« F.S.発表会のようなもの | Main | カイガラムシ »

発芽毒とミトコンドリア障害

前から玄米食。もち麦とか雑穀入り。
朝のシリアルにチアシード。
成城石井で買ったキヌアのサラダを自分でも作りたくなり、キヌアも買ってみた。

キヌアの使い方を調べてたら「発芽毒」というワードがわんさか出てくる。
で、調べてみた。

キヌアだけじゃなく、玄米にしろチアシードにしろ小豆とかの種たち全て、発芽に最適な環境になるまで発芽を抑えておく成分があり、それが発芽毒と言われるものとのこと: 植物ホルモンの一種、アブシジン酸(ABA)という

アブシジン酸の作用で、(中略・機序がよく判らないので、下記にアメリカ合衆国国立科学研究所の論文へのリンクを置いておく・全然読む気がしない)ミトコンドリアが損傷され、体内酵素の働きが鈍くなり、体温が下がり免疫力が落ち、諸疾患の原因になるとのこと。=「ミトコンドリア障害」とか「ミトコンドリア病」

検索するとどこをどう見たらいいのか迷うくらい、情報が出てくるので、自分なりに簡単にまとめてみたけど、さて、じゃあどれくらい食べたら病気になるのかとかが判らない。

とりあえず、発芽毒を除去して(無毒化or不活性化して)食べておけ、と。
発芽するまで12時間水に漬けて(アブシジン酸は水に溶けるので)その水を捨てたらいいの?
だけどチアシードなんて水、吸っちゃうし。

面倒くさがりだから嫌になってきた。
もう買うのやめようかしら。

参考にしたサイト:
http://uchunotane.com/health/?p=544
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13152116428
http://www.nanbyou.or.jp/entry/194
http://ichioku.b.la9.jp/1ppannaba.pdf
http://www.pnas.org/content/104/14/5759.full

|

« F.S.発表会のようなもの | Main | カイガラムシ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« F.S.発表会のようなもの | Main | カイガラムシ »