環境・自然現象・科学

風がないのに木の枝が落ちていたら

こないだ、公園の縁で猫が2羽のカラスに挟まれて鳴いていた。
カラスも鳴いていた。
1羽のカラス、傍の木の枝を折っては捨て、折っては捨て。
猫を脅かしているつもりなのか、単に苛立ちを表しているのか。

今日も、木の枝がいっぱい落ちていた。
そう言えば、昨日の晩、その辺でカラスが騒いでいたな。

| | Comments (0)

ツグミの畑が

いつも冬になるとツグミが来ている校庭と畑があるんだけど、畑の方がなくなってしまうようだ。(整地中)

| | Comments (0)

ユリノキ、キビタキ、ルシア

朝のうちジム、夕方映画「ルシア」

ジムの隣の公園に差し掛かった時、きれいな野鳥の声が聞こえた。
と、ジムのおじさんが「ちょっと来て」と言うので、その野鳥を見つけたのかなと思ったら。
ユリノキに花が咲いていると教えてくれた。そして「今日じゃないけど、キビタキ見たよ」と。
きれいな声はキビタキかな? こないだ落ちてたキビタキが元気になってたらいいな。

カンナダ語映画「ルシア」
薬の名前だった。
人間愛とローカリティ愛と映画愛に胸が熱くなる、切ない映画で。
日本語訳がうまかった。(A先生が翻訳者の名前を写してたね)
今のところNo.1の良さ。

| | Comments (0)

キビタキに会う

朝、ジムの駐車場で、おじさんが屈んでいて、指先にカラフルな何かが。
見るとキビタキ。落ちていたらしい。
元気がないので、おじさんが指で撫でてあげている(^^;)

ジムの壁面はガラス張りなので、よく鳥がぶつかる。
運悪く首の骨を折ってしまう子もいるが。

キビタキは生きている。
「元気になって飛んでいきなよ」私もそろっと撫でさせてもらった。(内緒)
目を細めてたな。

帰りにキビタキがいた辺りを探したが、もういなかった。(祈)

| | Comments (0)

「反逆者」

先週位からウグイスが鳴いている。まだ上手くない。

午前中から映画の会。
今回はお手伝いなしなので、きちんと見せてもらうことにして。
いつもの駐車場が満杯で(そもそも3台分しかない)、1000円の所にP。

行くと窓に暗幕代わりのアルミ蒸着シートを取り付け中。
借りられる会議室の窓って、どこもブラインドしかないのね。
スライドとか映すこともあるのにね。

映画はインドの伝統武術カラリパヤットのアクション満載で、後を引かないスッキリタイプ。
何も考えずに見られて面白かった。
タイガーシュロフ、顔は好みじゃないんだけど、体が柔らかくてアクションとかダンスとか動きは凄い。
…Vidyut君は顔はいいけど演技がね。。アクションだけ。あ、Command2では1よりがんばって踊ってるみたいだけど(^^;)
ヒロインのシュラッダーカプールも、ABCD2より良く見えた。(ABCD2よりダンスは楽だったんじゃ?)

| | Comments (0)

シジュウカラが来た

うちのベランダにシジュウカラが来た。
剪定が終わったセンニンソウの鉢で、土を嘴でほじっていた。
邪魔すると悪いので、うちの中で静かにしていた。
虫はいたのかな?


近畿に春一番

| | Comments (0)

シロハラだよね

今朝、うちの横のクロガネモチにツグミが来ていた。
今日は寒い。

ジムの横の公園で、キュルキュルという聞きなれないきれいな声がしたので、見に行ってみたら、シロハラ?
みたいな、ツグミではない、大きさはその位の見慣れない鳥が。(茶~グレー)
帰ってから調べてみたらノゴマの♀に似てる。大きさが違うしそんなに簡単に見つからないはずだから、違うよね。
サメビタキ?→やはり大きさが違い、嘴にもっと黄色が目立ったし、目がそんなにクリンとしてなかったし、季節が変

やっぱりシロハラだね。。

| | Comments (0)

不気味な温さ

記録的大雨?
寝てる間に吹き降りとなった様子。

JR新駅の足場やルミナリエの一部が壊れたとのこと。
うちではアチャール用の大根を干してたのが湿気てしまった。

大阪ではこんなに暖かい12月は125年ぶりとのこと。(観測史上2番目、最高気温22.5℃・午前7時台)
へぇ前にもあったのか、不気味な温さ。

みんな「地震が来るんちゃうか」とざわついていた。

おまけに。
台風が発生したとのこと。
毎月連続して台風が発生するのは、今年が初めて。(昭和26年~)

| | Comments (0)

ひっつきむし&自治会

今日は地区のお掃除。前に雨が降って延びた。
その間にも、厄介な「ひっつきむし(:通称。掃除中に軍手にくっついて来る植物の種)」はその間にも育っていた!

何て言う植物なのか調べてみたい。ひっつきむし

コセンダイグサ」は夏の間にかなり取っておいた。
ヒカゲイノコズチ」が引っこ抜きにくいししつこく生えてくるし、種が棘みたいに刺さって痛いので嫌い。ところで、小槌ならコヅチじゃないの?
オナモミ」は以前はあったがこの頃見ない。

どうやって種を散らかさずに取り除けるんだろう?
種ができる前に抜いてしまうしかないと思うが。
この時期の美化活動、事前にボランティアが必要。

あ、そうそう、今の自治会やっぱり何もしてないと思う。
軍手やゴミ袋の補充がなかった。
そういうの、自治会費から出さなくてどうするの?

と。
こないだまた自治会費がどうのこうの、と言っていたが。

ダンナさんが勝手に解釈してるとしか思えなくなってきた。
旧自治会会計さんによると「本庁の大長に電話で『旧自治会費を分けると言っていたがどうなってるのか?』と匿名で尋ねてきたらしい」という。
それをダンナさんは「今の自治会がお金欲しさにでっち上げた物語」だと。
そうか?
前の自治会が各戸まわって「新自治会は無効」だっていうハンコもらってるのに、それを管理Cに持っていかずに放っておいてるのを指摘されてるわけでしょ?
ダンナさん、人のせいにしてる。
何とかしようよ?

| | Comments (0)

梅雨と香りと臭い

近畿地方、今日梅雨入り。

ジムの露天風呂に使われている、ヒノキが香る。
こないだ開花したE.ラベの予報も、当たりに近かったってことで。

追記:
ベランダの鉢にいるゲジゲジ(アカヤスデ;無害)がくさいのは、防御のためヨードやキノンなどのシアン(毒)を含む体液を臭腺から分泌するからだそうで、自然界では益虫(倒木などを食べて分解する)なのに、ベランダでは臭いから害虫扱い。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧