« 「昭和史講義 戦前文化人篇」 | Main | HRT継続 »

仏教原論2019第6回

ダンナさんと行ってきた。
ダンナさんと行って楽しめるところは、捉え方の違い。
私はただ単純に「面白いなぁ」と講義を聞くだけ。
なんだけど、ダンナさんは「わからない、わからなさすぎる」と言いながら、今日の話「あれは『犬』だな」と言ったりとか。
犬は言語を持たない。。でもなんで猫じゃなくて犬?って聞いたら「鼻が利く」とか何とか。へー?

で、今日のテーマは「言語」。

有支縁起は最初、支分が少ない→後世に多くなってきて、十二支縁起になった。
最初は行、識から。
最古層の金句の直説では渇愛(タンハ)から。(五支縁起:愛→取→有→生→老死)その渇愛はどこから?(=認識論)
仏教の認識論:西欧の認識論と存在論の区別がない。(ちなみに唯識派は認識論に近くアビダルマは存在論に近い)

六根、十二処、十八界の図解
(講義で使われた図はもっとシンプル、下のメモ参照)
「苦をなくすプロセス
1.物事は十八界の接触によって起こる
2.それによって現れるすべてのものは無常であり苦である。
3.つまり十八界にこだわりがなくなれば苦は生じなくなる。」ー 大乗仏教(唯識・中観)以降、これを強化するものが『言語』

今日のプリント:
スッタニパータ 第三章 大いなる章 12:二種の監察 <756>、<757>、第四章 八つの詩句の章 2:争闘 <867>、<874>
中村元訳とパーリ語文、参考に他の学者の訳を並べて読む。これがとても難しい。

名(nāma)と色(rūpa)
nāmarūpasmiṃ(名色に)を、中村元先生は<名称と形態>(個体)と訳、意味は「精神と体」
井上先生は絵を描いて説明:「りんごの木」、それが[A](色 rūpa)、人がそれを眼で見て(受)、人の脳の中で「りんごの木」を想うとき、それは[A’](色+行)なのだが、A=A’だと無意識に認識(識)

874偈は唐井隆徳訳がわかりやすかった→「想うのでもなく、誤って想うのでもなく、想わないのでもなく、想いを滅したのでもない。このよう[な境地]に結びついた者にとって、色は滅する。なぜなら、妄想によって[色を]名付けることは想いを因とするからである。」
→「想い」を否定(絶対否定)している。妄想=戯論(中観派は、空見と言って空を実体視してしまうことすら否定する)

メモ:(プロジェクター)https://www.evernote.com/l/ACbhZsulFkVPkY50p7vkd5hu6fsk5H2DKPI/

メモ:「旋火輪(せんかりん)」空を表す。今日で言う、静止画を集めると動画になるみたいな。量子力学みたいな?

今日の雑談:
哲ちゃん、本居宣長ほどじゃないけど、自分の葬式を(どうするか・どうなるか)ふと想うのでした。哲ちゃんの奥さんはボーン・クリスチャン(驚)結局葬式は自分のためじゃなく残された人のためのものだと。

と。まず講義の最初らへんに言ってたこと→「世界」っていう岩波のリベラルな本9月号に寺島実郎が”脳力のレッスン”で仏教のこと書いてるんだけど、それ、あかんやつらしい。まずい仏教理解だと。『応無所住・而生其心』は『空』と言う概念とは違うし(佐々木閑は「フラクタルのようなもの」と言っているらしい)、『空』と『ゼロ』を同じものとしてるなんて仏教の本質から逸脱してる。

中論は英語のほうが理解しやすいとのこと。哲ちゃんは愛読しているらしい。すご。

100分で名著、小松左京だったけど、スッタニパータもやりたかったみたい。次はこれにして!

と、忘年会があるらしい。行きたいけど、ダンナさんは「ヤだ」って、他人と話すのが嫌だと。

帰りに神泡屋。そこでサイコロを振ったら、2人ともゾロ目が出て、ビール一杯無料券もらった。
中秋の名月、だけど、満月は明日。

|

« 「昭和史講義 戦前文化人篇」 | Main | HRT継続 »

仏教」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「昭和史講義 戦前文化人篇」 | Main | HRT継続 »