« オオバナソケイ | Main | 神戸でランチ »

空と無我

まだ読んでいる途中だけど、良い仏教本と出会えたのでメモ。
定方晟「空と無我(仏教の言語観)」講談社現代新書

神秘体験信者より、宗教を訝る人向きの仏教本。

根本思想「空」を、ブッダ(ゴータマ・シッタールダ)が「体感するもの」として書に残さなかったところを、あくまでも言葉にこだわったナーガルジュナの「中論」等を通して掴むきっかけになる。
「空」解説における言葉の持つ限界や矛盾点も指摘されて「そうか〜」と合点する一方、体感だけでは得難いということも判って「うんうん」と納得。
「無我」唯識思想の誤謬・・・唯識派の皆さんには支持されないだろうなぁ。←これから読むところ

ゴータマ・シッタールダは、数式も文章も残せなかった理論物理学者だったんだなぁ、と思う。

|

« オオバナソケイ | Main | 神戸でランチ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« オオバナソケイ | Main | 神戸でランチ »