« September 2009 | Main | November 2009 »

October 2009

Kangna Re - Paheli

インドムービーダンス、先々週から新しい振付になった。
ラジャスタンのお姫さ(^_^;)がラブリー。
皆でロングスカートをつけてレッスン。
フラのパウみたいなもんだけど、インドのスカートは軽いのが良い。(^O^)
もちろん、Kangna(ブレスレット)もしゃらしゃら言わせるのに必須。
手がでかくて、腕に通すのに苦労するんだけど。。。(^^ゞ

スタジオでレッスン前にウエアを披露しあっこ。
・・・「このスカート1000円で買った」とか「ブレスレットは12本400円だった」とかいう会話が、大阪のオバサンでよろしい。(^_^;)

| | Comments (0)

近江八幡でお月見

車で近江八幡へ。ヴォリーズ建築を見るのと、お月見(口実)。

HIMURE VILLAGEの、日牟禮カフェ特別室を前日に電話予約。(クラブハリエ日牟禮館?言い方いろいろ)
時間に行ってみると、カフェのテーブルが空いていたので、そちらでお茶する。
L.O.の時間。だんだんお客さんが少なくなり、閉店の時間が迫る。
「最後のお客になりたくないねぇ」と、レジに行くと、お店の人が「お部屋を見ていきますか?」と・・・。
遅いし悪いなぁと思いつつ、「お客さんも少なくなったので」と言われ、ついついお願いしてしまう。

旧忠田邸。ヴォリーズ建築。
1階の居間、書斎、2階の居間、和室、もうひとつ居間、とツアーしてもらい、普段は見られない玄関まで外から見せてもらえた。
修理と手入れが行き届いていて、魅力が増している。
家具のほとんどは新しく入ったものだが、1階居間にある蓄音機(ラッパのないもの)は当時のものだそうだ。
今日からここ界隈で「ヴォリーズ展」が開かれているが、屋内の写真撮影はできない。
が、ここでは趣味の範囲であれば、と快く承諾してもらえ、時間を気にしつつ焦りながらあちこち撮ることができた。
お店の方のご厚意に感謝!
いろいろと教わりながら30分、遂に閉店の時間が来て、本当に最後のお客になってしまった。恐縮至極。

暗くなりつつある中、ふと気がつくと本当にうまい具合に窓の外に月が出ていた。

| | Comments (0)

ヴォーリズ展in近江八幡と長命寺御開帳

ヴォーリズ展、前日まで迷ってぎりぎりに前売り券をファミマで購入。ひとり800円也。
なので徹底的に見て回ろうと。(大阪のオバサン)
建物の展示会・・・町全体が展示場となるので、いっぱい歩くのだった。

昨日、泊まりがけの1日目。
まずアルプラザでお弁当を仕入れ、長命寺へ。
上の駐車場に入れるのに、バス停前でかなり待たされた。
結縁御開帳。(こちらがついでになってしまった)
ご本尊のぺたっとしたお顔に比べて、手や装飾がすごく優雅で良かった。
降りてきてバス停横の、猫がいる東屋でお弁当。

町中まで帰ってきて、歩いて白雲館へ。
そこの受付で前売り券を渡して、冊子とチケットに交換。そのチケットを持って回る。
チケットの後ろに、有料のところに入場した際、スタンプが押される。
このスタンプの柄は「近江は世界のまんなか」模様。(^o^)

白雲館2階の展示を見て、旧八幡郵便局舎2階で展示を見て、酒遊館で展示を見る。
展示を見ているうちに、だんだんダンナさんの機嫌が悪くなってきた。
展示物の、濃厚な宗教色に難色を示し始めたのだった。(^^ゞ
・・・・なんだよね、ヴォーリズ・・・。
んでまたダンナさん、受付や説明をしてくださるおじさんおばさんの、押しつけがましいほどの親切さに胡散臭さを感じるらしい。(^_^;)
純粋に、建築や内装だけを楽しめたらそれで良いんだけどねぇ。

一旦、戻ってホテルにチェックイン、その後カフェに向かう。
日牟禮カフェのあと、ちょっとだけ八幡山の麓を歩いてみるが、夕食の時間が気になりすぐ引き返す。
またアルプラザのお世話になる。

今日、2日目。
昨日の続き、八幡教会(外観)~牧師館(外観)~アンドリュース記念館(展示)、ヴォーリズ記念館(展示)、村岡邸(外観)、近江兄弟社学園ハイド記念館(展示)と見て回る。
テーマが「伝道」のアンドリュース記念館で、ダンナさん切れたんじゃ?(^_^;)確かに鼻につくかもねぇぇ。
休憩しようと八幡堀~かわらミュージアムを通って、たねやへ。(でもすんごい人で休憩できず)
ヴォーリズ像を見て(株)近江兄弟社で試供品を試す。
ここでダンナさん、「宗教はやっぱり金儲けだよな」と、冷たく言い放つ。・・・宗教家だって生活が・・・。(^^ゞ
市立資料館(外観)~旧伴家(通っただけ)と見て、町の西の山の上にあるお寺に上がってみる。
戻ってきて、Cafe Yamayaで近江牛カレーの昼食。近江牛をリーズナブルに戴く。コーヒーも京都風に濃くて美味しい。

元気を取り戻して池田町建築群(外観)へ。
旧近江ミッション・ダブルハウス~ウォーターハウス記念館~吉田邸と見て、終わり。
アルプラザで夕ご飯を調達して帰宅。

行ってみるまでわからなかったけど、結果、スタンプを押す展示場では、中での撮影は禁止だし、展示物は「ヴォリーズは素晴らしい方でしたのです」みたいなちょっと引いてしまうもので、入場券購入は必要なかったかな、と。(-.-;)

そうそう。昨日は町中の駐車場がポルシェで埋まっていたが、どうやらF1と関係あり?
あんなにたくさんのポルシェをいっぺんに見たのは初めてだった。興味ないけど。(^_^;)

追記:

前に京都でチベット応援ツアーしたとき行ったカフェ、Bazaar Cafeもヴォーリズ建築だった。

| | Comments (0)

台風が来た

昨日、久し振りにベランダの整理をした。
そのために夜のインドムービーダンスのレッスンは自主的にお休み。
(来てた人は4,5人だったとか・・・)

ベランダを掃除してると、隅に溜まった土や落ち葉に、どうやって来たのかミミズが数匹棲んでいた。
そんな狭い世界で喧嘩しないで暮らせていたのだろうか?(-.-;)
それにしても、生態系ができる(?)ほど掃除してなかったかな?久し振りとはいえ。
ミミズは広い世界に旅立たせてあげた。達者でね。

鉢をひとつずつ奥に引っ込めてると、イングリッシュ・ラベンダーが根本で千切れ取れてしまった。あーあ・・・。
でも、葉っぱはまだ付いてたし生きてたし、ほとんど折れそうだったのにすごい生命力。
その生命力を買って、挿し木してみる。付くかな?

と、のんびりベランダの整理を終え、夜を待った。
日付が変わるくらいに風が強くなったが、やることはやったので寝た。
夜中、2・3回はすごい風の音に起こされたが、いつもの時間に目覚めたときはもうすっかり治まっていた。

壊れたりした鉢はなかった。
すごく強い台風なのに被害がなかったのは、やっぱり風向きだなぁ。
台風が南~東を通ってくれたからね。(-人-)

今朝はいつもの時間にジムに行って、ムービーダンスもして、帰ってきてからまたのんびり、鉢を元通りにしたりしてベランダの整頓。
ミミズを一匹大地に返した。

あー仕事した。(^_^;)

| | Comments (0)

ヤマモミジのお引っ越し

種から育てたヤマモミジ、120cmくらいになってるのが2株+盆栽が8こくらいかな。
そのうち、120cmのと、株立ちの盆栽を、実家に持って行った。
だって、庭の手入れに何十万もかけるっていうんだもん。自分でやろうよ~;;;

で、やらされてしまった(T^T)
こないだの台風で、雨戸を閉めたものの開かなくなったとかいって、呼び出しを食らったついで。

庭造り、実は楽しい・・・と思い込むことにする。

ヤマモミジは株立ちにして涼しげなシンボルツリーにしようと。
加えて、白花カタバミの増えたの数鉢と、白花ヘリオトロープの増えたのと、ワームウッドの増えたのと、名前知らずの低木(もらいもの)を一緒に植えよう。
でも庭って、広い。
まだまだ、スカスカ。(^^ゞ

ま、いいか。
両端に、槇・松がいるし。純和風だわね。サルスベリもいたか。
あとは、植えた子たちの成長を待つ。
・・・って、枯れなければいいけど・・・。
(ヤマモミジ、盆栽の植え替え適期は3月とか)

と、前に注文しておいた雑草避けシート。
これをダンナさんに貼ってもらう。
これのほうが大変だった。
門から玄関へのアプローチ、この脇は土の厚さが数センチもなく、釘が刺さらないのだ。
で、時間がかかって、他のところは手つかず。
あとは、いつか私がやらなくちゃ;;;

昨日はダンナさんが鍼とマッサージを受けてて、今日は休養日のはずだったのにごめんねー。

| | Comments (0)

新しい苗メモ

植物の活力剤と実家用グランドカバーを探しに、宝塚まで行ってきた。

活力剤、以前使用していたバイオゴールドじゃなく、EMでもなく、ペンタキープVというのを探したがなかった。
仕方なく、帰宅後通販で購入。

実家用の苗は、クリーピングタイムと、色を考えてシルバータイムとヘミグラフィスを購入。
冬がちょっと心配。

あと、ホワイトプリンセスっていうジャスミン。
うちにあるでかい奴と違って、こぢんまりしてそう。
以下、メモ。
Jasminum L.. モクセイ科
管理方法
花:5月~11月
高さ:30cm~100cm
日向から半日陰
水はけの良い用土
乾いたら水を与える
冬は-3℃程度まで
詳しい栽培方法は こちら

ジャスミン、かわいいから暫く預かって様子を見よう。(^^ゞ

| | Comments (0)

やや枯れ木

今年の夏、過ごしやすい日が多かったとはいえ。
うちの前の木、葉っぱがついたまま枯れている。
こういうの、ここに住んでから初めてじゃないかな?

うちのヤマモミジも、かなり早く6月くらいから赤茶けたものがおり、中には早々に葉を落としたものも。
今年こそカツラの黄葉(と、キャラメル香)を鑑賞しに行きたいところだけど、時期が難しいな・・・。

| | Comments (0)

モズ来る

モズの高鳴きを聞いた。

| | Comments (0)

ウィーン・ヴィルトゥオーゼン

はぁ。溜息

出る音から魅入らされ、アンサンブルに驚かされ、できあがった曲に感動させられ、余韻まで。。。

言葉なし。時間がすぐ経っちゃった。
またすぐに来ないかなぁ。

・・・って。
簡単すぎるか。

どこまでも上品な音色の弦の重なりは、さすがさすがのウィーンの音。
なめらかで、音の始まる前から後まで、完璧な運び、っていうのかな、
CDでは感じ取れない、現場の緊張感てのも絹のようにすべすべ。呼吸がぴったりとはこのことね。
続きはいつか。

| | Comments (0)

南インド古典舞踊とインドムービーダンスの発表会

ジムの踊り仲間も参加する、生徒さんたちの発表会があった。
こそっと、おばさん3人組を招待してもらって、私らは見るだけ。(^^ゞ
よかったぁ・・・。どきどきした。
自分がおっさん化したのかなぁ?おねぃさんが踊るのを見るのは良いわぁ。
十数名の煌びやかなインド衣装が翻るのにジュエリーの音が重なって壮観。

それにしてもバラタナティヤムはやっぱり難しい。
私がアホなんやなぁ、あんな動きは無理!できない。

せめてムービーダンスを楽しもう。
覚えられなくても、踊るんだい。
「セルフエンパワメント」

| | Comments (0)

ワンセグTV設置

今日、ダンナさんがPC用のワンセグチューナーを買ってきてくれた。
スキャンしたらなんとか見られそう。
これで録画ができる。(^o^)
って、日曜日の委員会だけなんだけど。。。

| | Comments (0)

PAC28定期

やややっ!キャトルメさんに◎が。
フォアシュピーラーだっ…て、何か知りませんがすごいな。(^_^;)
だからか(?)彼にしてはおとなしめな演奏でした。(^_^)

Cond - Kenneth Hsieh
曲目
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番(P)Alexander Melnikov
リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」(VnSolo)伊藤亮太郎(ゲスト・コンマス)

しっかり音が出てたな~。
ピアノの人、音がすごく豪快で、それに合わせたのね。
私、髪を夜会巻きにするのにうまくいかなくて腕を上げっぱなしで疲れまくりで、何十分も楽器を演奏する皆さんにはただただ頭が下がる。

で、音がしっかり図太かったので、いつもの繊細で優雅な弦が、なんていうか、古い映画を見てるみたいないぶし銀ぽさが出ていた。
管もがんばってたし、パーカッションも良かった。
Pconよりシェラザードのほうがより纏まっていたかな。

でもすみません、シェラは寝てました。ほとんど・・・。
管が鳴るのになぜ眠い?
かえって、Vnソロの方が目が冴えたりして。(^^ゞ

アンコール曲
P 何だ?知らない曲。と正露丸のテーマ、ショパンの24の前奏曲 7番イ長調
チャイコフスキー:ポロネーズ(エフゲニー・オネーギンより)

| | Comments (0)

THIS IS IT

Michael Jackson の THIS IS IT 見てきた。
コンサートに行こうと思ったことこそないけど、亡くなって、夫婦50割引で見れた。

POPでもすごいね。見る価値あるわ。
リハーサルだということが、かえって興味有ったりして。

| | Comments (0)

2009年10月Tweetまとめ

10月17日

さっき登録しました。ベト5聴きながら・・・今ベト5終わりました。
posted at 00:01:34

10月30日

久し振りにtwitter覗いた。こんなに使わないと、意味ないんかも。 これから十三夜の後の月と、This Is It見に行く。
posted at 19:23:15

| | Comments (0)

« September 2009 | Main | November 2009 »