« 場外レッスン | Main | 残り2レッスン »

宇治・天が瀬メモリアル公園に行く

義父の納骨。
京都天が瀬メモリアル公園まで、ダンナさんとJRで行く。
ダンナさん、長時間、車の運転をするのはまだ辛いらしい。
閃輝暗点が出て、目が見えにくかったりすると。

JR宇治駅まで、分割・昼特きっぷを使う。(京都-宇治が正規運賃だったのが残念)
駅に着いてまだ時間があったので、陽の当たるベンチでお弁当のサンドイッチを頬張る。

駅から公園の無料送迎バス(10人位乗れる)に乗っけてもらって行く。
義母と義弟家族が来るのを待った。
納骨は桜下庭園樹木葬エリア(階段を上がってすぐ左)。
1本の枝垂れ桜を奥に、芝生の30cm四方のかわいらしい区画が整然と並んだ中、ひとつ開いて下の石棺が見えている。
墓所内には入れない。
手前の献花台に花を置き、納骨してもらって蓋となる17cm四方の黒御影石の墓碑(義父と、もう義母の名前まで彫られていた)を乗っけて、焼香して完了。
(2骨まで納骨できて、1骨25万円、2骨35万円なのだそうだ。)

追記:2016.07.09このタイプの墓所は理想的な樹木葬(緑の埋葬)とは違う。
いくら象徴的に木が植わってようとも、カロートがあること、個人の石碑があることで、石塔の並ぶ従来の墓所と変わらない残念さがあった。

あまりにも簡単に終わってしまったので、次の送迎まで時間がありすぎ、義弟が車で駅まで送ってくれた。
義母と義妹は公園に残って。。すみません。

と、せっかくの宇治だし、2人で遠出って久し振りな(ダンナさんは1年以上京都に来ていない)ので、駅から近いお茶屋に行ってみた。
中村藤吉本店。
まだ昼前なのに長い順番待ちの列。
待ってる間、他の人が頼んでいるものを観察。
中にほとんど残してる人がいた。何しに来たの?

お濃茶をオーダー。ダンナさんはぜんざいと薄茶。
お茶の店に来て、お抹茶を味わわないなんて嫌。(抹茶スウィーツだったら、はやしやみたいな甘味処に行く)
もっちゃりとして流れ落ちてこないお濃茶を啜る。
さすが、旨味の塊だった。
少し残してお薄に立て直してもらい、再度味わう。まだ旨味がしっかり味わえる。
貧乏根性丸出しで、更にもう一度白湯を入れてもらった(汗)
白湯も美味しいのね!(笑)
ダンナさんのお薄も美味しかった。
ぜんざいもどんぴしゃの甘みで好き。
お餅は焦げてる方が好きなんだけど、すごく伸びる柔らかめの餅だった。(次にもし来るなら生麩のぜんざいを試してみたい)

平等院まで行くつもりもなく、ジム仲間のお土産返し用お土産wを少し買って、また分割きっぷでまっすぐ帰ってきた。

memo: JR正規運賃だと1110.-のところ、分割で720.-
立花-大阪 150.-
大阪-京都 340.-(場所によっては330.-で買えるみたい。今回はつかしん内で購入)
京都-宇治 230.-(正規運賃)
乗車券分割プログラム

帰宅後、ダンナさんが実家に行くと、義弟が「大寒たまご」とか言うのを買っていて、お土産にくれた。
そういうの・・・迷信とか、そういうの。ダメ、嫌い。もう止めようよorz

|

« 場外レッスン | Main | 残り2レッスン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

介護・支援」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 場外レッスン | Main | 残り2レッスン »