« September 2008 | Main | November 2008 »

October 2008

シニアサポート型賃貸マンション

昨日、母が退院。タクシーで自宅へ送る。
今朝電話をしてみると。
また転んで、床をはいずり回っている状態とのこと;;;

決めた。
家、売る。そして介護付き施設に引っ越してもらう。
例えば、こんな:ソーシャルコート本多聞

| | Comments (0)

本四高速の割引

ETC車で四国に行くのが、しばらくお得。

JB本四高速:【ETC車限定】お得な料金割引が始まります

四国88巡りたい・・・。

| | Comments (0)

口紅ケース

シニアサポート型賃貸マンションは、高い。
うちの家って、そんなに年金もらってたかなぁ;;;?

と。
退院でタクシーを待っているとき、母がバッグから何か取り出した。
印鑑ケースだと思っていたら、口紅ケースだった。
お化粧しようとしてたのね。
でもタクシーが来てしまって、何もできないまま乗り込んでしまった。
荷物もあるし、慌ただしかったからなぁ。

その時、無理矢理口紅ケースをバッグにしまい、母の手を取って立たせた一瞬は、きっと一生忘れない。
ラピュタの最後で残った城にロボット庭師を見た時、一瞬で泣きそうになったけど、それっぽい。
お化粧させてあげられなくてごめんねぇ;;;

| | Comments (0)

バラを養子に

両親の介護が始まると、ガーデニングを放棄しなくちゃいけなくなるかも。
今、うちがそう。
実家に詰めると、水遣りすらままならなくなり、これが真夏なら枯らすのは必至。

そうなる前に、せめてバラたちだけでも、誰かに世話を頼みたい。
もらってくれる人って、いるのかなぁ?
親身になってくれる人を探さないと・・・。(泣)

| | Comments (0)

クスム

神戸に出た。
こないだキャッテリーの友達を訪ねた際、その付近に格安(休日でも1時間100円)の駐車場があるのをチェックしていたので、車で行ってみた。

で、ずっと気になっていたインド家庭料理店クスムに。
ハンター坂の途中、建物の前に看板が出ていた。
が、あれではどのビルの何階か、ほんまにマンションの一室なんだっていうのがわからない;;;
まぁ、知っている人は知っている、と。
メニューはひとつ。
おかわり自由のタリ(3種カレー・バスマティライス・チャパティ)にアチャール、サラダ、サモサ、マンゴージュース、チャイ付きで、980円!
手作り感満点。アチャールやサモサのソースも欲しいだけ。どれも美味しい。
チャパティだけ1枚おかわりして、おなかいっぱい。

あと、Handsでシニアグラスをお揃いで買って帰る。

ポーアイでショーがあったんだけどなぁ。

| | Comments (0)

秋の花

曇は「くぐもる」とも関係有ると。
曇ると金木犀がよく香る。
うちのローリエは剪定したからか、咲いてない。(この時期じゃないか?)

うちのクレマチスの一つ、センニンソウが一輪咲いた。
おとといか、さきおととい。遅いのかな?これくらいかな?
今年は奥まった場所だったから、花は少なそう。
もっと日に当たらないとダメなのね。

父親のショートステイ先への行き帰りに見る、白い萩がきれい。
芙蓉はいくら切っても元気よく伸びてくるそうだ。

うちの鉢植えたち、面倒見られなくなるかと思うと辛い。
地植えにできる庭のある人が羨ましい。
うちのも冬の間に地植えにするか・・・。

| | Comments (0)

インドムービーダンス

再開。
久し振りに、ゴタゴタを忘れて、思いっきり汗をかいた。
すっきりした。

ゴタゴタは読書の邪魔で、今読んでいる「空の実践」なんかも、目は字を追うが飲み込めてない。
この前に読んだ「理性の限界」と2冊、読みやすくて良い本なんだけどなぁ。

その点、身体を動かすことは、吹っ切れて良い。

| | Comments (0)

E-510持って西国予定

ダンナさんが、中古のOlympusE510を安く仕入れてきた。
はぁ〜;;;また増えた。

で、撮影旅行に行きたくてたまらない様子。(--;)
仕方ないから、11日に西国三十三所の秘仏公開に連れだって行くことに。
JRで鉄道の日記念西日本一日乗り放題きっぷを2枚購入。

連休だし混むだろうなぁ;;;
一人で平日に行きたかった・・・。

だったら、と、勝谷氏がdancyuで紹介していた、和歌山の定食屋をチェック。
まかない亭
ぐぅ〜、駅から遠くて、行けなさそう。(T^T)

| | Comments (0)

軽費老人ホーム

今日、父のショートステイからの帰宅に付き添う。
帰ると、母がいない。
暫くしたら、乳母車みたいな老人用の手押し車ごと、タクシーで帰ってきた。
腰を複雑骨折しているというのに、ランチを楽しんできたと。おいっ!(`ヘ´)
そして言うには「Aホームに入ってもいい?」

働かなくても良い楽ちんさを覚えたのね。
いいよおー。
だけど二人で入れるのかな?

Aホームは、母方の祖母が最期まで入っていた、キリスト教系の老人ホーム。
まだどぼんトイレの時代に、まだ現役で幼稚園の用務員をしていた頃の祖母と、給食のお手伝いをしたことがあった。
調べてみると、軽費老人ホームのカテゴリーになるようだ。
まだまだ待たないと、入れないんでは;;;?

| | Comments (0)

西国33秘仏紀三井寺&粉河寺

ツアー客とバッティングで、混雑の2ヶ寺だった。

JR乗り放題きっぷを使って、紀三井寺へ。
前は間違って駅の西に出てしまったのを、今回は間違えずに東側に出たのですぐに着いた。(^^;)
朱塗りの山門、前に来たときは修理中だったのが、ぴっかぴかに。
ぴっかぴかといえば、金箔の大観音ができたとか。見てないけど。(^^ゞ
お目当ては秘仏。
本堂で1000円を納め、ビニル袋に靴を入れて持って、奥へ。
別部屋があって、そこに右に千手観音と左に十一面観音が並んでいた。
秘仏公開中、御前立ちの方が33所展に展示のため、空席。(^^;)
それぞれの観音様の指に紐が結ばれていて、その先が長く伸びて、私達が触れられるようになっている。結縁ね。
おっとりどっしりした頭の大きな十一面観音に比べて、千手観音のスポーティにきりっと締まってるのが、対照的。
朱印帳は持って行ったけど、重ね印は押してもらわず。(^^ゞ

粉河寺へ。
朱塗りの大門横のお土産やさんがきれいになっていたよ?たぶん。
こちらの本尊は、絶対秘仏で地中に埋まっているそうだ。
それでも、御前立ちの公開が217年振りという。
見ないでか。
こちらは300円で、千手堂(秘仏)と本堂(梵字と黒こげの後ろ立ち?十一面観音)の両方が見られる。
すごくお得。
千手堂は本堂の左にこじんまりある。
217年振りの観音様は、光背がきらりとした、黒っぽいこじんまりな千手千眼観音で、良いお顔だと思った。
よく見えなかったけど。(またモノキュラーを忘れていった・・・失敗)

粉河寺から秋葉山に登って、展望を楽しんだ。
意外にも、勿体ないくらい整えられた公園だ。
だ〜れもいない。ホント勿体ない。トイレもきれい。
お月見や流星群観察に良さげ。
後まっすぐ24号まで降りていった。
前に高野山へ行く際、車で行ったことのあるMacDoで、景色を楽しみながらランチ。

JR粉河から、無謀にも王寺経由で(2時間)帰ってきた。(^^;)

| | Comments (0)

車で大阪

ひぇ〜ジムにテレビの取材が来るらしい・・・。
友達からも「マジでヤバイわ〜、振り付け覚えてないし」とメールが来る。
って、スタジオとインストラクターの取材であって、私らを撮りに来るんじゃないんだから冷静に冷静に、と開き直る。(^^;)

でもウエアをどうしようか、とか一瞬悩む。
で、大阪に出てみた。
何も買わず。普段通りでいいや。

ところで、駐車場。
三宮には少し歩けば1時間100円のPがあるが、大阪はどうよ?
最初の1時間200円その後30分毎に100円のPに駐めた。
その近くに新しくできるPが終日100円みたいだけど、まだオープンしてなかった。
やっぱり、電車の方が安上がりか。
・・・昨日、途中下車して寄ればよかったのよね〜。

| | Comments (0)

無駄

メールをチェックしていたら、JNBから通知。
「振り込みした?」と聞けば。
なんとダンナさん、こないだ新しいカメラを買ったばかりなのに、もう一台オクで落としたと。
おいっ!(-_-メ)
病気だな・・・。

| | Comments (0)

粉河寺の秘仏の謎

西国3番札所粉河寺。
今回217年振りに開帳されている千手観音像。
御前立ちかと思っていたのだが違って、御本尊の分身として作られた像とのこと。

で、御前立ちは別にあり、やはり秘仏で、12月31日に筋の扉が開かれ(大晦日の煤払い?)毎年2人の僧侶が拝することができ、そのまま正月の法要が行われ、1月14日に閉じられる。

この御前立ちは、本来本尊があるべき所にあり、御前立ちのあるべき所には、梵字がある。

本尊はやはり、地中に埋められているのだとか。

ちなみに本堂厨子裏にある千手観音は、裏観音と呼ぶようだ。

| | Comments (0)

テレビの撮影

今日はジムでマユリ先生の取材があって、ムービーダンスのレッスンも撮影されるとのこと。
気が重い。
とは言え、最初から休まずに参加しているので、今回だけ休むのも変だし・・・;;;
いつも一緒に入っている人達と、ため息をつきながらしぶしぶ行くことに。

先生はいつもながら見とれるほど美しい。うっとり。
・・・だから、撮影の依頼も来るのね。
衣装はインドで調達したとのこと。いいなぁ。

で、撮影。
いつものレッスンに、カメラとカメラ助手とアナウンサー兼アシスタントの3名がうろちょろ乱入した形。
もう開き直って、いつも通り、大汗かいて(今回は違う汗もかいたか)すっきり踊りまくったのだった〜。
いっぱい間違ったけど、どうでもいいわ。

放送は月火のバラエティーで、5分ずつだそうなのでちょっとホッとする。
5分なら、先生しか映るまいよ。

ちなみにうちのダンナさんも、先生にばったり遭遇したため、ジムのスタッフらみたく、賑やかしに入らされていた。
これを機会に、ダンスのレッスンを続けさせようっと。(忘れたとき用に、振り付けを覚えてもらうのだ)

話は変わって、うちの両親が高齢者向きの賃貸マンションに入りたいとのこと、ケアマネからTelあり。
明日、見に行くという。それがうちの近所。・・・計られたか?
明日は私、西国巡りだから付き合えない。
さて、どうなることやら;;;

| | Comments (0)

西国秘仏ツアー穴太寺成相寺松尾寺

意外と予定通りに行って帰ってこられたなと。
平日だものね。

晴天の行楽日和。
参加人数は29名で、一人参加が多いのも今回の特徴かも。
2人掛けを一人で独占して、ゆったり。

まず穴太寺。
前と違って向かって左のお庭拝観のところから本堂に入る。
本尊は絶対秘仏の薬師如来。
今回の御開帳は、本尊の向かって左の聖観音。
向かって右は、御前立ち。(こちらには灯りがあって、いつも見られる)
聖観音の印象は、金ぴかの威厳ある風格だった。顔は恐くないけど。
今、調べてたら、漆の聖観音があったが、1968年に盗難・行方不明だとか。
撫で仏の、腰と頭を撫でておいた。
庭も見てみる。テレビの取材が来ていた。

天橋立近くの旅館で昼食。
座って食べられるって、いいなぁ。松茸ご飯だった。しんじょうも美味しかった。
昼食後、橋立の端っこを踏んで、近くの智恩寺の境内をぶらぶら。

成相寺。
ツアーで参加すると、お寺で話が聞けたりして嬉しい。
ここの秘仏は、聖観音。黒っぽいが清楚でどことなく乳幼児のようなお顔。
その腰をくねった姿について、住職代理に「衆生を助けるために右手を下に差し出すと、自然と腰が曲がるのです」と教わる。
龍の顔もしっかり見てくる。

松尾寺。
残念ながらもう宝物館は閉まっていた。
でも私達が最後の参拝客かも、で、暮れていく中、静かに拝観できた。
馬頭観音は、顔が馬の顔なのじゃなく、厳しい顔の観音の頭上にちょこんと白馬の顔が乗っている形。
ちなみに、また双眼鏡を忘れた。ツアーの参加者にちょっとお借りした。
馬の顔が、かわいい。遠目にはキツネにも見えなくもないが、玉眼?がくりっと顔の端にあるので。
 後記)ここはお願いすれば日常からご案内いただけるそう。
帰りがけ、バスからJR駅が見えた。猫さん、元気かな?

どのお寺でも、お経を読んだが、納経帳は持って行かず。
今回のキャンペーンでは、梵字の紙片がもらえるみたいで、前の散華より字がカッコイイかも。(^^;)
でも、集め損なったので、もういいや。

| | Comments (0)

丹波の「おみや」

「おみや、おみや〜(のだめの真似)」と嬉しがって、昨日買ってしまった、黒豆の枝豆と栗。
枝豆は枝から離してある、一粒二粒入りの安いヤツ。→中身は黒豆だもの
栗は面倒な鬼皮が剥いてあるヤツ。→渋皮煮にするのだ!

それを何とかしなくちゃ、と。
栗は昨日から重曹(が無かったから炭酸)を入れた水に漬けておいたのを、茹でて冷まして渋皮を綺麗にして、4回くらい水を換えて茹でて、砂糖を栗の半分くらい(を更に半分ずつ)入れて煮て、今は味を染み込ませるために寝かしてるところ。
明日、栗を取り出して、煮汁を煮詰めて塩を入れる、っと。(メモ)
枝豆は、さやを切って、塩もみして、たっぷりの塩水でさっと茹でて、ざるにあけてうちわで扇ぐ。

何だか、けっこうかかりきり。

渋皮煮、自分では初めて作った。
正月まで持たないだろうなぁ。(^^;)

| | Comments (0)

HPAC 019

久し振りな気がする。
PACのオーケストラの音を楽しんだ。
指揮者はケン・シェ、ピアノはC. カツァリス、ソプラノは幸田浩子
ベルリオーズ:「ファウストの劫罰」より”ハンガリー行進曲”
リスト/バーマイスター編:ハンガリー狂詩曲第5番 
シューベルト/リスト編:「さすらい人」幻想曲
マーラー:交響曲第4番

演奏会のパンフレットの最初に、「演奏会でのお願い」というページがある。
キャンディーはパッケージから出して、布の巾着袋に入れましょう、とか・・・;;;
だんだんと、注意が細かくなってきた。
そこまで書いてあげないといけないのねぇ。
今でも、ハンカチで押さえもせずに咳をする人は、後を絶たないものねぇ。

若々しいPACオケ、一曲目から元気が良い。
演奏会は楽しい。一期一会、一瞬一瞬の繋がりを、大勢の観客と共有できる。
カツァリス氏のアンコールのバッハ、多彩な音色に心動かされた。
コンマスが楽器を持ち替えて、まるで違う音を奏でるのを「見た」のは良い経験だった。
キャトルメ氏も楽しそうに弾くんだなぁ〜。(^o^)

| | Comments (0)

ココログ書き込み遅すぎ

むきゃー。
一つ、日記をアップするのに、3分間待たされた。

と。
実家に、両親の体験入居用の荷物をまとめに行ったが、肝心の母親が教会に行ったまま戻ってこず、どのように荷物を纏めて良いか判らず、結局洗い物と洗濯と父親の世話だけに終わった。
時間が勿体ない・・・;;;

それから。
実家の庭がボウボウになっていたのを、植木屋さんみたいな人が来ており、木を切って根っこを抜いて、大騒ぎ。
聞くと、ン十万円も支払ったらしい。
それから。
灯りを2こ買い換えて、ン万円支払ったらしい。
あかんわ〜。ボケ老人さまさまやね。いいカモやんか。
あんな業者にもってかれるくらいやったら、私がたかったろか思うわ。

| | Comments (0)

高齢者向き賃貸・体験入居開始

両親が、賃貸マンションに体験入居。
値段、やっぱ普通に宿泊するより高いなぁ;;;
事務費まで取られちゃうし。
2部屋だし。2人部屋があると良いのに。

昨日、荷物を纏めなくちゃいけないのに、母が帰ってこなかった。
だからやっぱり、荷物の中に不要品が入っていたり(大豆やセスキはいらんだろう?)、必要なものがなかったり(って、ハンガーやゴミ箱まで必要だって、普通わからないか)で、結局、夜ダンナさんが帰ってくるのを待って、車で実家まで取りに行くことに。(--;)
湯沸かしポットもいるし、インスタントコーヒーとか塩胡椒とか〜。

かえって大変だ。こんなことは何度も繰り返してもらっては困る。
一度で入居を決めてくれたら・・・と思うが、2部屋は無駄だ。
コストも単純に倍なのが×。
遠い方だったら、2人用があるのにな。

| | Comments (0)

足りない

朝、4時に目が覚めて、寝られなくなった。
ので、エンディングノートの再請求。
本来は一人2冊まで。再請求、聞いてもらえたかな?(--;)
そこに、資産の詳細を記入するページがあるので、それだけでも書いてもらっておかねば。

両親の所に行く。と、父が薬を探している。
母は寝ている。また意識がなくなったらしい。
眠剤が効き過ぎたか、飲み過ぎたかで、血圧体温低下。
医師に診てもらったらしい。
介護施設じゃないから、薬は管理されていない。
ヘルパーさんが来て、100均の薬を分けるケースに、一回分ずつ分けてくれた。

私はまた、実家に。
荷物の足りないものを取りに。

と。
母の財布にはもう、小銭しか残ってない。
ヘルパーさんが来ても、買い物にも行ってもらえない。
カードを預かったが、残金はあるのかなぁ?
私の立て替えている分も、返して欲しいよう;;;

| | Comments (0)

要介護区分変更のお願い他

インドムービーダンスのレッスン。
放送は終わった。
生徒が少なくなった。なぜ?
私らの宣伝効果無し?(--;)

さて、うちの親。
カードを借りて預金貯金を見てみるが、残金僅か。
少しだけ引き出して、日々のご飯代にする。
これでは、賃貸を本契約するなんて到底無理。
ひと月のショートステイも難しい。
ので、かき集めなくては・・・。
がう〜(気合いを入れる)

マンションの仮入居契約について、「延長したい」との意向を、一応ケアマネに報告する。
そして大体の予算について探りを入れたら、夫婦で月30万くらいだと。
やっぱ、うち、売らなきゃ〜〜;;;て、売れるか知らん?(--;)

そして、介護認定。
区分変更してもらうのに、市役所に電話。
状態を説明すると、すぐに対応してもらえた。
意見書を書いてもらうかかりつけ医に電話するも、休診日。
メールしておいたが…。

姪っ子にも知らせる。速達で送っておいた。
お金の請求もね。(^^;)

やらなきゃいけないこと。
・家の庭、手付け金ン万で工事は止まっているらしい。
(ン十万払ったわけじゃなさそうだ。本当か?)
どのみち止めさせなきゃ。残金が請求されないよう、契約書とか探すこと。
・通帳印鑑を預かること。あやつに隠されてないかしらん?心配だが。
・本契約ということになれば、持ち物も選別しなきゃ。
・新聞を止め、郵便の宛先変更届け

| | Comments (0)

本契約に向けて

うちの親のいる場所は、本契約を前提の仮入居用。
だからもし、ひと月用のショートステイになる場合、部屋を変わらなければいけない。
変わってしまうと、今の部屋には別の人が入ってしまうらしい。
もう押さえておけない、ということ。

本契約しちゃわないと、もう、居宅介護なんて無理だってわかってる。
本契約。いくらいるんだっけ?はぁ〜。

金〜金〜お金はどこに?

母は「うちはお金がわいてくるのよ〜」と言う。
だといいねっ(怒)

驚いたのは、ぜぇーったい家じゃなきゃ嫌だと言っていた父が、割と強く入居延長希望を申し出たらしいということだ。
代表取締役のFさんから、電話で聞いた。
本当は私からお願いしなくてはいけないところ、我が家にだって降りかかってくるかも知れず、不安があるんだもん、言えないじゃないの;;;
父は、まだ家を売るなんて論外だと思ってるだろうなぁ。
今は別荘に静養に来てるみたいな。

もう本契約に向けて、動き出していることは確か。
神経がピリピリする。

| | Comments (0)

PAC・ハイドン&バッハ

芸文小ホール、名前が変わって芸文「神戸女学院」小ホールて;;;
前にこのコンサートの予約したとき、場所を間違ったかと思った。
・・・財政難なのね、ぐすん。

気を取り直して。
コンサートは素晴らしかった。
思った通り、少人数だけどちゃんとキャトルメさんいたし。うふ。

バッハを小ホールで室内管弦楽、というのは、すごい。
「音の洪水」というのを立体で体感した。
本当に、すごい。
今持ってるバッハのCDはダメだわ。全然、あんなふうに聞こえてない。
チェンバロがどぅろぉぉぉぉ・・・・と響くところから、違うもの。
管も弦も直接音をばんばん聞けて、ホールの余韻が後追いしてくるの。
音波に揉まれてくらくらしてくる。
んと。もう一人のクリストフさん、フルートみたいな音してた。
キャトルメさんがオケの音合わせで、単独で音を出した・・・のが聞けたのもFan。(^^;)
カーテンコールの際、何回か目があった気がしたのもFan。

あれで3000円はリーズナブルだなぁ。嬉しいなぁ。
だから、PACは財政難・・・。(--;)

| | Comments (0)

他人の金策

高齢者向き賃貸の体験入居も、本来は今日まで。
でも本契約を前提に、ということで、延ばしてもらっていた。

実家を捜索、通帳や保険証書をかき集めてくる。
(あー、怪しい。胃が痛い。)
通帳と母の言うことを評価して、預金額と月々の収入がわかった。
(ひぇ〜思ったより少ない。どうやって生活してたんだ?預金食いつぶし?)
それに、印鑑がない。どこだ〜?
(うちのお金で立て替える?ダメダメ、ここははっきり線引きするのだ。)

現金を用意できるだけ用意して、賃貸マンションへ。
なんとなればひと月のショートステイでも、と思い、ギリギリの現金。
で、まだ、本契約を躊躇っていると、あっさり「では今日で出て行ってください、次に入りたい人がいますので。あ、ショートの部屋も今日埋まりました〜。これで空室無しです。」と。(--;)

えーい!

本契約だ。もう決めた。
こんなことは何度もあってはいけないのだ。ラストチャンスと思わねば。
・・・とは言え。
持ってる現金は、本契約には全然足りてないわけで。
明日には振り込まなければいけない。
信託・・・あーあ、四分の三になってるよ・・・のカードがあったから、それにかけよう・・・。

誰か、家、いますぐ買って。

| | Comments (0)

帰った

「今日、帰ることになっているの〜♪」と朝、母が主張していたな。

今日は本契約に必要なお金を作って振り込むべく、動いた。
朝一番に銀行に行って、普通口座にあるだけではカードで満額下ろせないことがわかった。
定期を一部解約しないといけない。で、父に委任状を書いてもらわなくてはならなくなった。
委任状の前に、銀行印を探しに、また実家へ。
再度母に聞いていた場所を見ると、あった。
印鑑登録のカードもでてきたので、助かった。
それから、賃貸へ走って委任状をもらった。
一旦帰宅して、書類を入れたり出したりした。それがいけなかった。
銀行に戻ったら、委任状を忘れてきた〜。(汗)
また、帰宅。(泣)
それからは電車を使わず、かっこん号を漕ぐ。
が。銀行で委任状を出したら「筆跡が合わないので、電話しても良いですか」と。
無意味な努力をしたのね・・・元から、電話してよっ。(泣)
うん、その時は、まだ、そこにいた。おかげでお金を引き出せたから。
隣の銀行で振り込み。
その後、住民票と印鑑証明を取りに隣の市まで。
かっこん号、がんばる。

夕方になって帰宅、月曜日のお掃除をして、ちゃんと食事の用意もする。
神経がぴりぴりしているからか、不思議と疲れない。

ダンナから帰るコールが鳴る頃、ケアマネから電話が掛かった。
「ご両親、実家に戻ってるの、知ってました?」
「ぇ;;;」(絶句)
「3日ほど、家にいるそうです。ヘルパーに予定を調節してもらっています」
「はぁ;;;」

バカンスはひとまず終わりってこと?(T^T)
二重生活って、どれくらいお金がかかるんだろう? くらっ(目眩)

・・・もう、投げ出しても良い?・・・;;;

| | Comments (0)

無駄な努力してる気が

帰宅してしまった両親。
家にはあやつもいる。
きっと、寿司かピザでも出前してどんちゃんやったんだろうな・・・。

朝、行ってきた。
案の定、ピザの食べ残しが。

昨夜は寒かったが、布団はお客様用のがあったみたいね。

お試しのつもりがずっと居残りさせられたため、荷物も完璧じゃないし、一時帰宅で取りに戻ったんだと思う。
でも、ここは心を鬼にして、勝手に帰ったことを叱る。
母は小さくなり、父は困った顔をする。

お金のこと、言い過ぎたと思う。
でも実際に出て行く分の方が入ってくるより多いの。
その上、家賃が・・・。ふたつも家、持てない。
でもでも・・・;;;
家で嬉しそうに寛ぐ両親を見ていると、この家はまだ売れない〜。(泣)

また、父親に委任状(どうせ破棄してくれと言われるとわかっていながら)を書いてもらい、もう一度銀行に行く。
定期を一部普通に。そして少し引き出す。
暫くの間、これを生活費にしてもらう。
のと、植木屋対策。

植木屋、きのう家に行った時、紙切れに電話番号が書いてあったので、うちに持ち帰り、ダンナさんに電話してもらった。
途中だが、工事は途中で一旦止めてもらうことを伝え、支払いのことを聞く。
何だか、木を発注しているらしく、あとン万円欲しいみたい。
口約束だし、あとン万も払う義務あるの?
相場はどれほどなの?値切れないかな?
明日は消費者センターに行ってみよう。(--;)

なんか、努力してもお金は出ていく一方、要らないことをしているみたい。
がっくり。orz

| | Comments (0)

本契約

賃貸マンションの本契約。
両親は実家へ帰ったまま、私だけがマンションに行ってきた。
の前に、慌てて保証人にならされてしまった私の印鑑証明取ったり。

ふぅ。
これで毎月30万円の出費。家賃やら何やら。
お金だけがすごい勢いで出て行く。
本当にこれで良かったのかな?
これって、介護側が楽したいから、だけ。
でも早かれ遅かれ、もっとしんどい日が来るはずで。
だけどずっと一生支払えるのかな?

本当に、これでよかったのかな・・・。

と。
消費生活センターに相談に行ってみる。
が、植木屋は留守で、話にならなかった。
相談してて思ったことは、やはり成年後見とか必要になるかも。
って、そんな財産持ちじゃないんだけどね。
なけなしの財産を温存せねば。
植木屋の出費、できるだけ抑えたい。

| | Comments (0)

すいとうしょう・・・じゃなかった

実家に戻っていた両親が、賃貸へ帰る日。
朝からバタバタ。
まず創価。昨夜実家へメンバーが来たらしい。
その時、例の植木屋が請求書を持ってきていた。
その件で、家の者が双方に私の携帯番号を教えてしまった。
朝になって植木屋から電話が来る。しかたなくダンナにン万円渡して、けりを付けに行ってもらう。(これで良かったのか;;;?)
そして夕方、知らないヤツから携帯に電話が。うちの実家の知り合いです、って。両親に聞いても知らないという。
創価か。むっきー(--#) 着信制限する。

両親のそれぞれ元主治医から、新しい主治医への紹介状を書いてもらい。
ひとつは、直接先生から先生にfaxするとのこと。(父の言、信じても良いか)
母の分は、先生から預かって、薬と一緒に空さんに渡した。

そして母の検査に付き添う。
ケアマネから「水頭症」ではないか?との指摘があり、CTを撮りに脳神経外科へ。
でもブー。水頭症じゃなかった。
なんか、またここで要らんことしたみたいな。

検査が終わってタクシーを呼んでもらい、実家に一旦帰って父を拾い、同じタクシーで賃貸へ。

実家であやつが「私のカードは?」とか聞いていたが、母にそんなもの渡す方がどうかしてる。
見つからず。私もそこまで関知できない。
わぁーっ。もうここでGive up。

ダンナに迎えに来てコール、その時に両親用のお弁当を買ってきてもらい、ダンナが来てお弁当渡してすぐ帰宅。

ホッとしたいところだが。
ダンナの親も、どちらも変になってきてるらしく、携帯のことで騙されたとか何とか。
わぁぁぁぁ;;;

だんだん、崩壊への道を歩んでいる気が・・・;;;

| | Comments (0)

« September 2008 | Main | November 2008 »