« 2011年6月Tweetまとめ | Main | ジム仲間が »

震災と仏教

寺子屋トーク第61回/相愛大学人文学部仏教文化学科開設記念企画
震災と仏教
私たちは今、何を問われているのか

という、宮崎哲弥と釈徹宗おふたりの対談を聞いてきた。
大震災は、自分たちの生き方を見直させるほどの価値観の転換点。
ここで仏教はどうするか、という話。

「言葉と命」がキーワードなのか、最後の説明では。

日本の大乗仏教が言う「無常」はウェットで、震災のような不条理・もろい日常の苦悩を誤魔化し無く向き合うという覚悟を説くにも、どこか慈愛があるような・・・という感じの話だったかな。
人は言葉によって生きているのではない。(言葉でがんじがらめにする宗派をチクリ、か。)言葉の背後を想像することが大事かと。
物事の陰、隠れた部分も見ること。
#しょっちゅう笑わされていたので、記憶が飛ぶー。
仏教は解答を与える宗教ではなく、問いの立て方が自ずからわかってくるもの。

大震災(+原発のふかくりつせい(漢字わからにゃい))を経験して、Slippery slope(スリッピースロープ)に一線を引くというとき、宗教者が関わるものだということ。
(特に)伝統仏教はこの震災を契機にSurviveしなければならない。
人生はCritical。。。

#ダメだ、断片的にしか思い出せない。
あとで、誰か拾い書きしてる人のメモも貼り付けようっと。(^^ゞ

|

« 2011年6月Tweetまとめ | Main | ジム仲間が »

仏教」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2011年6月Tweetまとめ | Main | ジム仲間が »