« 腰が曲がるということ | Main | バラタナティヤム@東光寺 »

HPAC 018

新しいメンバーが入ったHPACの定期演奏会。指揮は佐渡裕。
ハチャトリアン:vn.con (vn)Nemanja Radulović
バーンスタイン:sym.No.3《カディッシュ》

vc-conが良かった。
ネマニャ・ラドゥロヴィッチのvnの音色の多彩さに感激した。
ダンナさん曰く「緻密なバイオリン」。ふむー。
新しいオケは、フレッシュで一生懸命。
R席からだからかも知れないけど、音のバランスがなんか違う。
でも〜〜キャトルメさん見るにはいい席〜。(^^;)

えと。カディッシュ。
毎度、クラシックを聴いてひとつ気になること。
「神」の解釈?宗教的なニュアンスを表現する際の高揚感や爆発的な表現。
あれは、どうも共有できそうにない。
今回も、プレ・トークがあり、ユダヤ教のレクイエムであること等の解説があったものの、日本語で語りが聞けたものの、あの発憤は音楽じゃなく音苦かも〜。(^^ゞ

|

« 腰が曲がるということ | Main | バラタナティヤム@東光寺 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 腰が曲がるということ | Main | バラタナティヤム@東光寺 »