« 2015年3月Tweetまとめ | Main | インド(クリスタル)メモ2 »

メモ

メモ:
インドクリスタルより
「わかったでしょう、社長。それも含めてインドなんですよ。悲惨さと諦念と、哲学的な深みと得体のしれない知性」

p.149 名残を惜しむわけでもなければ、心細げな様子もない。大きな目と、えらの張った輪郭さえ目立たないほど大きな口。存在感の大きすぎる顔は、美しかった。その揺らぎのなさ、世俗的な屈辱によって傷つくことなどない堅固な精神的秩序のようなものが、他の女性たちの社交的な笑みとは対照的な強い光を放っている。その光に藤岡はたじろいだ。

p.520 シャハナが慈悲深い奥様であったことは間違いない。その慈悲の本質が、自分が人間以下と見なしている者を人間以下であるからという理由で、自らの徳のために情けをかけてやる行為であることを、聡明なロサは見抜いたのだ。

***

ルクアイーレに来た英国のフレグランスブランドはJo Malone

|

« 2015年3月Tweetまとめ | Main | インド(クリスタル)メモ2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2015年3月Tweetまとめ | Main | インド(クリスタル)メモ2 »