« 市役所へ | Main | うちの庭にも春が来る »

ニュートン(アジアン映画祭)

ダンナさんと映画。
ニュートン」インド映画
風刺+ユーモアの、重くなり過ぎない社会派映画。
=好きなジャンル。

ダンナさんと私で、鑑賞後の感想(というか、映画の捉えどころ・心象に残ったところなど)に違いが。
社会経験や性格判断に使えそう?(^^ゞ
インドをどれくらい知っているか、どれ位思い入れがあるか(好きか)とかで違ってくるだろうし。
インド経験の全くない人はどんな感想だったんだろう?

前に読んだ「インドクリスタル」は同じような舞台設定で、とても重かったけど、この映画は楽しめた。
いい作品だと思う。

追記:とても良い感想を見つけました→http://www.komeindiafilm.com/entry/2018/03/11/Newton

メモ:ネタバレあり

1「あなたの欠点は何だと思いますか?」
2「誠実、なところ」
1「その自尊心がインドをだめにしている」

|

« 市役所へ | Main | うちの庭にも春が来る »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 市役所へ | Main | うちの庭にも春が来る »