« 第一バイオリン | Main | HPAC 018 »

腰が曲がるということ

数日前実家から、父が転んで怪我をして、それを起こそうとした時、母がぎっくり腰になったと電話があった。
軽く考えていたら、通院の際に横断歩道を横断中信号が変わって焦り、血圧が急上昇したと言ってきた。
それも受け流していたら、入院しなくちゃいけないと言われているが、家に残した妹がいるから入院できないと、再度連絡が。
その時は、妹は大人なんだから放っておいて、父と一晩入院しろと答えたが、嫌だと。
で、家に来てくれと言う。
次の日も連絡があるが、電話では埒があかない。

仕方ないから行ってきた。
そしたら、母の腰が90度曲がっていた。
なので洗濯物が干せず、洗ったまま匂っていた。
食器洗いもできないから、ヘルパーさんが来るまで溜めてある。
食事はヘルパーさんが作ってくれたそうだ。
ゴミも袋のまま溜まっていて、ネコが袋を裂いていた。

手伝うしかない。

が、毎日は通えない。
回り回って、妹がうっしっしだもの。
ケアマネに頼んで、ヘルパーさんに多く来てもらうようにした。
そして死にたい病の妹を入院させるよう計らう。

死にたい病。は〜;;;
鬱は治るなんて言うが、病人でもないのに抗鬱剤を飲むと、酷くなる。
甘えが高じて病気になりたいんだもの。
本当に躁鬱病になって喜んでるとしか思えない。
香山リカじゃないけど、日本を滅ぼすよ。

|

« 第一バイオリン | Main | HPAC 018 »

介護・支援」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 第一バイオリン | Main | HPAC 018 »