢を3こ買った。(1個90.-)
ミニ盆栽に仕立てようと思っていたもみじが下手に大きくなっちゃった。
3号じゃ転けやすく、4号だとかなり安定するってわかったから、それでもいいんだけど・・・。
鉢が1号大きくなるってことは、直径が3cm大きくなり、それだけ場所がなくなってくるのだ。
置き場所が・・・。(汗)
それに、土が増えた分根が張って、来年はまた大きくなっているのか?

| | Comments (0)

また割れた

頭でっかちなもみじの盆栽、3号でいられるのはあといくつ?
またひとつ割れたので、あと3つ。
4号鉢の余分があとひとつ。(汗)

だんなさんが休みを取ったので、ジムに行ったのだけど。
帰りの時間がまちまちなので、自転車にしたのが悪かった。
別々の道を行ったら、私だけがジムに着いている。
ダンナさん、名神の高架下の歩道で邪魔になっている物体に自転車を取られ、吹っ飛んで怪我をした。
一体どんなスピードだったんだ?

| | Comments (0)

NO LIMIT

2007年度、一番売れたSUVはX-Trailだって。

フルモデルチェンジして、私好み。
が、X-Trailを1日レンタルできるはずだったのに、その権利を蹴った。
ドライバー(ダンナさん)が渋ったから・・・。
自分で免許取れって話ですよ(^^;)

サイトが更新された。
サーファーがポロロッカに乗る映像が面白い。
Marって日本のプロサーファーを見て、自分の英語の勉強不足を感じる。(^^;)

| | Comments (0)

ベト4,5 and 6

今日もベトベン。
ロマン・ロランが「傑作の森」と名付けた時期に誕生した、3つの交響曲がどーん!
どなたかが言うに「スープもサラダもなくステーキが3回出たみたい。」
はい。おなかいっぱい。(^o^)

田園はともかく4番も運命も、ややゆっくり目な全体の流れに緩急・メリハリが、それはもう聴く方も緊張する緻密なタクト。(実際にはタクト棒を持たずに指まで使っての、すごく解りやすい指揮だった。)
指揮の井上道義氏、4番について「単なるバカ騒ぎにならないようにするのが難しい」
5番は「振るのが本当に難しい。いつも違う、例えば気候にも依り」
6番は「人によって違う田園のイメージ。今からの演奏に、ご自分の田園を見つけてください」

さて、クリストフ・キャトルメ (Christophe Quatremer)さんは、前と違い、ステージの最前列だった。
井上氏から金管楽器がよく見えるよう、場所が変わったと思われる。

| | Comments (0)

P.J...balling?

P.J.(プリティー・ジェシカ) 最後まで咲かないヤツ。。。
蕾は膨らんでるのに。
もしもーし?
って、このままボーリング?(×_×;) ちなみにボーリングのこと、ボイリングて書いてあるのもある。ballingだからボーリングね。ボウリングでもない。

今年、蕾が開きにくかったのは他に、コント・ド・シャンボール。
中まで見えた花は、ひとつくらいじゃないかな。
蕾のまま切って、花瓶に挿し、剥いてみた。(汗)

P.J.もシャンボールに似て、薄いティシューみたいな花弁。
開きにくいのはその所為?
肥料が効きすぎるとダメな、マルメゾンと一緒?

調べてみたら、P.J.を低温で雨に当てるとダメらしい。
夏向きとのこと。メモメモ。
・・・それで遅咲きなのか。

と、そのマルメゾン。一番に咲いて、もうとうに終わったけど。
蕾のまま花殻摘みをするのがあるのは、いつものこと。
そんなに肥料をあげてないつもりなんだけどなぁ。
雨にも当てていない。水遣りのしすぎかな?

| | Comments (1)

ベト7,8 and 三重協奏曲

素晴らしい!
今日のHPACはアンサンブル・ウィーン=ベルリンの奏者4名がゲスト。
それでこんなに変わるもの?
先週に比べると、違うオケみたい。・・・て言ったら失礼かな。。。

ゲスト・プレイヤー:
オーボエ Hansjörg Schellenberger
ファゴット Milan Turkovic
クラリネット Norber Täubl
ホルン Stefan Dohr

で、てっちゃん、じゃなくクリストフ・キャトルメさん。
ちょっと遠くになっちゃった。(2列目の2番目、席が4F)
今日も、見てても楽しい演奏、先週より元気が良かったのは気のせい?(^^;)

いつ入団したのかな?
最初からいたのなら、今年卒業?(T^T)
遅ればせながらだけどファンになっちゃったし、ずっと長くHPACにいて欲しいなぁ。
ソナタとか四重奏とかも聴いてみたいなぁ。

| | Comments (2)

ヤマモミジ

頭でっかちの所為で何度かひっくり返っていた、でも割れなかった3号浅鉢のヤマモミジ。
また割れた。
これで、替えの4号浅鉢はなくなった。
3号ヤマモミジの残りは、あと2つ。
もし割れたら、苗用ポットしか残ってないな。。。
鉢が大きくなれば、モミジも大きくなろう。
ミニミニ盆栽にするはずが;;;

| | Comments (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »