« January 2009 | Main | March 2009 »

February 2009

困った三位一体

両親のケアマネさんと、妹の自立支援の人と、合同会議。
3時間も缶詰。(泣)
お金はなくなるし家も売れないので、両親を家に戻すことを前提に話する。
先立つものがないと、何もできない。

問題は、両親が家に帰れば、妹は再びおんぶにだっこ、なところ。
自立支援の人も「彼らは離れられない」と言い切る。(汗)
言い切らないでよ。でなきゃ、いてる意味無いやん。
ケアマネさん、青ざめて黙ってるし。
・・・ホントにあの三位一体には悩まされる。

過度な介護もどうかと思うようになってきた。
昔だと寿命と諦めたのが、今では責任問題だからなぁ。
とあるBlogで「老後は世界を放浪して行き倒れ、無縁仏になりたいわ」みたいなことを書いていた人がいたが、今や四国お遍路ではそれも叶わないか?

| | Comments (0)

機動警察パトレイバー?

コネタマ参加中: ドラマ化してほしいマンガはどれ?

宮崎哲弥氏が「実写化して欲しいマンガ」で、これを言ってた
ので、メモ。(^^)
機動警察パトレイバー
押井守作品の原点、てか〜・・・。

てっちゃんねるで名前が出てた記憶があるが、まだマンガもアニメも見たことがない。
ダンナさんは知っていたけど、自分の趣味じゃないって。
小難しいのを嫌うからなぁ。
てことは私は見てみたいぞ、と。(^^;)

| | Comments (0)

自分

change って言っても、他動詞じゃなくて自動詞。
So far my thought have not changed. But...

まだ実践してないけど、坐禅してみたい。←曹洞宗
自意識の解体〜自己の再建。(『仏教は自己を問う者に示す道を持つ』南直哉)
「縁起」「因果」「四諦」を、繰り返し勉強しながら。

・・・また、風邪引いてしまった;;;

コネタマ参加中: あなたが“チェンジ!”したいものは何?

| | Comments (0)

精神病ですか

頻繁に風邪をひくのはストレスが原因かと。

また母がやってしまった。

母は腰が曲がってしまってから、老人用の手押し車を使っている。
荷物が入り腰掛けにもなるんだが、大きいし重いんだわ。(汗)
それを持って出かけ、買い物をした帰り、バスに乗ったときのこと・・・。

バスには車椅子の人がひとり、既に乗っていたそうで。
だからか運転手は、母の乗降の際、一切の補助をしなかったらしい。
それどころか「もう乗るな」と言われたとのこと。

実際にその場にいなかったので、何を理由にどういう口調でそう言われたのかはわからない。
でも言って良いの〜?そんなこと>国道バス

で、マンションに帰ってから、そのことを思い出す度に腹が立つ母は、周りに当たり散らしていたらしい。
妹が電話してきて「ヘルパーによると、物を投げたりして、手が着けられないくらい荒れていた」とのこと。
これも見ていないので、どの程度なんだか判りかねるが;;;

んで、とうとう、ケアマネからも「精神病院に入院した方が良いのでは?」との〈お墨付き〉をもらってしまった。

はあぁ〜;;;

ならば障害者手帳が交付されるか?→大手を振ってバスに乗れるかw

つか、私にもその血が流れているほうが、恐い。

| | Comments (0)

PACバレンタイン名曲コンサート

指揮は岩村力。
もちろん(^^;)一番聴きたかったのはラフマニノフPcon2。生は初めてなので。
ピアノは外山啓介。背ぇ高〜。グランドピアノが小さく見える。
手も大きい?最初の和音届いてたと思う。すごー。
演奏は難曲なのに巧くて、粒立ちの良い心地よい音色と、若々しい力強さがバランス良かった。
多彩な音色って言うのかな?いろんな表情ができるのね。素晴らしい。
(おばちゃんとしては、円熟期まで見届けられないのがサビシイ。)
PACの演奏ともマッチしてた。や〜、クライマックスは鳥肌。
アンコール曲も迫力あってすごかった。オケの音みたいだった。
あと、ロメオとジュリエットのひとつ目がミルヒのテーマだから、どっちも「のだめ」でお馴染みの曲。
・・・生はいいなぁ〜!

プログラム
ボロディン(リムスキー=コルサコフ&ストラウド編):ノクターン
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番
(アンコール/ あとで)
リムスキー=コルサコフ:スペイン奇想曲
プロコフィエフ:「ロメオとジュリエット」組曲第2番
(アンコール/ あとで)

| | Comments (0)

ハチャメチャ予感・谷汲山行予約+石山寺オプション

禅について勉強するうち、もうどうでもよくなりつつある札所巡り。
けれども、やっぱり気になっちゃう「結縁御開帳」・・・。(^^ゞ

3月1日から54年振りの御本尊開帳となる、谷汲山華厳寺。
行くか行くまいか、今日まで迷っていたけど。
ダンナさんが「一緒に行く」と言ったので、即、宿の予約をした。(^^;)
日帰りでも十分なところ、周りの自然を満喫するためにも、門前に宿泊することに。

あ。
予約してから思い出した。
前に最初の満願で行ったとき、周りの自然て「スギだらけ」だった。(汗)

本当は後ろの妙法が岳まで登ってみたいんだけど・・・検索してみたら、杉花粉か雪か、どっちかに行く手を阻まれそうだ。

もし鼻炎が悪化しそうだったら、戻ってきて石山寺に行くことにしよう。
(どっちもどっちか?)
石山寺も秘仏で、同じく3月1日から開帳される
午前中は参拝不可とのこと。

と。
全部書いたところで、こんな書き込みを発見。
****ここから****
359:ナムさま :2008/07/08(火) 20:55:41 
始めまして、私も、皆さんの話を読んでいて、思いました。
天台宗ですが、代々、住職の世襲がなかった時は、谷汲山華厳寺もうまくいっていました。
住職が、次に、自分の息子をさせようとして、修行僧を追い出して、息子達だけにしたから
お経が読める僧侶がいなくなり、葬式・法事をしてくれなくなり、仏像も盗み出したりして、
めちゃくちゃな寺になりました。
来年の御開帳も、偽者の本尊でやるそうだよ。
檀家は恥ずかしいと言っているよ。こういう寺が多いのかな。
だけど、こんな可哀想な寺は、みんなで助けて欲しいな。 
****ここまで****

また

****ここから****
● 華厳寺本尊に真贋論争(2008年11月26日)
 岐阜県揖斐川町谷汲山で、本尊の十一面観世音菩薩立 像が、寺創建時の本物か途中ですり替わった模造仏かで「真贋論争」になっている。
 華厳寺は、西国三十三カ所霊場巡りの満願札所で、本尊は秘仏として、寺の創建の延暦17(798)年から受け継がれてきたとされる。
 昨年1月に一部の檀家らの依頼で行われた文化財調査で、本尊を確認した仏教美術研究家星野直哉さんが、各時代の特徴が混在しており、面相が面長で、明治 時代に流行した模造仏である可能性を指摘した。
 これに対して、寺側は昨年7月に大阪大学藤岡穣准教授らに鑑定を依頼し、飾りなど一部は近世に付け加えられたとみられるものの、本尊自体の制作時期は飛 鳥時代と考えられると判断された。
 論争の背景には、住職の世襲をめぐる反発もあり、寺側と一部の檀家と対立を深めている。
****ここまで****

もうひとつ

****ここから****
289 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/01/06(火) 00:55:01

住職解任求めたチラシ…配布の檀家に賠償命令 
 2008年12月11日08:45  
 揖斐郡揖斐川町の谷汲山華厳寺(久保寺美好住職)で、檀家(だんか)らが配布した住職の解任を求めたチラシなどで寺の信用に傷が付いたとして、
同寺が檀家や信者ら12人に計8000万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決言い渡しが10日、岐阜地裁であった。
西尾進裁判長は「参拝者が減少した証拠はなく、社会的評価の低下による精神的損害にとどまる」として、うち10人に対し連帯して同寺に計30万円、
久保寺住職に計50万円を支払うよう命じた。
 
 西尾裁判長は「本堂が倒壊の危機にある」「多数の仏像が紛失した」などのチラシの記載について「社会的評価を低下させた」と認定。
記載内容などの大半を「真実であるとは認められない」とし、「主要な部分が真実」とする被告側の主張を退けた。
****ここまで****

まあ、最初から「もうどうでもいいか」と思ってるし〜。(;^_^A アセアセ…

| | Comments (0)

電話代の恐怖

ひえぇぇ・・・…
毎月、千円台だった母の携帯料金、あやつが勝手にプランを変更し(母名義のなのに何故に勝手にできるのか?)、来た請求が10万弱。
いったい何が起こった?
電話会社も電話会社。一旦「あれは間違い」と言ったらしいのだが、母が再度説明を聞きに行った時には「間違いと言ったのは間違い」だと。
障害者と知ってのトリックか?(怒)

こちらでは何が起こっているのかわからず、かと言ってあやつの尻ぬぐいなんてする義務は無し。

公共のナントカ相談に行かせるしかないか。
んで、解決しそうになかったら、あやつに払わせよう。

| | Comments (0)

だんまり

メールも留守電もシカトしてしまう。
あやつとケアマネさん、面倒なことは嫌になる。
郵便受けに入ってた配達物はOKだけど玄関のチャイムはパス。
配達だったら「配達で〜す」って言って〜。(^^;)

借りている本;
南直哉「語る禅僧」
宮崎哲弥「1冊で1000冊読めるスーパー・ブックガイド」
買った本;
南直哉「なぜこんなに生きにくいのか」
ひろさちや(監修)「禅を楽しむ本」

| | Comments (0)

退居の手続き

母が元気で出歩くようになり、金遣いが荒くて、賃貸マンションの家賃を払うのがもったいなくなった。
ひょいひょい出歩く母と、現場の介護会社との相性が悪い。
なのでもう、来月で退居することに。

その手続きに、今日行ってきた。
この先、実家の大掃除や引っ越しで気が重い。

訪問介護の人達にはお世話になります。(^^;)

| | Comments (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »