« 兵庫県でも新型コロナ&次亜塩素酸水 | Main | 武漢肺炎コロナの影響 »

レンジャク とコロナ

山では数回見たことがあるけど。
2月28日は、けっこうたくさんジムの前に来てたのを見た。27日にも来てたそう。
今年はレンジャクの当たり年だとか。
ここに住んでから初めて、ついに家の真ん前で小さい群れに遭遇。クロガネモチ?赤い実を食べてた。
ゴミを出しに行った時。
そーっとステーションに向かったけど、みんな逃げてしまった(泣)

と。コロナウイルス。
FIP、猫伝染性腹膜炎だっけ、厄介な猫の病気。
キャリアなのに無症状の子がいると思ったら、劇症の子もいるという。
前に、FIPの子の闘病記をネットで追ってたことがあり、思い出すと胸が痛い。
今回出現したCOVID19が、猫コロナと同じようなんじゃ?というザワザワ感がある。
陽性なのに無症状、偽陰性(みつかりにくい、潜んでいる)、再感染or再燃、重症化、ってキーワードががが。
#追加:「シクレソニド」という喘息の薬(ステロイド・免疫を抑える)が効く人がいる。。。?
抗体の存在がウイルスの再感染・再燃を助けてしまう(ADE作用:抗体依存性感染増強作用とか抗体介在性感染増強作用とか)のではないか?
つまりワクチンを作るのがとても難しいんじゃ?

メモ:
ADE: antibody-dependent enhancement

猫コロナウイルスの抗体介在性感染増強作用に関する研究(PDF)

「抗体依存性感染増強現象」の話 [医療のトピック]

|

« 兵庫県でも新型コロナ&次亜塩素酸水 | Main | 武漢肺炎コロナの影響 »

環境・自然現象・科学」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 兵庫県でも新型コロナ&次亜塩素酸水 | Main | 武漢肺炎コロナの影響 »