« May 2009 | Main | July 2009 »

June 2009

緩和ケア(ホスピス)入院の予約

一昨日、ホスピスの面談。入院の予約をしてきた。

その日、父のいる病院に行くと、心配していた「紹介状」と貸出用のレントゲン写真が揃えて置いてあった。(感謝)
母と、そのホスピスから巡回で出ているバスに乗って、病院へ。
そして面談。素直に思っていることを話した。
医師からは、入院の前提条件は「告知」と「本人の納得」だと言われ、転院する前には父に言わなくてはいけなくなったが。

昨日は母が父の傍で、泣き笑いの顔をしているのを見た。

今日、母はいなかった。
後で聞いたところ、美容院で情報を仕入れ、市営の斎場を覗いてリーフレットをもらってきていたらしい。
そういう時間が作れたのも、入院したからなので、よかったかな。

昔の訪看さんが、お見舞いに来てくれた。(母が電話したらしい。どこにでも言う。。。そんなじゃ密葬なんてできないよ〜;;;)
それをきっかけに、父の口内を清潔にできた。
先月末にはエアウエイを抜いてしまいもう入らなくて、口で苦しい息をする。
口の中が乾いていると、何を喋っているか聞き取れないんだもん。

訪問歯科にもらっていた、チュッパチャップスみたいな使い捨てスポンジ。
何十個もあるのを、使わなくっちゃ、なのだ。。。

| | Comments (0)

北島佳奈&クリストフ・キャトルメ〜デュオの愉しみ

ん〜しゅてきしゅてきheart04
今回はバイオリンのいろんな弾き方や音色が堪能できた。
おふたりとも上手だし、息もぴったり。
PACのひとりひとりってこんなにすごいんだ〜、と嬉しくなるコンサート。

最前列で上半身を捻ったまま鑑賞してたので、腰が痛。(^^;)
でも袖に引っ込んでも中の様子が見えて、ちょっと得した気分。
手まで振っちゃった。だって、カナチャンが振ってくれたんだもん。(*^^*)
キャトルメさんは手を振りなどしませんな。恥ずかし。

北島佳奈(Vn)
クリストフ・キャトルメ(Vn)
藤井快哉(Pf)

演目:
(ふたりで)
シュトラウスII:「こうもり」より第2幕フィナーレ
〜おはなし〜 (キャトルメさんが日本語をしゃべった!)

(カナチャン)
ブラームス:F・A・Eのソナタよりスケルツォ
エルガー:愛の挨拶
ショパン:ノクターン第20番嬰ハ短調
バルトーク:ルーマニア民族舞曲 1.棒踊り 2.飾り帯の踊り 3.足踏みの踊り 4.プチュムの踊り 5.ルーマニア風ポルカ 6.速い踊り

(キャトルメさん)
ラヴェル:ハバネラ形式の小品
パガニーニ:ラ・カンパネラ
マスネ:タイスの瞑想曲
ヴィエニャフスキ:「ファウスト」による華麗なる幻想曲

おはなし (カナチャン「クリストフとの愛は芽生えませんでした」(笑) だよね?彼氏見たこと有るもん・・・音楽で紡ぐ愛を感じて欲しいっていうことです。しゅてきheart04

(ふたりで)
ショスタコーヴィッチ:2代のヴァイオリンとピアノの為の5つの小品より プレリュード、ワルツ、ポルカ
サラサーテ:ナバラ
アンコール ドヴォルザーク:ユモレスク

| | Comments (0)

写真

父のいる病院に行くと、バイタルを測る機械がついていた。
危ない、ってこと;;;?
って、夜間はいつもついているらしいんだけど。
昨日は痰を取る、鼻から入れるチューブを嫌がって手で振り払う元気があったけど、今日は何だか悪そうに見える。機械が傍にある所為かな?
指先は退屈そうにイライラと動いてるんだけど、話しかけても辛そうな「うううー」みたいな答しか返ってこない。

で、眼鏡をかけていた。
母と妹が居て、「父の写真がないのでここで撮そうとカメラを持ってきたんだけど。いつもの眼鏡をかけて、入れ歯を入れて撮ろうと思ったら、入れ歯がもう口に入らない。写真が撮れない」と言う。

・・・写真なしで、良いですか・・・?

帰宅後、母から電話。
菩提寺に生前戒名をお願いしようと思ったが、「お宅の近所の寺に頼みなさい」と言われたと。
母は「これで安上がりに済む。肩の荷が下りた」と良い意味に取ったようだ。
近所の寺って、宗派が違うらしいんだけど、いいの?
おろおろ。

| | Comments (0)

ラベンダーと梅雨入り

今朝、ラベンダーが咲いた。
なので、うちでは「梅雨入り」なのだ。
毎年、ぴったしなのだ。

本当にぴったし。
今日、雨は降らなかったけど、九州から東海までが梅雨入りとの発表。

昨日は父親の看病を1日休んだ。
今朝、行ってきたのだが、一昨日より悪くなっているように見えた。
肺炎が悪化しているらしい。
って、前から睡眠時無呼吸症候群なので、呼吸が止まるのをずっと見てきてはいる。
それと変わらないように見えるのは、ほとんど眠っている状態だってことだから、やっぱり悪くなっているのか。。。

母が父の写真を探し出した。
(もし出てこなかったら、自分が描くって言ってたけど。(^^;))
二人で北海道旅行したときの、スナップ写真だった。
今時は、元気なうちに進んで遺影を撮影しておく人が増えたらしい。
母は「自分の分は選ぶのに苦労するくらいある」ってさ。
また、やっぱり菩提寺にお願いして、生前戒名をつけてもらったらしい。
母にもつけて差し上げようと言われて「クリスチャンですから」と断ったらしい。
本当はお布施が2倍になるのが嫌だったって。(^^;)

| | Comments (0)

明日ホスピスへ

父親の所に行くと、またエアウエイがついていた。
筋力が落ちて管が入れやすくなったのかな。
自分でも外す力もないってか。。。

後で母が行くと、その上酸素吸入までしていたとか。(汗)
で。
相談員に呼ばれて「ホスピスから部屋が用意できる、との連絡があった」と。
父は本当のホスピスを満喫できないほど弱っているが、それでも母のケアにもなると思い、行くことにする。
病院から看護師付きの寝台タクシーを出してもらうことになった。

ホスピスに入ると言うことは、いよいよ父に告知する時が来たということ。
何て思うかなぁ・・・、何て言うかなぁ。

| | Comments (0)

父の死

父が亡くなった。
あっけなかった。

今朝早いうちに目が覚め、ホスピスへの転院の段取りを思い浮かべていると、病院から電話。
「ちょっと悪いのよ。早めに来てください。お母さん、電話しても出ないんです。」
母に電話すると「ゴミ出しに行ってた」って;;;
で、急いで身支度してるともう一度、病院から電話。
「バイタルが下がってきているので、間に合わないかも知れません。すぐに来れますか?」
慌てて出かける。自転車で駅まで。そこから電車。

病院に着いたら、前でタクシーから降りている母と妹。
同時に着いた。
でも、みんな間に合わなかった。
30分ほど前に、サインがなくなったらしい。
でも、みんな揃ってから死亡確認してくれた。6時35分だった。

それから。
父の着て帰る服を母が選ぶ。看護婦さんすみません、ややこしい服で。。。
斎場に電話。部屋を押さえてもらう。
一部の親戚に電話で一報。その後「密葬で・・・」とのメールを入れる。
エンゼルケアの間、3人で缶コーヒーの朝ご飯;;;

納棺と葬儀の相談は家でするんだって。
なので介護事務所に電話して、急遽ヘルパーさんをお願いし、自宅の掃除の手配。
それに間に合うよう、母と妹を帰宅させる。
お通夜まで父は保冷庫に。(T^T)

寝台自動車の手配して時間を決めたら、後は待ち。
思えば、昨日来たときにしきりに手を動かして、何かを伝えたそうだった。
母は昨日「帰り際、手をぎゅーって握ってきたから『あ、元気やん』て思った」らしい。
父の傍にいると涙が噴き出るので、あちこち行ったり来たり。メールしたり。

車が来て、病院の支払いして、自宅に帰った。
斎場の人が3人待ってて、あっという間に納棺。
合掌して見送って、葬儀の細かい予定と見積もり。
公社がするのでリーズナブル。
お寺さんには「葬儀だけ」とあらかじめ伝えてあるが、再度確認。

全部終わって、ピザを宅配。
15時前には自分の家に帰り、今朝できなかった水遣りをした。
「父の盆栽と植木に水遣り」っていうのが、実家にいるときの私のお手伝いだった。
また思い出して涙。

| | Comments (0)

通夜

父の通夜。

朝からバタバタ。
死亡届を出す前に、銀行巡り。(汗)
で、死亡届。銀行近くの役場は、父が住民票を置いている所なのだが。
死亡届は「当人の死亡したところ」「当人の本籍地」「届出人の住民票があるところ」の何れかなのだ。
あら〜;;;当てはまらない。仕方なく戻ってこっちの役所で届け出。
がこちらには父の住民票が無いので、父の本籍地の番地が判らない・・・らしい。
役所から役所へ電話で問い合わせしてた。(汗)
で「死体火葬許可証」を渡される。←斎場で必要。
で、別の課で「死亡届記載事項証明書」をもらって、コピーを取っておく。←生命保険用
(きっと市の葬儀じゃなかったら、こういう手間は業者任せなんだろうな)

斎場に駐車して、事務所で火葬許可証と火葬費用実費を渡し、段取りの確認。
葬儀費用詳細を示される。明朗会計、しかも民間よりかなりリーズナブル。
お寺さんに出すお礼の方が、かかる・・・;;;

斎場から実家に歩いて行く。
何時の間に何処から父の遺体が搬入されたのだろう?
時間前に早く着いた親戚から家に電話が入り、「もうパパ居てるよ。でも他に誰もいない。」
ひゃ〜;;; また遅刻;;;

歩いて斎場へ。
お寺さんは来ない。
親戚(近い家族だけのはずだった過去形)が次から次から訪問してお別れ。
夕方には割引券が使える寿司屋に、人数分を注文。
(注文後に来た訪問客が居座って、足りなくなった。ひぇ〜;;;)
おかげで通夜振る舞いは、10人以上いたのに1万円もしない。
もっと遅く来た家族(近い家族だけって言ったのに、血の繋がりのない人までいっぱい来た;;;)がいて、ピザを注文してもらう。
どこまでもケチな私。

忘れ物を取りに、家を往復。(汗)
ダンナさんは家に。私は実家に。
で、斎場まで行ったり来たり。
誰が居て誰が帰るか、で迷いに迷って時間が過ぎるばかり。
もっと早くに決めとかないとダメね。

私は実家に帰った。が、もう寝るところがない。
台所に座蒲団敷いて横になるが、ほとんど眠れない。
3時になって母が起きた。で、私がその後に2時間くらい寝たか。

| | Comments (0)

葬儀

父の葬儀。

朝、事務所に行って、先に葬儀代金を支払う。
お茶係の女性が付く。葬儀費用とは別に、封筒に代金を入れて渡した。
この人は必要。何せ段取りに長けてて、もう頼りっぱなし。
僧侶に控え室で挨拶。お布施にキリの良い金額をばっと入れて渡す。色々分けない。まとめて渡した。
が、後になって母が初七日まではお願いしていなかったと発覚、慌ててお願いする。
その分お詫びのつもりで、後の初七日の直前に斎場で大胆にもう一度お布施をした。

僧侶の読経が始まると、知らない人まで何人かお見えになる。
そしてお断りしているはずの香典を置いていく。あー困る。

最後のお別れ。
パパさん、顔は黄色いけど、唇はきれいだったのが印象的だった。
家族だけでお別れだったら泣きじゃくっていただろうけど、他人がいぱいで泣けないやん;;;
花以外に、杖とスイカとママの描いた絵手紙と煙草とマッチと練香を入れてあげた。(なんてバラバラな取り合わせ)

霊柩バスというのがあって、棺桶と一緒にバスで移動。
バスに乗れない人は、自家用車で。
バスに乗れないくらいの人が来るはずなかったのに〜;;;

火葬まで少し早めに段取りが進んでいる。
なのでお骨上げもやや前倒し。
お昼は一旦解散して、銘々で取ってもらうというケチケチ作戦。
本来なら精進上げのところなのにねぇ。
だって、密葬って言ってるのに、いぱーい来るから。
もう、知らない。

私らは斎場でコンビニサンドイッチを頬張った。

再度、火葬場へ。
控え室に展示されている骨壺を見て、好きなサイズを選んで購入。
4寸4200.-を選んだ。小さい? って普通どれくらいなんだろう?
お骨上げを済ませて、斎場に戻り、初七日。
それが済んだら、親戚一同がどばーっと香典を持ってきた。(汗)
これまでぼちぼち受け取っていたから、もう返すわけに行かない。
あーケチケチしてすみませんでした。

やっと全部終了。
疲れて帰宅。早めに寝る。

| | Comments (0)

中休み

朝のうち、ジムに行く。
その後実家に何か持って行った。何だっけ?
そして図書館に本を借りに(地球の歩き方・インド)
カフェがいっぱいだったので、仕方なく電気店の隅で自動販売機のコーヒー。
疲れた。
早めに帰る。

| | Comments (0)

皆既日食ツアー予約

父がホント僅かな遺産を残して逝ってしまい、母を見ていかなくちゃいけない重荷を負った。
それで、というのもあるし。
息抜きに、2泊3日の上海皆既日食ツアーを予約してしまった。

その母の面倒が、今日から始まった。
かっこん号が活躍する。
朝のうち年金を引き出しに行って、別の所に預けた。
その後、買い物をして実家に行った。
明日、届け出などのため、一緒に市役所に行くことにした。
後の相続手続きのため、妹の印鑑登録もしてもらっておこう。

昼ご飯の後、簡易保険の死亡保険金を受け取り手続きに、母を連れて行く。
母の口座をもうひとつ開こうと思ったけど、ひとりひとつだって。
(別の〒ではOKて言われたのに・・・;;;)
保険金、生存一時金を受け取っていたので、思ったより少なくがっかり。
それを母のお財布口座の定期に2つに分けて貯金。

帰りがけ、ガーデニングショップで紫陽花を2種類と、野菜の苗(つか、もうなってるし)を買う。
紫陽花の名前、何て言ったっけな〜?一つは白い山アジサイで大島手鞠、一つは青い小さい花の・・・忘れた。(^^;)
母に「毎年紫陽花が咲く頃、パパを思い出すね〜」と、枯らさないよう念押しに言っておく。

| | Comments (0)

市役所で

朝、母と妹と隣町の市役所で待ち合わせ。
かっこん号、また頑張る。途中、昨日の保険金の端数を引き出す。

近くの銀行で、母の口座を開設。
これからここが母のメインバンク。
ネットでも使えるように申請しておいた。
保険金の一部を入金しておき、利子を増やそうと無駄な努力。(^^;)

妹が印鑑登録して証明を出してもらってる間に、母の印鑑証明と住民票を取ろうとした。
すると、こっちの市では父はまだ生きてることに。(汗)
死亡通知が行き渡るのに、そんなに時間がかかるものなの?
だけど、死亡届記載事項証明のコピーを見せたら、除票と世帯主変更した分の住民票を出してもらえた。
こんなんじゃ、遠いから郵送で取り寄せになる戸籍の方が思いやられる;;;

各種保険証を返還。
葬祭費が出ると言われた。

ここでお昼ご飯しに、うどん屋さんに。

障害者手帳を返すとき、母が父と使っていたタクシー券も返さなくてはならず、しきりにもったいながっていた。(誰のためのタクシー券?)
手帳をコピーしてもらって、税務署での申告のために置いておくことに。
そして写真の部分だけ、母に戻ってきた。

年金関係は社会保険事務所で手続きせねばならないそうで、日を改めることに。
・・・って、必要書類を聞こうとホームページを見ても載ってないし、電話しても「混み合ってます」と跳ねられる。
仕方ない、今度、受付だけ行ってみるか。

| | Comments (0)

パスポート期限切れだなんて

上海行きを予約する時、パスポートの期限が切れてたことに気付いた。
すぐに郵送で手配。
あああ、速達にしたら良かった。
間に合うかな;;;?

と、パスポート用の写真をどうしようかと思いながら、自分の印鑑証明を取りにこっちの市役所に行ったところ、証明写真を撮るボックスがあったので、そこで取ってみる。
うはは「食べて痩せる」みたいなこと言ってた真っ白な美容家みたいに写った。
仕方ない。高かったし。(やぱ、自分で撮るに限るね、デジカメ有るのに)

で、印鑑証明を申請しながら、ついでにパスポート用写真のおまけ写真で住基カードも申請しておく。

ジムでシャワーだけ。
夜はインドムービーダンスでワッショイワッショイ。

| | Comments (0)

西北めぐり

朝〜昼はジム、インドムービーダンスに出る。
先週、これを休んでホスピスに行くはずが、父が亡くなった。
うーんと思い出すと、父との最後のまともな会話が「インドダンス(の撮影)は終わったのか?」だったんじゃないかな?と。(泣)
死ぬ前の日、夜のレッスンが気になって、早めに病院を後にした。
それが最後だなんて。

ダンスの後、本を借りにと、昨日予約したチケットを引き取りにと、母に頼まれた氷上牛乳を買いに西北へ。
西北の東北・南西・南東と巡る。(^^;)

で実家を往復。
戸籍謄本の取り寄せの本人確認用に、母の保険証をコピーする。

| | Comments (0)

社会保険事務所の受付だけ

必要書類が判らないまま、早く届け出だけでもと社会保険事務所に行く。
でも、急がなくて良かったみたい。
14日とか10日以内とか、そんな期限を書いてある書物もあるみたいだけど、ここの事務所では急かないのね。
なので、届け出はしなくて、提出用の必要書類だけ聞いて、書き込む書類ももらって帰る。
遺族年金の裁定用書類も。

あちゃ。
母の所得の証明取りに、また市役所に行かなくては。
って、今日は母はいないし、行っても取れなきゃやだし、帰ることにする。

帰りがけ戸籍謄本を申請するために、郵便局へ。
全部事項証明の謄本が、年金3種類用と相続関係(こっちはコピーして持ち回り)で4枚。
原謄本を1枚(高いから、全部で持ち回りにする)。
2550円分の定額小為替は4枚になる。手数料400円もかかった。

その後は家でぶらぶら。
久し振りに昼寝した。
これからトランスフォーマーリベンジ見に行く。

| | Comments (0)

沙羅双樹

妙心寺東林院に行ってきた。
「沙羅の花を愛でる会」鼓月の和菓子と抹茶付き。

むかーし、大学のゼミの教授と生徒4人で行ったとき、雨降る平日の朝早い時間で、他に誰もいなくて、静かに鑑賞できた。・・・実地学習、楽しかったなぁ。
あの時は、大きな沙羅の木が枝を広げていて、そこからしっとりふさふさの苔の上に、ぽたり、ぽたりと花が落ちてくるのを「諸行無常」と感じ入った・・・つもりだったか。
色白な教授、それから数年後、ぽたりと落ちるみたいに心臓麻痺で亡くなった。(泣)

何十年かぶりに行ってみて驚いた。
沙羅の大木は枯死しており、空がぽかんと空いて見えた。
残っている木の幹に、数珠がかけてあった。
庭に、数本の若い沙羅の木がぽちぽち咲いているのだが、花数は少ない感じ。
それに、今年は梅雨入りしてからずっと晴れてるので、案の定、苔が茶色くなっており、上に落ちた沙羅の花も縮んでいた。
土曜日で人も多い。お土産まで売ってる。(胡麻豆腐を購入^^;)
・・・むかーしとはかなり印象が変わった。

妙心寺を後にして妙心寺道を東へ歩く。
路地を通ったりして、日活の映画館のところから千本に出て、はちはちに行く。
サンドイッチの昼食、ライ麦パンを一本買う。
綾綺殿でお茶して大宮まで歩いて帰った。

| | Comments (0)

相続の手続き

信託銀行に残っていた金融商品、母親に名義変更する手続きのため、実家に妹と集合。
おねいさんの言うがままに、母親の口座を開き(これがまた金掛かるし)どこぞの国債(でないと、リスクの大きな商品は年齢制限がある)を運用する商品を購入。

父親の元金はン十万も減っている。
取り返しできそうにはないが、少しでもカムバ〜ック。

って、書いててまだ理解してない私。こういうの、受け付けない;;;

自転車で往復、その後買い物に行って、ジムにシャワーだけ使いに行った。

| | Comments (0)

医療費控除の表作り

何だか喉が腫れて痛いので、ジムは休みにする。

朝のうち、ダンナさんが用意してくれたIP電話で、東京の共済年金のところまで電話。
聞くと、水曜日に書類を送ったとのこと。
今日には実家に着いているだろう。なーんだ、電話代損した。(^^;)

一日家にいるのでその時間を利用して、前から両親に頼まれていた、医療費控除申請用にレシートを整理して表にする作業をした。
H.19〜今年分まで3年分、昼から夕方まで掛かった。(汗)
去年から今年にかけて、なんともおむつ代の多いこと。
使われなかった分が痛い。(--;)
・・・ウチノネコも最後の数日間、おむつしたなぁ。
人生最初と最後には、きっと誰でもおむつのお世話になるのね。

| | Comments (0)

HDクラッシュ?

前も、この時期だったかなぁ?
HDが動かなくなった。
なのでパソコンが立ち上がらない。

ダンナさんのリブレットを使わせてもらっている。
何かと不便だ。

HD、おシャカなんだろうか?
前みたいにエアコンつけたら直るかな?

諸行無常;;;

| | Comments (0)

« May 2009 | Main | July 2009 »