ファッション・アクセサリ

自主練とサリ~頼まれオーダー

メーラーに向けて、レンタルスタジオで自主練。
今日は出演者4人+1(ダンナさん)で練習。

その後、サリ~が欲しいというジム仲間と、サリ~用の採寸など。
その場で注文しようと思ったけど、PayPalのpwdがわからなかったので、帰宅後オーダー。
Mirraw
初めての注文だけど、PayPalの支払いもすんなりで、何と楽なサイトという印象。
ここ、ペチコート500円だし、ブラウス500円だし、とてもリーズナブルだけど、送料だけが2800円強と、他のサイトの2倍近く。
オーダーしてすぐメールで返信来るし、きちんとしてる。安心していいかもね。

ところがサイズを入れ間違えたので、注文をいったんキャンセルする羽目に。
メールで正しいサイズを入れておいたけど、どうしてもらえるかな。。
むっちゃ汗出てきた。他人のだし。。

ちなみに自分が注文したコットンサリー、もうすでに昨日大阪に着いてる。
関空がダメで、名古屋に到着したけど、すぐに大阪に送られた。
もう配達してもらってもいいんだけどなぁ。。
配達予定の水曜日が待ち遠しい。

| | Comments (0)

order: cotton sarees

迷いに迷って。

前にとても気に入ったサリ~が有ったんだけど、購入しようとしてもPayPalの支払いで撥ねられてアウト。
で、別のサイトで見つけた、Cotton mulのサリ~を買うことにした。

ダンナさんに伺いを立てたら、2着買ってもいいということ。
で今日、オーダー。
PayPalの支払いも難無くあっという間に終了。
とてもできたお店だ。 こちら→ InduBindu

買ったサリ~が良かったら、Kota Doriaのも欲しくなるかも。
や、2枚目はKotaにしたらよかったかな。。orz

おっと。
PayPalの支払い、終わってなかった。
後からメールで請求書が来たのでそれから払った。
ちゃんと支払い済みになったから大丈夫ね。 21:30

追記
22:25 にはもうshippmentの案内が。早っ!

けど関空アカンのに、ちゃんと着くのかな。。

| | Comments (0)

サリー欲しい翌日

返事が来た。
日本に送ってもらえるし、PayPalでも支払い可能ということ。

で、すぐにカート~チェックアウト。
送料はRs.1100とのこと。けっこう高いが仕方ない。

が。

PayPalのサイトで撥ねられてしまう。
「現時点では、PayPalアカウントを使用して支払いを処理できません。お店のページに戻って、別の支払方法をお試しください。」
別の方法で支払え?…無理。

で、もう一度コンタクト中。

残念!PayPalから200円のクーポンが届いていたのに、今日が期限。。。orz

| | Comments (0)

サリー欲しい

とあるサイトで見たコットン(Kota)サリーがとても好き。
で、購入したいんだけど、よくわからない。
ショッピングカートがあって、欲しいものをカートに入れられるんだけど、支払い方法等が記載されていないので、先に進む勇気がない。
で、今、コンタクト中。

そもそも、日本に送ってもらえるのかしら。。?

| | Comments (0)

ドゥパタ

ジムのFSはお休みして、もう一度、カッチの布展。
ミュージアムの作品をまた見に行き、少し撮影も。
それからドゥパタの巻き方実演レッスン。

講師はインドなどの雑貨店の日本人で、布~デザイン~縫製をインドに発注したり、買い付けたりしている人。
羽織り方レッスンは簡単なものだけだったけど、その講師が持ってこられたドゥパタのどれもこれも素敵な事。
カッチの布もあり、その講師のお店のものもあり。
シルクに刺繍とか素晴らしい。
で、バンダニのドゥパタを羽織らせてもらった(はあと)

でも、見せてもらったアーンドラプラデーシュのコットンの手紡ぎ手織りカディにもっと惹かれた。
藍染で、それも天然染料とのこと。
纏ってみると、しっくり馴染む。自分に合っている。
どうしても欲しくなり、、買ってしまった。

バンダニ、、、欲しいけど合わない感じ。

ただ、バンダニのお店の人にFBでメッセージを送ったら返事が来て。
日曜日のバンダニ実演を見に行ってみることにした。(ワークショップじゃなく)

で、ドゥパタの巻き方こんなにあるし→30 Dupatta Draping Styles to Drape Your Way to Gorgeousness !

| | Comments (0)

Jaypor

年末12/30に注文、1/9着。FedEx
年末年始を挟んでるし、こんなものかな。

| | Comments (0)

Anokhiいいね

ジムでダンスレッスン休んでる。
筋トレも軽い目。
つまんない。

ので、もう一度アジアフェアに行ってきた。
Anokhiの衣類を買う気満々。

や、タンクトップが欲しかったんだけど、好きな柄のは売り切れてた。
ならばと、ボトムの方を。
いや~涼しいよ。

と、羽織ものもシンプルで良いのがあったので一緒に購入!

ダンナさんに事後報告したら「ダメとは言わないから、事前伺いするように」と言われたが。
断られる決まってるやん。

Anokhiのボトム、ポケットはないけど左にコンシールファスナーが付いている。
えっと?

| | Comments (0)

Bvlgari Man in BlackとBoucheron Jaipur Homme

Bvlgari Man in Black 30ml 買っちゃった。
ダンナさんにつけてもらおうか。
私はあまり拡散しない香りだと思うんだけど、ダンナさんは「パウダリー、、orz」とマイナーな反応(・_・;)
自分でつける。

4時間くらい経過して、伽羅のような香りが残ってきてて、それがいい。

でもこれ結構トップが複雑にして鼻に障るので、朝つけてジムには行けない。行ったら「サリンちゃん」だわね。
今のところジムでは、Jaipur Homme Boucheronのテスターを買ったのにしてる。(Jaipurの方はプワゾン系なのでちょっと使えない)

ジムで使うグローブや何とかグリップの、革の匂い消しに良いのないかしら。

追記:ダンナさんがJaipur Hommeをお気に入りなので、つけてもらったら「おっさん臭」が消えた。流石や!
テスターがなくなったら、買おう。→ Jaipur Homme

| | Comments (0)

すたんぷすたんぷ

ワークショップ参加で出町柳まで。
インドのウッドブロックでTシャツを染めて、My Tシャツを作ろうというもの。
本当は、昨日のメヘンディと映画にも来たかった。。

早く着いてしまった。
京都の人たち、大阪と違って一人として声かけてこない。
知り合いじゃないからかーそうかー。(お知り合い同士は会話が弾んでた)
さすが、京都や。一見さんてこういう感じなんや。

と、変な感心してから、さて本番。
の、前に、Anokhiの見本冊子を見せてもらい、感動した。
欲しいけど、ジャイプールでしか買えないらしい。後でチェックしなくちゃ。

ウッドブロックもAnokhiのもの。
ひとつRs.80~120くらいだったかな。
染料はアクリルで、できるだけ環境に配慮したものとのこと。
おお、ここ、そういう人の集まり?(場違い?)

もう使いたおしてヘロヘロになった白Tシャツにスタンプ。
色が移らないよう、新聞紙を下敷きにする。
水洗いした筆でアクリル染料をとり、色を混ぜて、ウッドブロックにつけて、試しに紙に押して、良ければTシャツに。
できるだけ水分を減らしたほうが、くっきりはっきりの模様が出る。
が、間に染料が入ってしまうと絵がつぶれるので、歯ブラシできれいにする。
でも、そういうところも味のうちじゃないかな~と思う私は、滲みや掠れも気にしてない。
わざと違う色の刺し色したり、筆で色を乗せたりしてみた。
きれいにスタンプできたりしてるほうが、機械プリントみたいになって、つまらない。
その上、さし色をしてみたらごっちゃりしすぎてあかん。
風を通して乾かして、新聞紙を当てて持ち帰り。
ブロックは乾きすぎないうちに歯ブラシで細かい部分をきれいにしておくのね。
木じゃなく金属の型もあるけど、絵の具をつけるのが難しそうだった。

と。
イベントのサイトで「チャーイとスナックつき」って書いてあったのに違ったorz
おなかすいた。
で、レモンライスのランチが400円でいただけたので良しとしよう。美味しかった!
レモンライス、ライタ、パパド、チャトニを全部混ぜて食べると、食事というより、本当にスナックのようだね。

同じところでAnokhiやら、Fabindiaの服とか売ってて、欲しいものだらけだった。
これは我慢するのが辛いなと思って、見ないようにして、帰ってきた。

時間的にベリーダンスレッスンに間に合ったのだけど、お風呂だけにした。
京都、滞在2時間強、往復時間4時間弱。

| | Comments (0)

サリーを出してみた

さて。
昨日の飲み会で、先生からの指令が下った。
「サリーを着ろ」

明日のマサラ上映会、サリーを着ていった人が宣伝のお手伝いさせられて(というか喜んでしなければいけない)プレゼントがもらえるという企画。
それに乗れ、と。(汗)
サリーの着付けができなかったら、サルワールカミーズでも良いじゃないか、とにかく行ってこい、と。

夜、眠れなくなった。
ようつべで着付けの検索。
自分がインドで教わった着付け方法と、違うんだもん。。
でもたいてい、ようつべに出ているのは習っていない方ばかり。

今日になってサリーを着てみた。
何とか着れるかな。ふう。
着方というかスタイルの名前はウルターパッルーというのだそうだ。

| | Comments (0)