« 仏教本おさらい続き | Main | 仏教本読了(予定)記録 »

仏教本おさらい続きの続き

  • 一校舎社会研究会・編「いちばんやさしい!日本の仏教がわかる本」永岡書店 古書店で見て購入。百科事典のつもり(笑)
  • 阿満利麿「日本人はなぜ無宗教なのか」ちくま新書 借りて読んだけど後に購入。筆者が浄土真宗を信仰していてちょっと入りにくいけど、民俗学的、歴史的、政治的に日本の宗教を捉えられて良い。言葉が豊か。NOVAのトピックに良さげなので、頭で英訳しながら読んでいた。
  • 阿満利麿「仏教と日本人」ちくま新書 借りて読んだ。同上
  • 阿満利麿「無宗教からの「歎異抄」読解」ちくま新書 借りて読んだ。無宗教無神論者は他人に信仰を持てと言われてもやっぱり無理かな、と。阿満氏の挑戦は認めるけど、どれ位の人に受け入れられたのかな?結局、真宗信者だけのものかと。
  • 中村元「龍樹」講談社学術文庫 中論より簡単かもと思って買って読んだが、微に入り細を穿ち、言葉が難しくて、読むには読んだが何も覚えていない。(笑)
  • 三枝充悳「中論(上)」レグルス文庫 (中)も買ったけど、ぱらぱらと見ただけで降参。(笑)いつかは繙かねば〜。
  • 山崎勇夫「仏教の源流 その知と信」里文出版 借りて読んだ。仏教研究者じゃなく生化学者によるスッタニパータ読解ということで関心があったが、途中から何だか気に入らない表現が出てきて興味を失う。宗教哲学と科学を意識的に同じステージに持ってこようとしてはダメと思う。
  • 副島正光「大乗仏教の思想」清水書院 借りて読んだ。神秘主義でない般若心経と、胎生学的でない十二縁起の解説とのことで関心があった。なるほど第一の仏教(=無我説)と第二の仏教(=輪廻説、如来蔵思想)の区別が一番書きたいことだと思った。空観へのステップに。でも大乗仏教解説書ではない。
  • 副島正光「釈迦」清水書院 借りて読んだ。釈迦のヒストリーはアンベードカルを読んでいたので飛ばして、思想についてだけおさらい。第一の仏教(=無我説)と第二の仏教(=輪廻説、如来蔵思想)。釈迦の真の教えはもちろん第一の仏教の方だと。
  • 松尾剛次「仏教入門」岩波ジュニア新書 購入に値する。一家に一冊。ジュニア文庫だと侮る無かれ。これがwikiだったらほとんどリンク有りの下線付きになっちゃうだろう。飲み込みやすく書かれているから、さらさらっと仏教(但し大きな括りでの)を頭に入れるには最適。本質に迫るには足りない。
  • 定方晟「空と無我(仏教の言語観)」講談社現代新書 借りたけど持っておきたくて購入。ここ。勧誘にやってきた宗教団体を虐める言い方が書いてあり、笑えた。
  • 島田裕巳「日本の10大新宗教」幻冬舎新書 借りて読んだ。仏教解説書じゃないけど。神秘体験とか現世利益が好きな人がどれほど多いか〜。(汗)

|

« 仏教本おさらい続き | Main | 仏教本読了(予定)記録 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 仏教本おさらい続き | Main | 仏教本読了(予定)記録 »