« YSL Nu 注文っ! | Main | ピラミッドで »

REVELATIONS

大阪アジアン映画祭で上映された「隠されていたこと」を見に行った。
Twitter→ https://twitter.com/revelations_vj

今まで見たインド映画の中で、一番リアリスティックなパーソナルイシューの映画だった。
インドでの上映のための検閲を、まだ受けてないそうだ。
海外の映画祭くらいでしか、上映できなさそう。

コルカタのアパート(集合住宅)、コモンバス、調理場も一つかな。
中には鍵付きの門から入れる部屋もあるみたい。
野鳥の声がうるさいくらい。
夜になっても外を通る車のクラクションがけたたましい。
アパートを行ったり来たり、まるでそこに住んでいる気分。

が。
どの登場人物の気持ちにも寄り添えないまま終わってしまった。
みんなの気持ちがわからず、ただ、見てるだけ。
や、心情を察する余裕がなかったか。
でもね。
ひとが何を考えているんだろう、って、自分が想像すれば、それは自分が考えていることでしかなく。
ひとに同情すれば、自分が傲慢に思えてくる。
じゃあすんなり全部受け止め受け入れ許せるかっていうと、ちくりと来る。

テーマは重かったけど、俳優や撮り方とか色合いとかは好み。
コルカタの街並みとか素焼きのチャイとか。

|

« YSL Nu 注文っ! | Main | ピラミッドで »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« YSL Nu 注文っ! | Main | ピラミッドで »