« じっとりMacと仏教本予定 | Main | 仏教本おさらい続きの続き »

仏教本おさらい続き

Macは立ち上がってくれるので、まだ掃除していない。(^^;)
仏教本の続きを書いておこう。でもこれも書きさし。

  • 内田樹/釈徹宗「いきなりはじめる浄土真宗」本願寺出版社 浄土真宗に特化されず、仏教の中核を射抜く議論が展開されている、という書評を読んで購入。なるほど、文が巧いこともあって、読みやすい。内田氏は頭が硬い?なんて思った。(笑) この本の後編「はじめたばかりの浄土真宗」は買っていない。
  • 白鳥春彦「仏教『超』入門」PHP文庫 購入した。「日本は仏教国だそうです。」という書き出しから日本仏教を批判的な目で見てることがわかる。日本人の従来の仏教観の歪みを正し、真の仏教とは何かを伝えたい気持ちが前面に出た仏教入門書。
  • 白鳥春彦「はじめて知る仏教」講談社+α新書 購入した。真の仏教、仏教の神髄とは何かが見つかる。読むと、だから私は仏教者なのよ、と宣言したくなる。ところどころ、過激な表現が気になるけど、惰性的に葬式仏教を続けている人達にこそ読んで欲しいな。
  • アンベードカル「ブッダとそのダンマ」光文社新書 借りて読んだ。前半の釈迦の歴史は面白かったけど、後半は何だか鼻について飛ばして読んだ。仏教本の中に、陶酔ぽいのとか恍惚ぽいのとか神秘体験の話が出てくると鼻につく。大衆に布教しようとするとそういう言葉になっちゃうのかなぁ?インド人の大仰さなのかなぁ?(泣)
  • 久保田展弘「さまよう死生観宗教の力」文春新書 借りて読んだ。ここに書いてある。筆者につられて亡くした者を偲び涙したが、今はあの時の興奮はない。自分を一旦昂揚させたことで冷ます効果があるのかも。
  • ひろさちや「お葬式をどうするか  日本人の宗教と習俗PHP新書 借りて読んだけど置いておきたくて後で購入した。安いし一家に一冊あると便利。形式的な事から精神的な事まで盛り沢山。
  • ひろさちや「仏像でわかる仏教入門講談社+α新書 図書館になくて購入した。私は仏像を信仰の対象としては見られない。この本はそう言う人のための「仏像と仏教の架け橋」本。でも信仰は生まれなかったけど。仏教美術本ではない。

|

« じっとりMacと仏教本予定 | Main | 仏教本おさらい続きの続き »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« じっとりMacと仏教本予定 | Main | 仏教本おさらい続きの続き »