ウチノネコ

猫の日

猫の日だけど猫は無し。

| | Comments (0)

ウチノネコ夢に出る

昨日、昼寝してたら夢を見た。ウチノネコ。
今日が命日だからかな、夢の中のウチノネコってば、もう一度死んでしまった。

今、南直哉と玄侑宗久の「同時代禅僧対談『〈問い〉の問答』」を読んでいる。
南「・・・ある人間にとって意味のある『死者』というのは、死者一般ではありません。その人間が存在する意味の一部をつくった人、すなわち『存在に根拠を与えた人』なんですよ。だから、それが不在になったときには強烈な傷になります。その『欠落のリアリティ』が次の力を生み出すのだろうと思います。しかし、それは不在なのです。理屈で考えれば、不在者に対して、いまさらコミュニケートする尋常な手段はありません。となると、死者という決定的な欠落を、ある種代償する何かの枠組みをつくらないといけない。あるいは、それが不在であればあるほど、逆に強烈なリアリティを感じさせるような設定を、その人自身のなかで次から次へと用意しないといけません。」

・・・ウチノネコがいなくなった私。(泣)

でも、恐山には設定を求めたりしないなぁ。(^^ゞ

| | Comments (0)

CKD早期発見

毎年3月第2木曜日、今日は「世界腎臓デー」だそう。
ニュースでCKD(慢性腎臓病)検査キット配布のシーンを映していた。
尿タンパク検査キットらしい。

ウチノネコは末期腎不全だった。(ESRD)
判ったときには助けようが無く苦しみながら死んでいったので、今も引き摺っている。
早く検査をしていれば・・・。
早期発見できていれば、それなりの治療ができたのに。

よっぽどのお金持ちの猫と違い、人間は透析という治療法があるにはあるが。
今朝のワイドショーで、透析などに使うヘパリンナトリウムが、問題があって使えなくなっているとの報道。
何でも米国で、使用者がアナフィラキシーショックで何名も亡くなっているとか。
どうやら中国製の原料とか、中国の製造元に問題があるとか何とか?まだはっきりしていないけど。
そう、ウチノネコも中国製のペットフード原料の所為で、腎不全になったかも知れず。
毒餃子事件への対応にしても、中国ってどうよ?てな話ですよ。

脱線した。

この4月から始まる特定検診でも、CKDの早期発見に力を入れるかな?

日本慢性腎臓病対策委員会

| | Comments (0)

休養日

昨日、予約していた東洋医学科に行ったら、隣の内科にflu罹患者らしき人が数人、行ったり来たり。。。
ジムに行ったら、スタッフがぐずぐずしてる。
「ダメだ。」と思ったら、もう喉がおかしい。
気をつけているのになぁ。(--;)

酷くなったら嫌だから、今日は休養日にする。
ポイント消化のため朝からネットショッピング。(^^;)

陽が昇るのが早くなってきた。
9時過ぎには顔に陽が当たる。
ふと横を見たら、カーペットに陽が射している。

そういう場所、ウチノネコがよく伸びをして寝ていた。
でも病気が進んでからは、それができなくなった。
伸びをしようとすると、痛がってすぐ縮こまった。
痛みから、横になって寝られないようだった。

その時の、いたたまれない気持ちが思い出される。
身体の調子が悪いと、気分もマイナス思考?
これがいけないのね。
免疫力アップのため、もっとやる気を出さないと。

| | Comments (0)

子無し

殯の森の河瀬直美監督、前の世代から次の世代へ、受け継がれる命の慈しみを描いてたのか。
昨日のインタビューでは、それが他人を認め合う寛容さを育むんじゃないか、って、みんなに気付いて欲しいみたいだった。

私が感動したのは、それとは違って。
血の繋がりはなくても、この世界の一部同士がそこに一緒にいたという、強い想いが、心の支え・・・。
自分向きにアレンジしてしまったかな?(^_^;)

うちは子無し。
なので受け継がれる者はなく、夫婦+ウチノネコと一緒に過ごした事が、生き残りの糧。
残された夫婦、片方が死んだら、残った方の喪失感は大きいだろうな。

| | Comments (0)

ニュートロのリコール

今朝、耳鳴りがするなと思っていたら、お昼頃目眩。春だなぁ。(^_^;)

ウチノネコが腎不全だって判る前、食べていたのはまさにニュートロのコンプリートケアポーチだった。
そのフードを食べていたのが、徐々に食欲が落ちて。。。

それが今、正規輸入品まで回収してる。。。

もしかして、もしかして、ウチノネコが食べていた頃のフードだって、決して安心して食べさせられるものではなかったのじゃないかと・・・?

こないだ、ブリーダーさん宅を訪問した際、「まったく同じ商品でも、ロットが違うと、途端に下痢したりする子が出てくる。それも何頭も同時に」という話をされていたので、フードメーカーが少しでも原料選びに手を抜くと、多かれ少なかれ生き物の健康を損ねることになるんだと、強く認識し続けて欲しい。

| | Comments (0)

命と無機質

こないだ「ウチノネコの骨からダイヤモンドを作られないか」という話題を、ダンナさんにちらっと喋った。

・・・意外にも、食いついた。(^o^)

実は、意外じゃなかった。

予てから「エネルギー保存の法則により、生きるも死ぬも同じ事」みたいな考えを展開するダンナさん。
同じ地球上で、生き物が死んで土に帰ったり、焼かれて灰になって空を漂ったり。
今、手元にあるウチノネコのお骨という形。
ウチノネコの抜け毛、抜けヒゲ、抜け乳歯。
命そのものが消えても残る、無機質たち。

抜け毛たち、まだそのまま残ってる。
今、ウチノネコからハラリと落ちたみたい。

命がある、なし。
自分がこうやってキーボードを叩いているのが、だんだん実感が無くなって。
無機質になったウチノネコといつでも同化できる気がしてくる。

虹の橋を待たなくても、ウチノネコと会える気がする。

なんだか散文調になってしまったな。

| | Comments (0)

二 二 二

もういにゃい。。。

| | Comments (0)

着信音に蘇る

今日はウチノネコが退院した日から1年。

携帯を替えたら色々と不便。
ファイル形式の違いから、前の携帯から直接取り込めなかったウチノネコの声。

古いPB140を引きずり出して、そこに置いてあった声の元ファイル何個かを、フロッピーにAIFFで保存。
今のmacにはフロッピーユニットがないので、USBに繋いだユニットで読み込み。
それをダンナのWinに送って、mmfに変換してmicroSDに保存してもらう。
それを携帯に。

で、ようやくウチノネコの声が着信音で蘇った。

どれも仔猫の遊び盛り時分に録音した、貴重なハイトーンボイス。
おもちゃをばしっと叩く音まで入ってる。元気いっぱいなのにゃ。。。(T_T)

しかし、デリカシーのないダンナ。。。
ウチノネコの声のファイルをどうこうしている最中、ダンナが「これが何ともできなかったら、よっぽどウチノネコと縁が薄かったと思え」みたいなことを言ったので、涙が溢れてしまった。

| | Comments (0)

西国三十三ヶ所巡り

昨晩はウチノネコが夢に現れた。
よく覚えていないが、何だろう、パーゴラのようなもっと和風な庭の端だかの、椅子か台の上にウチノネコが寝ていたような。。。

ウチノネコが虹の橋に行き、再会する=自分の死ぬ時を待ってる気持ちになる。
そんな最近、ジムで四国八十八ヶ所を巡礼、満願を達成した人に会った。
やはり家族に変化があったことがきっかけだったと言う。
話を聞くうちに興味が湧いてきて、ならば西国三十三ヶ所はどうかな?近いし。。。みたいな願望が芽生えてきた。

その人によると、最初はツアーを使うのが良いらしい。
何故なら巡礼にもマナーがあってそれを教えてもらえるのと、行く前に揃えるものもいくつか用意してもらえるということ。(お札や白衣など)
ふーむ。。。
まずは情報集め。

| | Comments (1)