ペット

子ニャs

猫トモダチが、ブリーダーさん家に行くのに誘ってくれた。
なので、ご相伴に与り、ねこいぢりを堪能してきた。
こないだのショーの、子ニャクラスで出てた子は、大きくなっててびっくりした。
その時「生まれたよ〜」って言ってた子たちは、可愛い盛りになり。
その子達と別に、まだ小さい、こないだ生まれたばかりのもいる。
猫ベンジャミンバトン。

そしてジムでインドムービーダンス。
猫に中ったあとなので、ヨロヨロだった。

| | Comments (0)

ショー見学と返した本

久し振りのキャットショー見学に、ポートターミナルまで。
外は雪がちらちら降る寒さだが、ホールはぽかぽか。
かといって暖房を切ると冷えてくる。温度調節が難しいだろうなぁ。

ブリーダーさんに、近所の人ができて嬉しい。
仔ニャー見せてもらいに、自転車乗って行けるだなんて。(*^m^)

禁断症状が出てた「ほわほわ毛いじり欠乏」が少し治まった。
が、写真を撮らなかったので、留守番のダンナさんはつまらなさそう。
自分も行けば良かったのに。・・・また来月。

途中、本を返して新しいのを借りてくる。増谷文雄「正法眼蔵(一)」
今日返した分、じんましんが出そうな三浦俊彦「多宇宙と輪廻転生」だが、最後のほうだけちゃんと読んでみた。
私にはもう不必要な「思考の参考書」だったけど、神秘好きや自分探ししてるような人にはいいのかな。
でもリサ・ランドールのことを古い考えの物理学者って言ってた。へぇ。
人間原理のが新しいのか。新しければいいのか?
猫哲じゃないし。(^^;)

| | Comments (0)

仔猫拝見

猫友達からメールが入り、ソマリ猫に会ってきた。
一年以上ぶり。
仔猫がruddy男ruddy子red男red子と生まれて。
生後40日、かわいさ爆発の時期。
そしてお馴染みの大人ねこ3人ともお元気で。

ダンナさんと車で出かけた。
不要品の、車用カーペットと、アウトドア用ねこテントと、折り畳みねこトイレを引き取ってくれるって言ってくれたので。今まで「大きすぎて、押し付けたら迷惑かな?」と思っていたのを〜。
ウチノネコの思い出の品々が無くなるのは寂しいけど、いつかは諦めないとダメだし。

仔猫の写真をいっぱい撮らせてもらった。
その一部。
0808301_2  0808302

| | Comments (0)

ショーの日

今日はキャットショー見学。
こないだお邪魔したキャッテリーに、ダンナがデジカメを忘れてきた。
そのブリーダーさんがショーに参加するので、デジカメを会場に持ってきてもらうことに。(^^ゞ
ご面倒をおかけしました。。。<(_ _)>

応援していたOPENの子が、GPの子と一緒に、外人ジャッジのリンクでファイナルに残った。
すごいすごい。
お母さん似のおんにゃのこがまた可愛い。
肉球できゅうっと握ってもらって、幸せだったよ〜。(#^_^#)

| | Comments (0)

猫な お屋敷

とあるキャッテリーを訪問。
猫の毛まみれな素敵な半日。
ショーで花形の子、元花形の子、グランドを一杯出した母さん猫に、なつかれてなつかれて。
子ニャーもいっぱいいて、連れて帰りたいところをグッと堪える。

何故か足をがじがじ噛まれた。マタタビハイみたい。
臭いのかな〜?と思ったけど、私が臭い?そんなばかな。
帰って靴下をクンクンしてみたら、松栄堂の防虫香の匂いが。これにゃ〜?
試しに防虫香ごと持って行ってみようか?(^^;)

| | Comments (0)

キャッテリー訪問

大阪のキャッテリーを訪問。
神戸のブリーダーさんと一緒。
情けなくも、地図の東西を読み間違えた。orzバカバカ

大きなお家に猫部屋がちゃんとある、キャッテリー。
羨ましい環境。
かわいい盛りの大中小の猫の山!
写真をいっぱい撮った。
が、猫を撮るのにシャッタースピード優先にしてなくて、ブレブレ。。。orzバカバカ

そこの猫を飼うことになってる人も見えて、一緒に猫談義。
つい長居してしまう。orzバカバカ
ホントにお邪魔しました。

| | Comments (0)

ショー見学

神戸でキャットショーがあったので、ダンナさんと見学に。
ソマリが結構出ていた。
ブリーダーさん達は、誰と彼の子供とあの子とこの子の孫の子供がどの子、などと、さすがによく覚えている。
私は・・・聞いても覚えられない;;;
これ、頭の体操になるかも。
しっかりソマリの家系図を覚えてみようか〜。(^_^;)

| | Comments (0)

猫友達訪問

長く通信が途絶えていた猫友達と、こないだのショーで再会。
メールが来て家に招かれたので、今日夫婦でお邪魔してきた。
ソマリが4匹。
そのうちの子供がもうすぐ里子に出るそうだ。
子供とはいえもうすぐ8ヶ月だから、大人と同じ位の大きさ。
それが、パワフルに遊ぶ事。
そんな賑やかな子がいなくなったら、寂しくなるだろうな〜。

で、ソマリ達を被写体に写真を撮らせてもらった。
DVDに入れて、送る事にする。

帰宅して、ダンナが「カメラの充電器どこ?」って聞く。
は?
そういうガジェットの類は、私が先に箱を空けたりしないから、たぶん私は触ってないよ〜?
もらったとしたら私は置く場所を決めてるから、そこに無いということは、たぶんもらってないよ〜?
ものの場所がわからなくなって、人の所為にするのはやばいな。
どっちが?・・・先に呆けるのは;;;(-_-;)

| | Comments (0)

猫哲

2003.10.01の日記:
今日みたいないいお天気は知らない。

とある日記を見て、どきんとした。
奇跡をお祈りしてた、FIPの猫さんがとうとう空に召された。

強制給餌をやめてから、少しは自分の口を動かして好きなものを舐めたりもし、猫トイレに律義に自分で行ってたそうだ。
と聞くと、「もしかしたら生きてくれる」と胸がきゅっとなった。
だけど日記の作者は「期待は猫を苦しめる」と。
切なくて息が詰まった。

猫は積極的な治療を頑に拒否したという。
話ができれば、と思う。それは叶わない。
その上で猫の幸せを求めようとすると、人間にとっては辛い葛藤になる。

死に逝く事は、猫にとって、単純に生きる事の延長でしかない。
思い残す事も、悲しむ事も、諦める事もない。
あるがままが全て。
猫にとって生きる事は、今日の空みたいに、どこまでもピュアなんだな。
日記の飼い主は、葛藤を経てそれに気付き、猫の尊厳死を選択した。

いつかは直面することになる、ペットの老い、病気、死。
今日の空を忘れないでいようと思う。

ソマリ繋がりの友達とキャットショーで再会。その後メールが来た。
「猫は明日を恐れることもないし、今日を思い煩うこともないし、昨日を悔やむこともしないですものね。今だけを、ただありのままに生きているのが猫だと思います。」と。

ソクラテスになった猫」は猫哲じゃないけど、いちおう猫の生き方を参考にした哲学書。

ダンナさんが寝る前、「猫の哲学が頭に浮かんだ。逆説も説明できた。でも忘れちゃった。」と言った。
早く思い出して、文章にして欲しいにゃ〜。

| | Comments (0)

ショー2

寝違えたのか、なんだか朝から肩が痛い。
ジムに行って、JOBAとステップマシンとマッサージ機と、露天風呂。(^_^;)

その後大阪に出て、ショーを見学。
ソマリブリーダーさんと長くお話しさせてもらい、おまけにソマソマのお腹なでなでさせてもらい。。。
お陰様で前回より元気になったかも。
でもドキドキしてショー会場に入ったので、緊張してかえって肩の痛みが増してしまった。

ダンナも後追いで大阪に出てきたけど、ショーは全くダメ。

余談。
ダンナはランチにマクドでEBIのコンボを注文したが、イー・ビー・アイください、って言って「?」な顔されてしまったらしい。(^_^;)
EBIが○○ベーコン××の略だと思ったのね。
こないだ「B.L.T.って何?」て聞くので「ベーコンレタストマトの略」って言ったところだったから。。。
でも○○と××って何〜?

| | Comments (1)

より以前の記事一覧