« November 2009 | Main | January 2010 »

December 2009

バウッダ 講談社学術文庫入り

復刊.comに出ていた
講談社の12月書籍発売予定

バウッダ佛教@Amazon

つぶやきだな、これじゃ(^^ゞ

| | Comments (0)

「動物と人間の世界認識」日高敏隆

日高敏隆「動物と人間の世界認識 イリュージョンなしに世界は見えない」を読んだ。
(「利己的な遺伝子」の訳もこの人)

純粋に、あの時ウチノネコはどう感じていたのか?という疑問の答え(orヒント)が見つかるかな~?と思って読んだら、仏教的なニュアンスが感じられた、ということを書き留めておこう、と。

岸田秀氏の「唯幻論」(「人間は本能が壊れてしまった為にその代わりとなる『自我』が必要になった、けれどこの自我なるものはじつは幻想であるので、人間は幻想に支えられて生きることになった」)という考え方があったということ。

ユクスキュルの「環世界論」(動物は環境すべてを本能により即物的にとらえているというのではなく、むしろ本能があるが故にそれに基づいて環境の中からいくつかのものを抽出し、意味を与えて自らの世界認識を持ち、その中で生きている。だからその環世界は決して客観的に存在する現実のものではなく、あくまでその動物主体によって抽出・抽象された主観的なものである。)

日高氏の「イリュージョン」人間以外の生き物の世界観も含めて呼ぶ言い方を「イリュージョン」とカタカナにしている。 #環世界じゃダメ?引田天功と間違えられない?と思うのは私だけ?(^_^;)

で、人間以外の生き物のイリュージョンがどんなか、説明があって。

ダーウィンの「種の起源」(よりよく適応した個体はより多く子孫を残す…中略…このようにして進化が起こる)
=生き物は種の維持のために行動しているのではなく、遺伝子が利己的な利益だけの為に個体を操作して振る舞わせている(それぞれの個体が自分の適応度(fitness)をできるだけ増大させようとして生き、努力している)
=種の維持は個体の目的でもなく目標でもない、ただの結果
=進化には何の目的も計画もない というのがあって。

人間は「死」を知ってしまったので「輪廻」というイリュージョンを持ったが、それで楽に生きられるわけで~があって。(^_^;)
ドーキンスの「ミーム」は、そこはかとない願望である輪廻とか死後の世界の代わりに、現代人が持ったイリュージョンで、「自分が生きた証」「生きる意味」「どう生きるべきか」は「自分がいつまでも生きていたい」と同じことなんだてことで。

「色眼鏡でものを見てはいけない」と言われるが、実際には色眼鏡なしにものは見られない。
とか、「人間なんだから、客観的(=科学的)にものを見ることができる、またそのようにしなければいけない」と言われるがこれは大きな過ちで、単に「科学的な根拠を与えられたイリュージョン」の世界で生きているだけだし、それを楽しんでいるわけだということ。
人間は、何かを探って考えて新しいイリュージョンを得ることを楽しんでしまう動物なのだ。

・・・というのもまたひとつのイリュージョンにすぎないのだろう、って。(^_^;)

でもこういうふうに思い当たることで、堅苦しい「神」「真実」「美学」「経済」・・・なんていうのに囚われない世界を構築できるのでは? と結んでいる。

あとがきより
「動物たちが自分たちのまわりの世界をどのように認識しているのだろうか(中略)。
 動物たちを知るためばかりでなく、われわれ人間の世界認識について考える上でも、この問題はきわめて重要で(中略)、「客観的」「事実」「科学的」などという、われわれがしばしば気易く使っている言葉の意味を問い直すことになるからである。」

| | Comments (0)

南直哉「日常生活のなかの禅」

これまでに読んだ南直哉の著書、出版の古い順、
「語る禅僧」
「やさしい『禅』入門」
「問いから始まる仏教」
「〈問い〉の問答」
「『正法眼蔵』を読む」
「日常生活のなかの禅」
「老師と少年」
「なぜこんなに生きにくいか」
「人は死ぬから生きられる」

未だ
「出家の覚悟」

最近に読んだのが「日常生活のなかの禅」で、これまでに読んできた中では一番の良書かと思う。
タイトルがハウツー本みたいなのが、この本の難点かな~。(^^ゞ
でもこれ、内容を安易な人生訓を並べたハウツー本だと思って買った人は、投げ出すんじゃ?
(だから、私はこれを古書店で入手できたのか?)

話の流れ、まとまり具合、内容の濃さが申し分なく、すんなりと読めてわかりやすい。
サマリーを、と言われてもうまく言えないので、人に「とにかく読め、一冊そのまま読んだら他の仏教書はいらない」と勧めてうるさがられているかも。(-.-;)

なんで仏教は哲学じゃないのか、とか、どの仏教書でも引っかかっていた「信(信仰心)」に触れるところでも「あ、そういうことか」と腑に落ちる。(と、宗教嫌いのダンナさんに話すと、ますます読んでくれないのがじれったい…)

今日、文庫になった「老師と少年」を買ってきた。(いっちばん楽に読める物語風だし、読み直すとやっぱり人生訓・ハウツー本だったかもと思える。(^^ゞ)
で、文庫になってうれしいけど、解説の一人が土屋アンナねぇ。これで売れるのかな?(^_^;)
・・・他のも文庫になるといいな。

| | Comments (0)

普通救命講習修了証来る

今朝ジムに行ったら、こないだ受けた普通救命講習の修了証ができていた。
講習会でもらったけど、ほとんど使ってなかったテキストを、読んでおかなくちゃ。(^^ゞ

| | Comments (0)

お下がりvaioのHD壊れる

昨日、vaioでX-trailの新しいadを見ていたら、だんだん動かなくなってきて「重いなぁ」と思っていたら、遂にフリーズしてしまった。
その後の動きがおかしいので、vaioを強制終了させたらそのまま逝ってしまわれた。

私が使うと、どのPCも壊れる。
ダンナさんに呆れられている。

ダンナさんはその「分解が非常にやっかいな」vaioのHDを取り替えてくれている。
よくやるなぁ。。。

私は今、旅行用のLibrettoをあてがわれている。
取り敢えず、こっちでがまぐち君が使えるようにしてもらったが。
他はバックアップのあるのないの、IDやpasswordとか、もう何が何だか。
あれだな、何かをセーブする時、バックアップが別のHDに自動でできるといいのだわね。

と、自分が酷くおばさん化していることにがっかりする。


溝口徹「『うつ』は食べ物が原因だった」読了。(図書館)
が、有用な情報は覚えきれないなぁ。

| | Comments (0)

my vaio

灯油ストーブ炊き始め。煤払いなんだけど、こうあったかいと動きたくなくなる。(^^ゞ

ダンナさんにお任せのvaio、昨日のうちにHDにいろいろ乗っけてもらった。
今日は試運転。つか、もう使ってるし。

backupを取ってなかったものが何だったかも忘れて、一からやり直し。
仕事してないし、物書きでもないし、諸行無常だし、別に気にしない。
・・・て、うーん、これが痴呆症の始まりだったりして?(^^;)

| | Comments (0)

HD復活

ダンナさん、こないだ壊れたHDを、どうやったか復活させて帰宅。
今のHDにコピーして、vaioは元通りと同じに。

新しい人生が始まると思いきや、またゴミまみれの旧人生に引き戻された。(^^;)

| | Comments (0)

ワールドビュッフェで喋る

ジムの仲間の快気祝いを兼ねて忘年会。
といっても、お昼。健全なり。
つかしんの中にある、ワールドビュッフェへ。おばさんなので980円で食べ放題。

いつも行列ができてるので避けていたが、今回は長く喋りたいのでこちらを選択。
少し待たされたが、あと3時間くらい喋り続け、居続けた。

何を食べたかな?
ヤムウンセンにフォーにピザに・・・。
顧みると炭水化物が多く、タンパク質ビタミンミネラルは少なく、元は取れてないかも。
ミネストローネの横にぜんざいがあったのが笑えた。

つかしんの送迎バスで帰った。

| | Comments (0)

はちはちへ

メールで予約しておいた、シュトーレンを受け取りに、はちはちへ行った。
この朝、京都は氷点下。
四条大宮に着いたらもう11時半だったので、バスで行く。
時間が許せばキートスにも寄りたかったところ。

はちはちのサンドイッチ。
今日のスープは冬野菜入りのミルクスープかな?少し白濁してる。あったまる。
サンドイッチは、テトドモワンヌ?ひらひらのチーズ、ほうれん草とブロッコリのサラダブルーチーズドレッシング、サラミにニンジンゴボウのマリネ、そしてハニーバターの4種。
今回は特に、雑穀かカボチャの種か、そういうのが入ってるパンのテクスチャーが良いと感じた。
満足満足。

シュトーレンは私がメールしたときはもう締め切りぎりぎりだったそうで、皆さん11月から予約されてたんだそう。(汗) サイトが新しくなったからだとか?
今年はマジパンが美味しいのに変わったとのこと。
火曜日に焼いたのでもう少し寝かせた方がおいしくなるそうだ。
そして少し暖めて食べる、と。(._.) φ メモメモ
あとライ麦プレーンを購入。

灯油ストーブでぬくぬくのはちはちを後に、河原町まで歩く。
防火用のバケツに氷が。。。

途中、府庁横、麩嘉の前を通って、かわち屋道風でそば饅頭を買って、松栄堂でお香(今日は天平)を買って、錦の四寅でまた山利の白味噌を買ってしまった(しかも1kg)。

四寅のお店の人に教えてもらったレシピ:粟麩の白味噌仕立て。(生麩の味噌汁)
粟麩なんて、食べたことあったっけなー?たぶんないなぁ。

帰るとダンナさんが、ライ麦パンをもっと買ってきてほしかったというので、キートスにルイスレイパをメールオーダーした。

| | Comments (0)

のだめカンタービレ最終楽章前編

朝から映画。
昨日と一昨日、TVで前にお正月に流してたヨーロッパ特別編の再放送を見てからの。

テンポよくぐいぐい引き込まれ、たくさん笑った。
ホント漫画みたい。うまく仕上がってたなぁ。
映画で聴くクラシックの音はでかすぎていまいちだけど、臨場感はある。
チャイコの序曲1812年、バッハのPconが印象に残る。

で、千秋やせすぎ。もう鹿男じゃないんだし。(汗)

と。今日ガーデンズで仕入れた粟麩と、昨日の山利の白味噌でこしらえた、粟麩の白味噌仕立ては、糀の香りが馥郁と大変美味しうございました。

| | Comments (0)

元気なのか

想定外だったのだが、健康診断の心電図に異常が。
で、診察してもらいに行った。

したところ、どうってことないらしい。
もう、ぱっと見でわかるらしい。(浮腫の有無)
「前にリウマチ性心筋炎とか何とかかんとか(忘れた)言われたことはないですね?」
…ないです。
どうも何かの理由で電気信号が四肢に伝わりにくい体な、らしい。(?)

まあいいや。
前にも脈が飛びまくっていたときも、良性だって言われたし。

でも、低血圧だとストレスなどで心臓が疲れてリウマチになりやすいようだから、適度な運動は続けないとダメみたい。

| | Comments (0)

奈良西の京~斑鳩

日帰りでも行けるところ、わざわざ宿泊する。
気になるスーパーホテル、今年できたて、駐車料金がいらない、おまけに天然温泉付きの大和郡山。
ここに泊まって、お寺巡りしようと。

年末で何かと入り用だし、ボーナスは(雀の涙。。。)ジムの年会費に消えるので、できるだけセーブしなくちゃいけないところ・・・朝食がついて2人で7480円て。
結論:良いわ~すごくコスパ高い。
部屋は狭いけどコージーで、必要なものは揃っている。
部屋の枕以外に、低反発の高さが選べるのを借りられて、アメニティグッズは合理的で、女子は付いてるのと別にシャンプー&トリートメント、基礎化粧品セットなど、5つのアメニティを選んでプラスできる。
おまけに新しいってのが嬉しい。

で、お寺。
今日は薬師寺だけ。日光月光菩薩が見たくて。
唐招提寺も行っとけっていう話ですよ・・・ホント、行かなくて後悔・・・

夕食はホテルのすぐそばでと思ったらCLOSEだった。(-.-;)
仕方なくすき家へ。(^^ゞ
あぁデノミ。。。

| | Comments (0)

奈良西の京~斑鳩2日目

朝、スーパーホテルの食事でお腹いっぱい。
パン5種、おにぎり、スープや味噌汁、サラダ、ウィンナ&MixVege、スクランブルエッグ、自販機のビバレッジが食べ放題。

まず法隆寺と中宮寺へ。
て言っても、仏像が見たい中宮寺のみ拝観。
弥勒菩薩とか半伽思惟像とか、如意輪観音とかいろんな名前がある仏像。
薬師寺でもそうだったけど、広く開いた間口から入る陽光で明るく見やすい。寒いけど。(^^;)
同じポーズの広隆寺弥勒菩薩と、どうしても比べちゃうけど、中宮寺のが好きかな。
外の空気と一緒に感じられるのが良い。

法隆寺へは中宮寺側の東門から境内だけうろちょろして、車を置いた西山観光Pに戻る。
そこで自家製レモンを4こ100円で買う。柚もあった。

もひとつお土産に、と、評判の良い徳壽庵まで苺大福を買いに行く。

その後、慈光院へ。
大徳寺派でお庭を観ながらお抹茶とお菓子をいただく。
寒いけど、茶人の好む佇まいに感じ入るものがある。

それでまたお腹がふくれて、そのまま帰宅。
あっぷ&UPが見られたもんなぁ・・・早かった。

| | Comments (0)

かぜ?

一昨日、奈良から帰ってくる頃には疲れ気味だったダンナさんが夜ついに発熱、ダウンした。
昨日、新型fluの検査を受けに行ったが陰性で、まあこれはよかったとして。
ダンナは家でごろごろしながら、咳するし、そこらへん触りまくる。

うつる・・・うつる・・・
と、びくびくしている。

一人で夕食。ダンナさんはお粥さん。
で、はちはちのシュトーレンを独り占め。(はあと)
今年は「マジパンが美味しくなったので、今年のシュトーレンは美味いです」と言われたとおり、とは言え前のマジパンがどんなか残念ながら知らないのだが、ホント、スパイスの薫り高く美味しい。
一切れ、また一切れと切っては少し焼いて食べる。
止まらない・・・。

ところで、マジパンが美味しいってどういうの?
アーモンドプードルと砂糖同量と卵白で作るんだとか?アーモンドが違うのかな?砂糖かな?卵白?(^^;)

| | Comments (0)

PACリサイタル

ダンナさんの代わりに、ジムで一緒のオバサマに行ってもらう。
PACの会員で、定期の年間チケットを買っている人だけど、このリサイタルは気付くのが遅れて予約し損なったのだそう。
・・・良かった。

ジョナサン・ステファニック(コントラバス)
 ピアノ伴奏:堀夏紀

ディッタースドルフ:コントラバス協奏曲ホ長調
グリエール:4つの小品

クリストフ・キャトルメ(バイオリン)
 ピアノ伴奏:シルヴィ・バルベリ

ブラームス「F.A.E.のソナタハ短調」より“スケルツォ”
ドビュッシー:「ヴァイオリン・ソナタ ト短調」より“第1楽章”
パガニーニ:カンタービレ
シューマン:ヴァイオリン・ソナタ第1番
クライスラー:ジプシー奇想曲
クライスラー:ジプシーの女
ファリャ(クライスラー編曲):歌劇「はかなき人生」より“スペイン舞曲”

アンコール
屋根の上のヴァイオリン弾き

クリスさんの伴奏って、クリスさんのFacebookに写真が出てた人だ~!ということは、連れ合い?(^O^)
顔小さい。ピアノ巧い。いいなぁ。。。
2人の演奏は、すごく活気があって情熱的。
クリスさん、足踏むし弓切れるし、ふと、のだめに出てきた峰龍太郎を彷彿させる。
ちょっと音の出終わり(という言い方は正しいのか?)がどうでもいいっていうか、気配り足りない?みたいなところがあったけど、男っぽくていいか。
選曲がそういうのだったからか、エキゾチックなんだわ。
それにフランス語のニュアンスが乗った音で、今日もドキドキさせられました。
んー、日本語での挨拶や曲の紹介もフランス語入ってるよ?

と。
サプライズのアンコールに少年少女が一緒に演奏、巧くてびっくり。
本当にサプライズ。スーパーキッズかなぁ?

帰宅後、気が緩んだか頭痛が。風邪、うつったかな?(-.-;)

もひとつ。
帰り際、何だか雨上がりのような霞み具合。
ニュースで12月には珍しい黄砂が降った、と。

| | Comments (0)

サイン・・・

昨日のリサイタル、ジムの仲間も何人か行ってたのね。
その一人が、今日「キャトルメさんにサインもらっちゃった」、
「喋っちゃった、What's your name?て聞かれた」と・・・・

がーーーーーーーん(゜◇゜)

知らなかった、後でサイン会があったなんて。

どうも縁がない。

| | Comments (0)

黒豆を炊いてみる

実家のレシピで黒豆を炊いてみる。
29日の夜、黒豆を洗ってざるにあげておき、鍋に湯を沸かし砂糖、醤油、塩を入れて溶かし火を止めて、重曹、鉄玉子を入れて黒豆を漬ける。
30日の朝、そのまま炊き始め、沸騰したら灰汁を取って差し水するのを3回繰り返し、ごく弱火にして落とし蓋をした上に鍋の蓋をして6時間以上煮続ける。(煮始めてから10時間、冷めるまで蓋を取ってはいけない)

途中、中が見えないので煮汁が少なくなってないか心配だー。

煮汁、豆の量が300gであろうが700gであろうが、お湯は10Cで、調味料を加減する。
今回、黒豆500g、砂糖330g、醤油70cc、塩、小さじ1、重曹小さじ0.5、差し水は0.5Cずつ。

もう炊き始めてから10時間、火から下ろして冷ます。

        …

ひーん、冷めるまでおいといたのに、蓋を開けたらシワが寄ってたorz

| | Comments (0)

大晦日2009

よく見たらこのブログにも「つぶやき」っていうカテゴリーあるのね、前から。
って、つぶやくならTwitterに行け?

黒豆に続き、五目酢煮を作った。後は筑前煮だけにしよう。
お節はもういいや。

ダンナさんの風邪が治らないので、年末の大掃除の残りだとか、買い物と洗車だとか、そういうのができない。
なんてしつこい風邪なんだ?
それに私がかからないのは何故?

| | Comments (0)

2009年12月Tweetまとめ

12月14日

バックアップ取ってないHDが壊れた。新しい人生を歩んでいる。。。(^^ゞついったでかおまーくわたしだけ?
posted at 00:04:25

12月15日

HD復活・・・またゴミいっぱいの旧人生に逆戻り~
posted at 22:52:01

12月21日

「出家の覚悟」面白い。
posted at 00:40:53

のだめカンタービレ最終楽章前編も面白かった。
posted at 00:42:01

山利の白味噌、正月まで待てず、粟麩の白味噌仕立てにしてみた。ううホンマに美味しい。
posted at 00:44:13

12月22日

健診で「心電図異常」と。そう言われると咳が出たり脈が飛んだり胸が痛いやん。・・・て、先生は「1年後にまたね」と、さ。
posted at 00:24:55

12月25日

クリスマス騒ぎから一変、ニポンの正月モードのスーパーで、一袋100円の小芋が398円になってた。今はまだデノミのほうが嬉しいのにな。。。
posted at 16:08:21

12月27日

昨日はChristophe Quatremerさんのリサイタル。でも、その後サイン会があるなんて知らなくてさっさと帰っちゃった~。(泣) 今日ジムで「サインもらった~」とはしゃぐ友達。。。切ないからFacebookにメッセ送っちゃったよ。(あとスルーされたらもっと悲しとおも)
posted at 16:31:22

12月28日

キャトルメ氏におかれましては、なにげにスルーの兆し(泣)
posted at 19:58:56

ちまちまと食べていた、はちはちのシュトレンが終わってしまった。
posted at 23:23:59

12月29日

アデノVにやられて目も真っ赤なダンナさんに蓮根蒸し餅作ってやって、洗濯機を回しながらクロイツェル聴いてる。
posted at 13:28:28

初めて自分で黒豆を煮ようとしていて、実家で使っていた重曹をうちでも使うかどうか、今夜までに決めなくちゃいけない。500gもの豆を失敗させては丹波篠山に申し訳ない
posted at 13:38:44

12月30日

我が家に蔓延するアデノVに打ち勝つべく葛根湯満量処方を飲んだら麻黄ハイかな、あんまし寝られないがこれでいいのか?心臓に悪そー
posted at 10:35:57

黒豆、蓋あけちゃダメ。のまま、10時間ストーブで煮てみる。あと6.5時間。重曹は小さじに半分だけ使ってみた。鉄玉子、近所のどこにも売ってなくて古い栓抜き使う。
posted at 10:39:46

あ・・・黒豆にシワが・・・orz
posted at 22:08:58

久し振りに熱くなる www.asahi.com/national/updat…
posted at 22:55:08

12月31日

ベト9の合唱、ソプラノってすごく高いのね。一万人のに参加した人が、アルトでも大変だって言ってた。ふるぉいで~・・・♪ 今年もお疲れ様でした<(_ _)>
posted at 21:21:06

元旦の満月、早朝にちょろっと月食があるけど、2029年の元旦も満月で、しかも皆既月食らしい。生きてるかなぁ?
posted at 23:20:40

| | Comments (0)

« November 2009 | Main | January 2010 »