« 弥生文化博物館まで | Main | 南インド古典舞踊(先生の先生 »

Tribal Addicted

Tribaladdicted2015_2

ジムのおばさん仲間に混じって、前から行きたかった公演Tribal Addictedのチケットを一人分だけ買ってもらって。

仲間のうち一人が行けなくなったので、うちのダンナさんに「無料で良いから」とチケットが回ってきて。
半額にしてもらい♪ダンナさんと一緒に見に行けた。

会場の入り口に列ができていたので暫く並んでいたら、もっと前から整理券が配布されていたらしく、知らずにかなーり出遅れてしまった。
早く教えてよ!

が。(「整理券の意味ないわー」という知らない人の声が聞こえていたので、不安がよぎった。)
公演の前にコンペティションがあったので、その関係者が前列を軒並み確保してしまっており、整理券を早くにゲットしていたジムのおばさん仲間たちですら、後方の席でないと空きが無かった。
ココプラザの座席って、最後列3列くらいが段になってるだけで、あとは平ら。見にくい見にくい。

が!
そんなこんなのプチトラブルなど、吹っ飛ぶ公演だった。
トライバルフュージョンがこんなに、とりどり、面白いとは。

いやいや、コンペティションで賞を取った人たちから引きつけられてアドレナリンラッシュw
ジムのイントラが出演していて、その人目当てに見に行ったんだけど、たっぷり楽しませてもらったわ。
一人一人のベリーダンスとしてのスキルはそれほどじゃないかもだけど、HipHopとかDubstepのフュージョンが楽しい。

中にはいまいちなのもあったか。
冷静に観察するに、振付が単調。
うまい振付って、視覚的に盛りだくさん。変化や驚きに溢れている。
リズムの強弱、遅い速いがないと、飽きる。
振付はスキルを際立たせるし、スキルが弱い部分もごまかせるw

人数が多く複雑なフォーメーションで組み立てられたダンスは、特に印象的だった。
台湾から来ていたトゥループ、男性がひとりいてみんなうまかったし、ショーとしてだと前に見たナイルのグループより好きだな。
これはベリーダンスだけど、Essaのグループ

圧巻はIllan Riviére、ソロなのに凄い。
修行中の仏陀みたいなのに、凄い。
動画、ようつべにいっぱいあるけど、これなんかインドw

来年は5月3日だっけか。
Sharonとか来ることが決まってるらしく、会場がどよめいていた。凄いの?
これ

|

« 弥生文化博物館まで | Main | 南インド古典舞踊(先生の先生 »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 弥生文化博物館まで | Main | 南インド古典舞踊(先生の先生 »