映画・テレビ

Lion(2016)

ジムは軽く。昼からぼっちで映画「Lion」 wikiはこちら
TOHOシネマズ西宮OS SCREEN 12(70+(1) 2.9m×6.9m) 席はDで丁度良かったのでメモ。

Gundayを思い出す始まり。
子役が秀逸。すごすぎる。1時間位子供時代の話が続くがちっとも飽きさせない。
Young Saroo役はSunny Pawal
Old Saroo役はもうインド人代表みたいになってきたDev Patel

兄と家を出て一人で迷子になり、養子に行き、探しあて、25年経って生家へ。
ガネストレイだっけ?生家:実は…。
タイトルのLion:実は…。
兄のGudduは?:実は…。
エンディングロールの前にざ~っと知らされる事実に驚き。

いい映画だった。
ナワさん、適役( ̄ー ̄)ニヤリ

音楽メモ:
Never Give Up
Urvashi Urvashi

| | Comments (0)

Ghost in the Shell 2017

見てきた。

うーん。
実写版だったことは問題なかった。むしろ迫力は上。
所々アニメとそっくりな絵(何かが違ってたりする)が。

でも何だ?感動が薄い。
…物語が米的なところがアレかな。

それに音というか音楽が。。
こないだ見たアニメの重低音上映の音が印象的過ぎたからね。

| | Comments (0)

攻殻機動隊1995重低音ウーハー上映

Ghost in the Shell攻殻機動隊。
22年前のアニメ。
今日見に来た人の中には、まだ生まれてなかった人もいたかもなぁ~。

公開当時に見たわけじゃないけど(ビデオ借りた)、凄い作品だと思った。
人生観変わった。

が。 シンゴジラも、だったけど。
2回目に見たら、前の感動がないわ(^^ゞ

音が良かったので、音楽に感動したかな(^^ゞ

来週はスカヨハのGhost in the Shellです。

| | Comments (0)

たぬまぬ2

たぬまぬ、1は英語訳で見てわけがわからなく、日本語字幕がありがたかった。
2も日本語字幕で見られて良かった(^o^)

カングナが2役。全く別人を演じ分けていた。
よく似た2人という設定なんだけど、ちっとも似てない(笑) それ位、同一人物とは思えなかったわ。

| | Comments (0)

イスラム映画祭始まるが

パキスタン映画「娘よ」が近々上映されると知り、今日から始まるイスラム映画祭(「神に誓って」を見る予定だった)はパスしようかと思っていたが。
この、最初の上映作品が予想以上の盛況ぶりで、作品の評判もとても良い。
見逃したらあかんかな。次は木曜日。レッスンのある日。うーん。。

| | Comments (0)

「汚れたミルク」

昼までジム、昼から映画「汚れたミルク」
実名、出てきたよ?大丈夫なのかな。。

パキスタンの話なのに、なぜインド俳優?という疑問が解けた。
国の事情。パキでは作れないわな。
が、インドでも他の国でも同じような問題が発生してるはず。
どれだけの人が、飲み込まれ、告発以前に排除され、見て見ぬふりしてるか。

それに、悪いのはミルクじゃない。。

嫌になる。

ダンナさんに話したら「だから見たくない」って。

| | Comments (0)

REVELATIONS

大阪アジアン映画祭で上映された「隠されていたこと」を見に行った。
Twitter→ https://twitter.com/revelations_vj

今まで見たインド映画の中で、一番リアリスティックなパーソナルイシューの映画だった。
インドでの上映のための検閲を、まだ受けてないそうだ。
海外の映画祭くらいでしか、上映できなさそう。

コルカタのアパート(集合住宅)、コモンバス、調理場も一つかな。
中には鍵付きの門から入れる部屋もあるみたい。
野鳥の声がうるさいくらい。
夜になっても外を通る車のクラクションがけたたましい。
アパートを行ったり来たり、まるでそこに住んでいる気分。

が。
どの登場人物の気持ちにも寄り添えないまま終わってしまった。
みんなの気持ちがわからず、ただ、見てるだけ。
や、心情を察する余裕がなかったか。
でもね。
ひとが何を考えているんだろう、って、自分が想像すれば、それは自分が考えていることでしかなく。
ひとに同情すれば、自分が傲慢に思えてくる。
じゃあすんなり全部受け止め受け入れ許せるかっていうと、ちくりと来る。

テーマは重かったけど、俳優や撮り方とか色合いとかは好み。
コルカタの街並みとか素焼きのチャイとか。

| | Comments (0)

xXx Return of Xander Cage

見に行った。
Deepikaが出てるので。

Lionのチラシがあった。こちらも(のほうが、撮影がインドだし)見たい。

| | Comments (0)

Raees

インド映画「Raees」を見に行った。イオン茨木。

S.R.カーンの悪役ドラマ。暴力シーンが多い。
主人公は悪役だけど、自分なりの人生観をどこまでも貫いていくってところで、見る人に共感を呼ぼうと。
インド人と日本人のモラルの相違だか何だか、私は感動が残らなかった。
まあ、この手の話は破滅しかないっていうのが、見始めてすぐわかってしまったからかも知れないけど。
や、悲劇だって胸に迫ったりするもの。Raeesではそれがない。

ジム仲間のインド人から、「カーン(誰カーンかはわからない)は嫌い。ムンバイテロを手伝ったから」と何度か聞かされてたので、もしやシャールクが???とか思ってて、今回映画を見たら、あ、これその罪滅ぼしか…とか思ってしまった(^^ゞ
…そいや、ムンバイテロに関わったと噂のサンジャイ・ダットも、pkで爆死。罪滅ぼし(^^ゞ

ちなみにこのRaeesは実在したギャングの話とも。

| | Comments (0)

映画の会スピーカーお手伝い

朝からスピーカーやプロジェクター用の台を搬入。

暗幕が未完成だったので、見に来た人たちも一緒になって作り、ブラインドに付ける作業。
30分弱開始が遅れた。
(今後のために書いておくと、90㎝×180のアルミ箔貼ったレジャーシートを、横長にして3枚縦に繋げる(180×270)と、大きな窓一つ分。これが4個と、もう少し幅が狭くても良いのが2個あれば、3Fの大会議室はOK。と、非常口隠し用に、50㎝角のが1枚あるといいかな。)

映画を2本、見て。(途中、インド料理店からの出前のビリヤニとチキンティッカで昼食)
2本目のDVD、不慮の事故で上映開始時刻に焼き直しが間に合わず、1時間弱押せ押せに。

いったん帰宅、風呂って夕食。

最終上映後、機材回収。
押した分がどうなったのかな?と思っていたら、一つ、後半がダメだったそうで、時間内に終わることができたらしい。
良かったのか残念だったのか、、、

見た映画:「復讐の町(ばどらぷーる)」と「神様が作った2人(通称らぶね)」

今週はインド映画三昧だった。

だんだん鼻水が止まらなくなってきてる。
風邪っぴきかも。。(10日はFluワクチンなのに)

| | Comments (0)

より以前の記事一覧