« 社会保険事務所の受付だけ | Main | 相続の手続き »

沙羅双樹

妙心寺東林院に行ってきた。
「沙羅の花を愛でる会」鼓月の和菓子と抹茶付き。

むかーし、大学のゼミの教授と生徒4人で行ったとき、雨降る平日の朝早い時間で、他に誰もいなくて、静かに鑑賞できた。・・・実地学習、楽しかったなぁ。
あの時は、大きな沙羅の木が枝を広げていて、そこからしっとりふさふさの苔の上に、ぽたり、ぽたりと花が落ちてくるのを「諸行無常」と感じ入った・・・つもりだったか。
色白な教授、それから数年後、ぽたりと落ちるみたいに心臓麻痺で亡くなった。(泣)

何十年かぶりに行ってみて驚いた。
沙羅の大木は枯死しており、空がぽかんと空いて見えた。
残っている木の幹に、数珠がかけてあった。
庭に、数本の若い沙羅の木がぽちぽち咲いているのだが、花数は少ない感じ。
それに、今年は梅雨入りしてからずっと晴れてるので、案の定、苔が茶色くなっており、上に落ちた沙羅の花も縮んでいた。
土曜日で人も多い。お土産まで売ってる。(胡麻豆腐を購入^^;)
・・・むかーしとはかなり印象が変わった。

妙心寺を後にして妙心寺道を東へ歩く。
路地を通ったりして、日活の映画館のところから千本に出て、はちはちに行く。
サンドイッチの昼食、ライ麦パンを一本買う。
綾綺殿でお茶して大宮まで歩いて帰った。

|

« 社会保険事務所の受付だけ | Main | 相続の手続き »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 社会保険事務所の受付だけ | Main | 相続の手続き »