« 近江八幡でお月見 | Main | 台風が来た »

ヴォーリズ展in近江八幡と長命寺御開帳

ヴォーリズ展、前日まで迷ってぎりぎりに前売り券をファミマで購入。ひとり800円也。
なので徹底的に見て回ろうと。(大阪のオバサン)
建物の展示会・・・町全体が展示場となるので、いっぱい歩くのだった。

昨日、泊まりがけの1日目。
まずアルプラザでお弁当を仕入れ、長命寺へ。
上の駐車場に入れるのに、バス停前でかなり待たされた。
結縁御開帳。(こちらがついでになってしまった)
ご本尊のぺたっとしたお顔に比べて、手や装飾がすごく優雅で良かった。
降りてきてバス停横の、猫がいる東屋でお弁当。

町中まで帰ってきて、歩いて白雲館へ。
そこの受付で前売り券を渡して、冊子とチケットに交換。そのチケットを持って回る。
チケットの後ろに、有料のところに入場した際、スタンプが押される。
このスタンプの柄は「近江は世界のまんなか」模様。(^o^)

白雲館2階の展示を見て、旧八幡郵便局舎2階で展示を見て、酒遊館で展示を見る。
展示を見ているうちに、だんだんダンナさんの機嫌が悪くなってきた。
展示物の、濃厚な宗教色に難色を示し始めたのだった。(^^ゞ
・・・・なんだよね、ヴォーリズ・・・。
んでまたダンナさん、受付や説明をしてくださるおじさんおばさんの、押しつけがましいほどの親切さに胡散臭さを感じるらしい。(^_^;)
純粋に、建築や内装だけを楽しめたらそれで良いんだけどねぇ。

一旦、戻ってホテルにチェックイン、その後カフェに向かう。
日牟禮カフェのあと、ちょっとだけ八幡山の麓を歩いてみるが、夕食の時間が気になりすぐ引き返す。
またアルプラザのお世話になる。

今日、2日目。
昨日の続き、八幡教会(外観)~牧師館(外観)~アンドリュース記念館(展示)、ヴォーリズ記念館(展示)、村岡邸(外観)、近江兄弟社学園ハイド記念館(展示)と見て回る。
テーマが「伝道」のアンドリュース記念館で、ダンナさん切れたんじゃ?(^_^;)確かに鼻につくかもねぇぇ。
休憩しようと八幡堀~かわらミュージアムを通って、たねやへ。(でもすんごい人で休憩できず)
ヴォーリズ像を見て(株)近江兄弟社で試供品を試す。
ここでダンナさん、「宗教はやっぱり金儲けだよな」と、冷たく言い放つ。・・・宗教家だって生活が・・・。(^^ゞ
市立資料館(外観)~旧伴家(通っただけ)と見て、町の西の山の上にあるお寺に上がってみる。
戻ってきて、Cafe Yamayaで近江牛カレーの昼食。近江牛をリーズナブルに戴く。コーヒーも京都風に濃くて美味しい。

元気を取り戻して池田町建築群(外観)へ。
旧近江ミッション・ダブルハウス~ウォーターハウス記念館~吉田邸と見て、終わり。
アルプラザで夕ご飯を調達して帰宅。

行ってみるまでわからなかったけど、結果、スタンプを押す展示場では、中での撮影は禁止だし、展示物は「ヴォリーズは素晴らしい方でしたのです」みたいなちょっと引いてしまうもので、入場券購入は必要なかったかな、と。(-.-;)

そうそう。昨日は町中の駐車場がポルシェで埋まっていたが、どうやらF1と関係あり?
あんなにたくさんのポルシェをいっぺんに見たのは初めてだった。興味ないけど。(^_^;)

追記:

前に京都でチベット応援ツアーしたとき行ったカフェ、Bazaar Cafeもヴォーリズ建築だった。

|

« 近江八幡でお月見 | Main | 台風が来た »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 近江八幡でお月見 | Main | 台風が来た »