文化・芸術

とあるイベント5回目(昨日)

昨日はイベント当日。

リハからいきなり先生に
「PPのワークショップに行くのは全然悪くないけど、私のところではその癖、止めてね。」
と言われた。
これはきつかった。
みんなの前だったし、ワークショップなんて行ってないし、癖を取ろうと自主練したのにまったく意味がなかった。

で、何とも言えない心苦しさ…私、ここに居ていいの?
化粧では手が震え、消化不良になりそうで(みんなと一緒に)カレーを食べられない。
サリーの着付けもうまくいかない。
自由時間になっても、屋台を覗いたりする余裕がない。
練習では足が攣りそうに。

だから今、やり終えたという充実感が全然ない。

夜もまだ先生の言葉がこびりついていて、振り付けを思い出していると体が硬直し、自律神経乱れて寝られない。

このままじゃ、先生の評判を落とすことになるって思うし、嫌味を言われ続けることになりそう。

何でできないのか。
先生が言うには、前はできていた、と。

考えられるのは老化か。
体がついていってないのかな。
辞め時かな。

| | Comments (0)

補講再び

台風接近でJRが早々と夜の運行中止を発表する中、補講に行ってきた。
結局、帰りにちょっと雨が降ったくらいで往復には影響なし。

補講の内容、というか、反省点メモ:
体の癖(例えば 肩が上がる&力が入る、体を捻る、目線が定まらない、足が上がらない、足を寄せるとき小さく動きすぎ、など)を取ること。
シヴァ神のポーズは、顎じゃなく胸の前で合掌。
一つ一つの動作をきちんと留め、だらだらと繋げないこと。
お祈りのポーズの時、顔や目線は一点に決めること。
体を横に向け「ちねる」とき、へそを正確に横に向け、腰を捻るのではなく、上半身を「ちねる」(捻る)。その時右手脇は開いてよい。
リズムが変わるところ→手の動き、一旦右手下左手上の6時のラインを取る。(ゆっくり)
敬礼のポーズでは、とにかくおかしな(変な)動作をする。

あと、役になりきるというか、どういう人を演じるかということを理解できてないとダメ。
嫌な奴にならないよう。
良いことをし、人気者であると自覚している純粋な人。

| | Comments (0)

Bollywood

インド料理+ダンス
楽しかったが、食べ過ぎて苦しかった。。

| | Comments (0)

元そろばん屋さんの蔵で

「水をテーマに ハープと舞で紡ぎだすひととき」

大雨!
で、急遽車で行くことに。
それが良かった。Pの目の前がイベント場所、しかも空いてた。
淀川にかかる橋の工事中で、そこを通過するのにちょっと時間がかかった程度。
1時間くらいで着いたか。

イベント、先生はカジュアルな恰好で登場。
「水」がテーマ、雨の夕べにぴったり。
ハープが涼しげなメロディーを奏でて。
朗読などもあり、先生の舞は穏やかで癒される。
雨の音も、蔵のドアが開いたり閉まったりする音も、BGMと言えるかも。

投げ銭というシステム、どの位お支払いすればいいかわからず、2人で5000円にしたけど。。いいのかな?
+ドリンク チャイとラッシーで1000円
Pが700円 だったので、メモ。

撮影だったのでちょっと疲れたけど、新しいイベントスペースにお邪魔できてよかった。

| | Comments (0)

bandhani 実演見る

ダンナさんと、もう一度「カッチの布」展、バンダニの実演を見に。

実演の前に、ミュージアムをまた見て歩き、写真を撮り、民族衣装を試着&写真。

42802236462_5693f07ba4_z


41950029385_1f4b2a09f4_z001


42850842501_7854631c08_z


Img_4181


| | Comments (0)

ドゥパタ

ジムのFSはお休みして、もう一度、カッチの布展。
ミュージアムの作品をまた見に行き、少し撮影も。
それからドゥパタの巻き方実演レッスン。

講師はインドなどの雑貨店の日本人で、布~デザイン~縫製をインドに発注したり、買い付けたりしている人。
羽織り方レッスンは簡単なものだけだったけど、その講師が持ってこられたドゥパタのどれもこれも素敵な事。
カッチの布もあり、その講師のお店のものもあり。
シルクに刺繍とか素晴らしい。
で、バンダニのドゥパタを羽織らせてもらった(はあと)

でも、見せてもらったアーンドラプラデーシュのコットンの手紡ぎ手織りカディにもっと惹かれた。
藍染で、それも天然染料とのこと。
纏ってみると、しっくり馴染む。自分に合っている。
どうしても欲しくなり、、買ってしまった。

バンダニ、、、欲しいけど合わない感じ。

ただ、バンダニのお店の人にFBでメッセージを送ったら返事が来て。
日曜日のバンダニ実演を見に行ってみることにした。(ワークショップじゃなく)

で、ドゥパタの巻き方こんなにあるし→30 Dupatta Draping Styles to Drape Your Way to Gorgeousness !

| | Comments (0)

カッチの布

キリンシティの割引券の期限が切れそうなのと、阪急で「カッチの布」展が始まるのとで、行ってきた。

流石に阪急、良いものを持ってきてる。それもたくさん。
こんなクラフトワークを見るのは、民族学博物館以来。
もっと見たかったな。

それに大好きなBhandaniがあった。
しかもSIDRというグループのもの。
すごく細かい絞りと独特の模様とか、初めて見る細やかさ。
欲しかったけど我慢。。

イベント。サリーの着付けや、デュパタの巻き方のレッスンがあるらしい。行ってみたい。

| | Comments (0)

オリッシー祭

Oddisi Mahotsav vol.2 昼の公演を鑑賞。

物語を踊るのって面白いと思った。
ダンスのスキルだけじゃなく、表現力豊かな演者なので良かった。

| | Comments (0)

ボリウッドダンスとインド料理

インド料理店で、ボリウッドダンスとカレープレート、ビール付き。
ボリウッドダンスは私達のスタジオレッスンなダンスと違って、The Showtime だった。
優雅なカタックあり、ノリノリの音楽+酒場風のもあり、トライバルなのもあり、で楽しめた。
やっぱりトライバルが好きかな。
最後みんなでダンス!のところで、大阪では珍しい正統派なおじいさんが出てきてダンサーの手を取り社交ダンス始めそうになった(笑) 誰?

いつもインド映画を見る会で行ってたお店。
帰りにお店の人に「映画は福島の方で」と言われ、顔を覚えられていることにびっくり(^^;)

明日はワークショップもあるけど、金銭的に余裕なく我慢する。(メイクと振付で11000円だったかな)
トライバル系ボリウッド、もっと見たいし、習ってみたい。

| | Comments (0)

神社でインドのいろいろ

奈良の氷室神社に行ってきた。
インド古典音楽(バンスリとタブラ)と舞踊(バラタナティヤムとカタック)の奉納を見に。(と撮影)

あれ?鹿いなかったな、、フンはあったけど(^^;)

いつも枝垂桜の頃、寒い思いをしているので、今日も5月のわりに温い恰好。
歩くと汗が出るのに、氷室神社は名前通り気温が低い。いつも。

バンスリのソロ~タブラが入って~掛け合い この組み合わせ良いな。

舞踊はカタックとバラタナティヤムがかわりばんこ、最後にボリウッドというプログラム。
先生の貫禄ある踊り(デヴィニエイトゥネィという演目)を見られたのは嬉しい。
が、ほとんどビデオの画面とにらめっこ。
いつかは撮影抜きで鑑賞させてもらいたいわ。

ともあれ、いつもどおり、野鳥の囀りや木々の騒めきに加えて、参拝に来る人やインバウンドの観光客が行ったり来たりというオープンな舞台は雰囲気満点。
そういうのが「神が居る」という感覚なのかな。
天気も良く、衣装やアクセサリーがキラキラするし、華やかでパワフルな踊りに、見に来た人達の気分も上がっただろうな。

帰宅後ヘナ、腕を上げ続けていたので、ヘナがしんどい(^^;)

| | Comments (0)

より以前の記事一覧